Wondershare UniConverter

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で

  • 1000+の動画・音楽形式を超高速で簡単変換
  • ほかのコンバーターより30倍の速さ
  • ワンクリックで複数のオンライン動画をMP3として一括保存
  • 動画編集、画面録画、動画圧縮などの機能も満載

QuickTimeの動画をWindowsメディアプレイヤーで観る方法

by Takashi • 2021-03-12 20:52:42 • Proven solutions

Appleが開発したMOVという独自ファイルはQuickTimeをはじめとする限られたプレイヤーでしか再生することはできません。Macユーザー同士で動画のやり取りをするには、何の問題もありませんが、MOVをWindowsユーザーに渡すときは再生できないです。

そこで、WondershareのUniConverter(旧名:スーパーメデイア変換!)(Mac版)を利用して、拡張子MOVをWindowsでも再生可能な画形式WMVに変換してしまいましょう。

uniconverter iconWondershare UniConverter (ユニコンバーター)

video merger
  • 1000+の動画・音楽形式を超高速で簡単変換
  • ほかのコンバーターより30倍の速さ
  • 簡単動画編集機能搭載
  • お好みのスクリーンを自由に録画
  • 分かりやすいインターフェイスと簡単な操作
  • 変換された動画・音楽を再生、スマホへの転送、DVD・CDに書き込むことが可能

QuickTimeの動画をWindowsで再生するには

UniConverter(Mac版)を使ってWindowsメディアプレイヤーでも再生できるWMVなどに変換してしまいましょう。

Step 1 QuickTimeのMOV動画を追加

まず、UniConverter(Mac版)を立ち上げ、「動画変換」モードを選択します。「+」ボタンをクリックしてMOVファイルを追加するか、QuickTimeのMOV動画をドラッグ・アンド・ドロップでMOVファイルを追加します。

QuickTimeのMOV動画を追加

Step 2 出力形式を指定

次にプロファイルでWindowsメディアプレイヤーで再生可能なWMVという拡張子を選択します。WMVはWindows独自の拡張子なので、問題なくWindows PCで再生することができます。

QuickTimeのMOV動画の出力形式を指定

Step 3 QuickTimeのMOV動画をWMVに変換

拡張子を選択したら、あとは「変換」ボタンをクリックするだけです。動画の容量によりますが、変換速度は高速でストレスを感じることはありません。変換が終了したら、問題なくWindowsでも再生できます。

QuickTimeの動画変換

UniConverter(旧名:スーパーメデイア変換!)(Mac版)を使えば、MacとWindows間で最も問題になる互換性のことを解決することが出来ます。

Wondershare UniConverter

Takashi

Takashi

staff 編集者

0 コメント
Resource > ビデオ(動画) > QuickTimeの動画をWindowsメディアプレイヤーで観る方法

トピック