ユーザーガイド

Wondershare UniConverter(ユニコンバーター)の
操作方法はこちらで確認できます。

ホーム > ユーザーガイド
UniConverter ユーザーガイド
サポート

UniConverterでデスクトップ画面やビデオ通話を記録する方法

UniConverterは、スクリーンキャストアプリケーション(デスクトップ画面を録画するツール)としても使用できます。 左メニューにある画面録画を利用すると、デスクトップ画面を録画できます。 録画した録画画面データはUniconverter内で加工(トリミング、透かしの追加、字幕の挿入)が可能です。ここではUniconverterの画面録画を利用する方法を見ていきましょう。

デスクトップ画面/ビデオ通話画面を録画する方法 - Wondershare UniConverter

Step 1 「画面録画」メニューを選ぶ

Windows PCでUniConverterを起動し(ここではWindows 10を使用)左側にあるメニューの「画面録画」をクリック。 右側に出現するカメラアイコンをクリックすると画面録画を開始できます。 画面録画メニュー内にはさらにメニューが存在します。左上に出るカメラのマーク横の下向きの▽をクリックすると「画面録画」「ウェブカメラレコーダー」「オーディオレコーダー」など用途に合わせた録画機能をセレクトすることが出来ます。

画面録画

Step 2 「録画したい範囲」や「音声」を選ぶ

画面について
全画面を録画したいときはドロップダウンリストで「フルスクリーン」を選んでください。画面の一部を録画したい場合は「カスタム」を選び、好きな範囲を指定する事で、指定範囲内を録画する事が可能です。横・縦に数字を入れる事で正確なサイズでの画面録画が可能です。アスペクト比をロックしたい時はチェックを入れましょう。

録画したい範囲

音声について1:システム音声やPCで流れる音楽などについて
スピーカーマークをクリックするとPCから流れるサウンドやシステム音を録音から除外できます。もう一度クリックするとミュートが解除され録音することが出来るようになります。 PCに複数のサウンドカードがある場合は、「システムオーディオ」のドロップダウンリストからオーディオソースを選択できます。

スピーカー

音声について2:マイクの音声について
先ほどのスピーカーの項目と同じように、マイクアイコンをクリックし音声録音を有効または無効にします。 マイクが複数ある場合は、「マイク」ドロップダウンリストから優先する音声入力ソースを選択します。

マイク

Step 3 詳細設定の説明

パネルの右下にある歯車のマークが詳細設定です。こちらをクリックするとより細かい設定が可能です。 「出力先」「フレームレート」「品質」「録画時間」「タイムシフト録画」「マウスポインタを録画するか?」「マウスクリックのサウンドを録音するか?」「ショートカットキーの設定」などをセレクトできます。 「画面録画データの保存先を変えたい場合」「フレームレートの変更」「録画品質の変更」などはこちらで設定が可能です。

詳細設定

フレームレート

「録画時間」の設定項目では2つのタイプで録画時間を決定できます。1つ目は終了時間のみ設定する場合。録画時間が決まっている場合はこちらを利用すると便利です。もう1つはタイムシフト録画です。こちらは開始時刻も設定できます。これらの2つの設定はどちらか一方のみ設定できます。用途に合わせて使い分けて下さい。

録画時間

マウスの項目では「マウスポインタの軌跡を録画するか?」「マウスクリックのサウンドを録音するか?」を選択できます。マウスの軌跡を録画する必要がある場合はチェックを入れてください。マウスクリック音を録音したい場合もチェックをオンにします。

マウスポインタ

ホットキーの項目では画面録画で良く利用する「一時停止/続行」「開始/停止」のショートカットキーをカスタムで設定できます。

ショートカットキー

Step 4 設定が完了したら画面録画・録音を開始しましょう!

設定が完了したらいよいよ画面録画を始めましょう。赤いRECボタンをクリックすると画面録画・録音が始まります。「一時停止/続行」「開始/停止」などはショートカットキーで行うことが可能です。録画中の画面上にも「一時停止/続行」「開始/停止」ボタンが出現します。好きな方を利用して画面録画・録音の操作を行ってください。

開始/停止

※注意:右下にあるリセットボタンを押すと設定がデフォルトに戻ります。設定完了後、初期設定に戻したい場合のみクリックしてください。

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で