ユーザーガイド

Wondershare UniConverter(ユニコンバーター)の
操作方法はこちらで確認できます。

ホーム > ユーザーガイド
UniConverter ユーザーガイド
サポート

【簡単&時短】動画の字幕を追加・編集する方法

Wondershare UniConverter(ユニコンバーター)は、動画に字幕(テロップ)の挿入やそれらの編集を簡単に行うことが可能です。 この「字幕」機能を使用すると、ローカルおよびオンライン字幕を簡単に編集できます。 短い動画でも、正確なタイミングで字幕を調整できます。 また、フォントサイズ、色、位置、透明度を調整することもできます。 さらに、再生画面の上部、中央、または下部に表示されるように字幕を配置できます。 さらに、字幕ビデオをVOB、FLV、AVI、MP4、MOVなどに変換できます。自由な設定が可能に!それではWondershare UniConverterを使用して動画字幕を編集しましょう。

UniConverterで動画の字幕を追加・編集する方法

Step 1 字幕付きの動画ファイルをロードする

PCにWondershareUniConverterをダウンロードしてロードし、左側の[動画編集]タブをタップします。 次に、[字幕]ボタンをクリックして、ファイルエクスプローラーを開き動画を追加します。 または動画ファイルをアプリにドラッグアンドドロップします。 また本製品の「字幕」機能はバッチ変換をサポートしていることに注意してください。 したがって、必要な数のクリップをアップロードします。

動画編集

Step 2 字幕を追加

字幕なし:動画から字幕を削除する

すべての字幕を保持する:動画をMOVまたはMP4に変換すると、字幕トラックはそのまま残りオン/オフ自由に切り替えられます。

字幕を埋め込む:動画に含まれている字幕を検出できます。 出力するものを1つ選択すると動画に反映されます。(再生時にオン/オフを切り替えることはできません)

字幕エクスポート:動画から字幕トラックを抽出し、.ssa、.srt、または.assファイルとして保存します。

追加:このボタンをクリックして、動画に字幕を追加することもできます

字幕編集:この鉛筆のようなボタンをクリックすると、字幕の編集、追加、オンラインで字幕をダウンロードできます。

字幕ファイルをインポート

Step 3 字幕編集

[字幕を埋め込む]ボタンをクリックしてから、[字幕編集]ボタン/アイコンをタップします。 これにより、再生中の動画で字幕編集ウィンドウがすぐに起動します。 プレビュー画面の下に、含まれている字幕のリストとそれぞれの開始時間と終了時間が表示されます。

映画ファンの方には、Arial、Arial Black、Calibri、Lato、Pristinaなどの字幕フォントを設定することもできます。 字幕トラックに下線、太字、斜体を付けることもできます。 さらにWondershareUniConverterでは、テキストの色、背景色、アウトラインの幅、透明度、および位置を調整できます。 そして[すべて適用]をクリックして、すべての字幕トラックを一気にまとめて変更をできます。 設定を元に戻すには、リセットボタンを押します。

応用:[ポジション]タブ下のスライドバーを移動して、字幕の位置をカスタマイズできます。

字幕設定をカスタマイズ

Step 4 MOVやMP4ファイルに書き出す

下に移動して[出力形式を一括指定]メニューに移動し開きます。 動画をクリックし、設定形式としてMP4またはMOVを選択します。 また、[出力先]メニューをクリックしてフォルダーのパスまたは宛先を選択する前に、出力解像度を設定します。 最後に、[開始]をクリックし、保存します。

動画変換