ホーム > ダウンロード>音楽をダウンロード

【保存版】ウォークマンに曲を入れる方法は?スマホ・パソコン別に徹底解説!【YouTubeからも】

編集者 Takashi • 2024-05-10 11:37:44

「ウォークマンにYouTube動画を音声ファイルとして入れたいな。YouTubeをMP3形式のファイルとしてダウンロードする方法はあるかな。ファイルが用意できたら、どうやってウォークマンに転送したらいいんだろう」

そこで本記事では、ウォークマンに曲を入れる方法を網羅的に解説していきます。

また、YouTubeから曲をダウンロードする方法や便利ツールも併せて紹介していきますので、最後まで読めば、Youtubeの音楽をいつでもどこでもウォークマンで楽しむことができるでしょう。

本記事の主な内容は、以下のとおりです。

  • ワンクリックで複数のniconico・Youtube動画をMP4・MP3として一括保存
  • 字幕ファイル付きでの保存もサポート、外国語の勉強に便利
  • 保存された動画・音楽を再生、スマホへの転送、DVD・CDに書き込むことが可能、オフラインでも広告なしで楽しめる
  • 分かりやすいインタフェースと簡単な操作

【パート1】音楽をウォークマンに入れるには

そもそも音楽をウォークマンに入れる目的はなんでしょうか。多機能デバイスとしてスマホが普及した現代において、音楽に特化したウォークマンを持つ目的を挙げてみます。

  • スポーツジムで音楽に没頭してトレーニングに励む
  • 仕事や勉強のBGMとして音楽を聴き、集中力を高める
  • 俗世間から離れ、音楽だけを楽しんでリラックス
  • スマホの音質以上の最高音質で音楽を楽しむ
  • 携帯電話の持ち込みが不可であるオフライン環境で音楽を聴く

あえてウォークマンを使用するメリットは、以外にもたくさん存在します。いまだにウォークマンを現役の音楽再生デバイスとして採用する人は少なくないでしょう。しかし最近ではYouTubeで音楽を楽しむ人が増えています。YouTubeでは無料にもかかわらずら大量かつ良質な楽曲を聴けるからです。

【パート2】ウォークマンに曲を入れる方法【スマホ編】

最初は、スマホからウォークマンに曲を入れる方法を解説していきます。

ただし、前提としてスマホからの曲入れは一般的な方法ではなく、いくつか条件が揃っていないと正常にウォークマンへ曲を入れられません。

その条件とは下記の2つです。

・Androidスマホを使っている

・ウォークマンとAndroidの両方がBluetoothの「OPP」プロファイルに対応している

つまり、iPhoneユーザーがスマホからウォークマンに曲をいれる方法は現状“ない”ということになります。

また、ウォークマン本体に「Android機能」が搭載されているか否かでも、曲入れの操作手順が異なります。

今回は、一例として「Android搭載版」の操作手順を解説していきます。

なお、ウォークマン本体のAndroid搭載有無や、非搭載版の操作手順に関しては、取扱説明書もしくは、公式のヘルプページをご参照ください。

Step1.Bluetoothをオンにしてペア設定をおこなう

ウォークマンに曲を入れる方法スマホ

出典:スマートフォン・携帯電話からウォークマンにBluetoothでデータを送信/受信したい。(Bluetooth搭載ウォークマン)

まず、ウォークマンとスマホのBluetooth機能を[オン]にします。

なお、ウォークマンのBluetooth切り替えは[設定メニュー]から可能です。

その後、ウォークマンの画面に[Bluetoothのペア設定リクエスト]という表示が出ます。表示されているパスキーがスマホと一致していることを確認したら[ペア設定する]を選択しましょう。

Step2.Bluetooth共有通知を押す

ウォークマンに曲を入れる方法スマホ

出典:スマートフォン・携帯電話からウォークマンにBluetoothでデータを送信/受信したい。(Bluetooth搭載ウォークマン)

続いて、ウォークマンの画面に、Bluetooth共有に関する通知が表示されますので[Bluetooth共有]を選択します。

Step3.ファイル転送を承諾して完了

ファイル転送を承諾して完了

出典:スマートフォン・携帯電話からウォークマンにBluetoothでデータを送信/受信したい。(Bluetooth搭載ウォークマン)

最後に[ファイル転送]という画面が表示されますので、右下にある[承諾]を選択します。

すると、曲の送受信が開始されますのでしばらく待ちましょう。ウォークマンへの曲入れが完了すると、メッセージが表示されますので、その時点で全ての操作は終了となります。

