ユーザーガイド

Wondershare UniConverter(ユニコンバーター)の
操作方法はこちらで確認できます。

ホーム > ユーザーガイド
UniConverter ユーザーガイド
サポート

ビデオファイルからDVDを作成する方法

UniConverterは「動画や音楽ファイルをダウンロード出来るだけのソフト」ではありません。 ダウンロードしたビデオやオーディオファイルから、DVDやブルーレイを作成する事も出来ます。 もちろん、「PCに保存されているビデオやオーディオファイル」からDVDを作成する事も可能です。 ここではUniConverterを使ったDVDの作成方法を解説していきます。

お好みの動画をDVDに焼く方法 - Wondershare UniConverter

Step 1DVDにしたいビデオファイルを選ぶ

空のDVDを書き込みドライブに挿入し、UniConverterを起動させて下さい。DVDを作成する為に「ビデオファイルを追加」する方法は2種類あります。 次のいずれかの方法を使用し、DVDにしたいビデオファイルを準備して下さい。

パターンA:PCに保存されたビデオファイルをDVDに追加する場合
UniConverterの左側メニューから「DVD作成」を選択して下さい。右上にある「書き込みビデオの保存先」が、先ほど挿入した「空のドライブ」になっている事を確認して下さい。 確認できたらファイルを追加していきましょう。中央のファイルマークをクリックしDVDにしたいビデオファイルを追加して下さい。

ビデオファイルをDVDに追加

パターンB:動画変換を行ったビデオファイルををDVDに追加する場合
UniConverterの左側メニューから「動画変換」を選択して下さい。動画を変換した履歴があれば、上部の変換済みタブ内にビデオファイルが存在します。 ビデオファイルの上で右クリックし、「作成リストに追加」をクリックして下さい。

注1:UniConverterで動画変換を行った履歴がない場合は変換済みにビデオファイルは表示されません。 注2:音声ファイルに変換した場合、ファイルは存在しますが、右クリックメニューから「作成リストに追加」を選択することはできません。

作成リストに追加

Step 2 DVD再生時に表示される「DVDメニュー画面」のテンプレートを設定する

DVDメニューのテンプレートを編集するには、右側に表示されているテンプレートのプレビュー画像をダブルクリックして下さい。 クリック後、新しくDVDのテンプレートを編集する画面が開きます。DVDテンプレート編集画面の左上にはドロップダウンリストがあり、タイプ別にテンプレートを選択することが可能です。

「背景の追加」したり「BGM」を追加することも可能です。変更する場合は「・・・」という三つのドット部分をクリックします。PCに保存されている画像やオーディオファイルを指定すると、DVDのメニュー画面をオリジナル仕様で作成できます。

DVDテンプレート

BGMを追加

Step 3 DVDの名前や画面比率・TV規格・再生品質を選ぶ

DVDメニューのテンプレート作業が終了したら元の画面に戻り編集を続けましょう。次は「DVDラベル」の設定です。DVDラベルとは、作成したDVDをPC等に入れると表示される名前です。好きな名前を記入して下さい。 テンプレートを設定したものがある場合は「カスタマイズ」を、DVDのメニューが不要な場合は「なし」を選んでください。 画面比率は「16:9」と「4:3」があります。再生したい端末に合わせて設定して下さい。 TV規格については「NTSC」と「PAL」を選択できます。日本、米国、カナダ、中南米などで利用したい場合「NTSC」を、欧州、アフリカ、中国、オーストラリア、ブラジルなどで利用したい場合は「PAL」を選ぶのがおススメです。 品質は「高品質」「標準品質」「ディスクと一致」から選ぶことが出来ます。挿入したディスクに合わせて品質を決定したい場合「ディスクと一致」を選ぶのがおススメです。

※注意 「DVDラベル」について:右上の書き込みビデオの保存先で「DVDフォルダ」「ISOファイル」を選んでいる場合は名前を付ける事が出来ません。

カスタマイズ

Step 4 DVDへ書き込む

いよいよDVDへデータを書き込んでいきましょう。作成ボタンを押す前に、作成ボタンの左にあるDVDのタイプを確認して下さい。 今回は空のDVDを書き込みドライブに挿入していると思います。 挿入したDVDメディアがDVD-5(片面1層)の場合は「DVD5(4700MB)」を選んでください。DVD-9(片面2層)の容量の多いDVDメディアを挿入している場合は 「DVD9(8500MB)」を選びましょう。 確認が完了したら 「作成」ボタンを押してください。 ボタンを押すと書き込みが開始します。

お疲れ様でした!これでDVDの作成は完了です!

DVDへ書き込む

※1 Blu-rayディスクを挿入している場合

Blu-rayディスクの場合もDVDの場合同様、タイプを確認しましょう。片面1層25GBタイプのBlu-rayディスクの場合は「BD25(25G)」を選択し、片面2層の容量が50GBあるBlu-rayディスクの場合は「BD50(50G)」を選択して下さい。

※2 ブルーレイディスクは、Windows版のUniConverterのみ作成可能です。Mac版はBlu-rayディスク作成に対応していないのでご注意ください。

メディアタイプ

※3 DVD書き込みを後で行いたい場合・書き込みがうまくいかない場合

DVD書き込みを後で行いたい場合は右上の「書き込みビデオの保存先」から「DVDフォルダ」や「ISOファイル」を選び作成データをPC上に保存する事が可能です。 物理的な問題(光学ドライブの故障や、空のDVDメディアの不具合等)で書き込みがうまくいかない場合は、PC上に「DVDフォルダ」や「ISOファイル」を作成し対処する事をおすすめします。

追加トピックス1-1:「ISOファイル」や「DVDフォルダ」形式でPCに保存する方法

DVD作成の部分で説明した(※上記参照)「Step1」「Step2」「Step3」の手順で作成ファイルを準備して下さい。

追加トピックス1-2:「ISOファイル」や「DVDフォルダ」形式を選び作成する

DVD作成メニュー内の右上にある「書き込みビデオの保存先」 から「DVDフォルダー」や「ISOファイル」 を選び作成ボタンを押してください。 完了すると「ISOファイルを作成しました。」「DVDフォルダを作成しました。」 という表示が出現し、「OK」「保存先を開く」 というボタンが出現します。 保存先を参照したい場合は「保存先を開く」というボタンを押してください。

DVDフォルダー

「ISOファイル」や「DVDフォルダ」保存先について

「DVDフォルダー」または「ISOファイル」を保存するデフォルトの場所を変更したい場合、以下の手順で行う事が出来ます。

  • 1:右上隅にあるオプションアイコン(3本線)をクリックします。
  • 2:表示されるメニューから「環境設定」をクリックします。

環境設定

  • 3:「場所」タブに移動します。
  • 4:「DVDフォルダー/ISOファイルの保存先:」を確認して下さい。場所を変更したい場合は、「変更」をクリックし別のフォルダを選んでください。
  • 5:「OK」をクリックすると場所変更の設定は完了です。

場所

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で