ユーザーガイド

Wondershare UniConverter(ユニコンバーター)の
操作方法はこちらで確認できます。

ホーム > ユーザーガイド
UniConverter ユーザーガイド
サポート

DVDを様々な形式に変換する方法

最近のPCは軽量化が進み、DVDドライブのないものが増えてきました。普段使うタブレットにもDVDを挿入する事は出来ません。スマートフォンはどうでしょうか?もちろんDVDが入りませんよね。 時代の進化と共に、「DVDディスクを直接利用する場面」が少なくなって来たように感じます。然し「DVDに収録されている映像」は各種デバイスで閲覧したいと感じませんか? そんな時便利なのがUniConverterの「DVD⇒各種デバイスに適した形式でのファイル生成」機能です。ここではDVDを様々な形式に変換する方法をご説明します。

Step 1 DVDをUniConverterへ読み込みましょう

DVDをDVDドライブに挿入し、UniConverterを起動。 UniConverterの左側メニューにある「動画変換」を選択して下さい。 左上にあるの横に、下向きの三角「」があるのでクリックし、DVDの入っているドライブを選択します。 ポップアップウインドウの内容を確認し「OK」を押すと、「DVDロードモデル」というウインドウが表示されます。 こちらのウインドウではDVDをどのように読み込むかを選択できます。 「メイン動画」「全ての作品」の2項目が出現します。ここでは「全ての作品」を選んで「OK」を押してください。

動画変換

DVDロードモデル

Step 2 出力形式を選択しましょう

DVDの読み込みが完了すると、画面中央にDVD上にある読み込み可能な動画が出現します。 最下部にある「出力形式を一括指定」のドロップダウンリストから好みの動画形式や品質を選んでください。 ここではデバイス別に再生可能な動画形式に変換することも可能です。好きな形式を選んでください。

出力形式

Step 3 読み込み動画の編集(オプション)

読み込む動画について「長さを変更」したり、「読み込み範囲」を変更したり「フィルタをかけたい」場合はサムネイルの下にある「トリム」「クロップ」「エフェクト」などのマークをクリックし各種変更を行ってください。

動画の編集

Step 4 PCへ動画を取り込みましょう

右上の高速変換のスイッチがONになっている事を確認し、最下部の「出力先」を確認・変更したらいよいよPCにビデオを取り込んでいきましょう。 右下にある「一括変換」のボタンを押すと、PCへ動画を取り込むフェーズへ移行します。

高速変換

Step 5 取り込んだ動画ファイルを確認しましょう

動画の取り込みが完了したら、上部の「変換済」タブへ移動して下さい。 取り込みの完了した動画がリストになり並んでいます。 動画上にある「開く」ボタンをクリックすると、PC内に取り込まれた動画の保存先フォルダが開きます。

動画の保存先