【厳選】Mac用の動画変換ソフト3選

by Takashi • 2021-09-18 11:33:20 • Proven solutions

動画にはMOVやMP4など、様々な動画ファイル形式があります。撮影された機器によって異なったりするのですが、動画ファイル形式によってはデバイスによって再生することができないファイル形式があります。せっかく撮った動画が持っているデバイスで再生できないのは残念ですし、動画ファイル形式の変換が簡単にできると便利ですよね。

今回は、Macで使用できる動画変換ソフトをおすすめ順に4つ紹介します。各ソフトの機能や特徴、動画変換の簡単な手順も紹介するので、動画変換をしたい方はぜひ読んでいただき、楽しい動画鑑賞ライフを過ごしてみましょう!

 1.UniConverter

Wondershare社が販売しているとても使いやすい高機能な動画編集ソフトです。画質を損ねず、高速な動画変換ができます。また視聴するデバイスに合わせて動画圧縮も設定できます。スマホで視聴する、PCで視聴するなど、目的に応じた動画変換ができるソフトです。

Wondershare UniConverter

Step1.UniConverterのアプリケーションを開く

Step2.「変換」タブを選択し、変換したい動画をドラッグ&ドロップする

Step3.下の出力形式、保存場所を選択し、「変換」ボタンを押す

2.Any Video Converter

多くの機能を備えているメディア変換ソフトです。無料で使用できるフリー版があります。特に面倒な圧縮設定が簡単に行えるというのが特徴になります。他にも簡単な動画編集が行えたりする非常に多機能なソフトです。しかし多機能なぶん、初心者には少し慣れが必要になるかもしれません。

Step1.Any Video Converterを開く

Step2.「動画追加」ボタンを押し、変換したい動画を追加する

Step3.変換するファイル形式を選択する

Step4.動画の保存先、動画サイズ(Originalを選択)、画質を選択して「変換」ボタンを押す

3.Prism

多くの動画フォーマットに対応しているソフトです。一括変換機能がついているので、大量の動画を一度の操作で変換できることができます。また、動画にテロップやエフェクトが追加できるなど動画編集も可能です。無料で使用は可能ですが、個人の非商用としての利用が条件となりますので、ソフト起動に際しては注意が必要になります。

Step1.Prismを開く

Step2.メニューバーの「ファイル」→「ファイルを挿入」ボタンを押し、変換したい動画を開く

Step3.出力フォーマットのドロップダウンリストから変換するファイル形式を選択する

Step4.画面右下の「変換」ボタンを押す

※Prismを開いた際に、非営利利用の確認ダイアログが表示されるので、「Prismを非営

利利用で使用していることを証明します」をクリックして下さい

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

視聴したい動画があってもファイル形式が合わなくて再生できない…こういった問題がこの動画変換ソフトを使用することで解決します。今回はいくつかのソフトを使い方を含めて紹介しましたが、特におすすめするのがUniConverterです。操作が簡単で分かりやすく動画変換の速度も速いため、まずはUniConverterを使用してみてはいかがでしょうか。

これで動画変換について詳しく理解したと思いますので、ぜひ楽しい動画鑑賞ライフをお送り下さい。

Takashi

Takashi

staff Editor

0 コメント
Resource > 動画変換ソフト > 【厳選】Mac用の動画変換ソフト3選