ユーザーガイド

Wondershare UniConverter(ユニコンバーター)の
操作方法はこちらで確認できます。

ホーム > ユーザーガイド
UniConverter ユーザーガイド
サポート

動画を圧縮してサイズを小さくする方法

ソフトウェアの動画圧縮機能を使用することで、動画をリサイズしてファイルサイズを小さくすることができます。ソフトウェアの自動圧縮機能を選択する、もしくはファイルサイズなどのパラメータを選択して圧縮することができます。圧縮されたファイルについては、20秒間のプレビューを表示させることもできます。

動画を圧縮してサイズを小さくする方法 - Wondershare UniConverter

UniConverterの使用手順を以下に示します。

Step 1 圧縮機能を選択する

UniConverterソフトウェアをお使いのPC上で立ち上げ、メインインターフェースの左側にあるパネルから動画圧縮 機能を選択します。

動画圧縮

Step 2 圧縮対象の動画を追加する

+記号または「ここにファイルを追加またはドラッグして圧縮を開始します」ボタンをクリックしてブラウザを開き、圧縮対象の動画を読み込みます。必要に応じてフォルダ全体を追加することもできます。

圧縮対象の動画を追加

Step 3 ファイルサイズや他のパラメータを選択する

追加された動画が説明およびサムネイル画像と共に表示されます。「設定」アイコンをクリックすると新しいポップアップウインドウが開きます。ファイルサイズの隣にあるスライダーを希望のサイズと動画品質になるように動かします。スライダーの位置に応じてビットレートが変化します。必要に応じてフォーマットや解像度も変更することができます。OKボタンをクリックして設定を確定します。

パラメータ設定

プレビューボタンをクリックして圧縮動画をチェックします。

注:手動設定の手順を踏まずにソフトウェアの自動設定を利用したい場合は本手順を飛ばして次の手順に進むことができます。

Step 4 動画を圧縮する

ファイルの出力先は出力タブから選択することができます。最後に、圧縮ボタンをクリックして動画を圧縮します。ソフトウェアインターフェース上では、完了タブから圧縮された動画を確認することができます。

動画を圧縮

注:別の方法で複数のファイルを類似の圧縮パラメータを使用して圧縮したい場合、動画変換セクションを利用することができます。バッチ変換中にターゲットフォーマットを選択しながら設定を変更してファイル品質、フレームレート、およびビットレートを選択することができます。これにより、新しくカスタマイズされたフォーマットが作成され、追加したすべてのファイルに適用することができるようになります。

フォーマットを選択

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で