【パート3】ウォークマンに曲を入れる方法【パソコン編】

続いて本章では、ウォークマンに曲を入れるメジャーな方法である「パソコン」を使った手順解説をしていきます。

なお、パソコンを使用した方法は2種類あり、どちらもWindowsとMacに対応しています。

その2種類の方法は下記の通りです。

・専用のソフトを使用する

・ソフトを使用せず直接的に“ドラッグ&ドロップ”する

今回は、比較的簡単な「専用ソフトを使用しない」方法の操作手順を解説していきます。加えて、専用ソフトを使う場合の“種類”についても、以下で簡単に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3-1.専用ソフトの種類

パソコンからウォークマンに曲を入れられる「専用ソフト」の種類は下記の4つです。

・Music Center for PC(Windows)

・Windows Media Player(Windows)

・Content Transfer(Windows/Mac)

・iTunes(Windows/Mac)

Windowsであれば全てのソフトに対応しており、一方のMacは「Content Transfer」と「iTunes」の2種類となっています。

以下の公式ページにて、各ソフトの楽曲転送方法が記載されていますので、詳しくはそちらをご参照ください。

また「どのソフトを使えばよいかわからない」という方に向けた、詳しい説明も記載されていますので、参考にしてくださいね。

SONY公式:https://www.sony.jp/support/walkman/forward/#software

3-2.専用ソフトを使わずに曲を入れる方法

専用ソフトを使用しない場合は、操作が比較的簡単であり、もっとも一般的な方法として用いられています。

また、WindowsとMacでの操作は基本的に同じであり、楽曲データの「ドラッグ&ドロップ」で素早く曲入れが完了します。

なお、今回の手順解説ではMacを使用していますが、Windowsユーザーの方にも分かりやすいように、要所でWindows時の操作にも触れています。

それでは詳しく見ていきましょう!

Step1.ウォークマンとパソコンを接続する

ウォークマンに曲を入れる方法

出典:Mac OSからウォークマンに楽曲を転送する方法

始めに、付属のUSBケーブルとパソコン(MacもしくはWindows)を接続します。

接続すると、デスクトップ画面に[WALKMAN]のアイコンが表示されますので[ダブルクリック]してフォルダを開きましょう。

※Windowsの場合は[エクスプローラー]にて表示およびフォルダを開けます。

Step2.MUSICフォルダに楽曲データをドラッグ&ドロップする

MUSICフォルダに楽曲データをドラッグ&ドロップ

出典:Mac OSからウォークマンに楽曲を転送する方法

WALKMANアイコンをダブルクリックすると[MUSIC]というフォルダが表示されますので[ダブルクリック]します。そして、パソコン内に保存されている楽曲データを[MUSICフォルダ]に[ドラッグ&ドロップ]しましょう。

Step3.転送完了後にウォークマンを取り外す

楽曲データのドラッグ&ドロップができれば、あとは転送完了を待つだけとなります。

転送完了後に、選択した楽曲が正しく入っているかを確認し、ウォークマンを取り外せば操作は終了です。

【パート4】ウォークマンに曲を入れる方法【スマホ・パソコン不要編】

ここまでは、スマホやパソコンを使ってウォークマンに曲を入れる方法を解説していきました。

しかし、両者を使用せず、曲を入れる方法はないのか?と気になる方も少なくないでしょう。

結論として、ウォークマン本体とオーディオ音源さえあれば、曲を入れる方法はあります。

その方法とは、ウォークマンの「ダイレクト録音機能」を使用したものであり、CDやMDといったオーディオ音源から“直接”曲入れをおこないます。ダイレクト録音機能には「シンクロ録音」と「マニュアル録音」の2種類があり、以下でそれぞれの概要を解説していきます。

なお、ウォークマンのモデルによって、ダイレクト録音機能の有無が存在します。下記の公式ページにて対応しているか確認してみましょう。

SONY公式:https://www.sony.jp/support/walkman/tips/directrec/#zx

4-1.シンクロ録音(自動録音)

シンクロ録音(自動録音)とは、ウォークマンが自動で音声信号をキャッチし、録音の開始から停止までをおこなう機能です。

この機能は「CD」もしくは「MD」から録音する際におすすめであり、音源を簡単かつ高品質なままウォークマンに入れられます。

しかし、使用しているウォークマンによって、それぞれ操作手順や準備物が異なるため、下記の公式ページで一度確認すると良いでしょう。

SONY公式:https://www.sony.jp/support/walkman/tips/directrec/#zx

4-2.マニュアル録音(手動録音)

マニュアル録音(手動録音)とは、手動で録音開始と停止をおこなう簡易的な機能です。

先ほどの「シンクロ録音」とは異なり、録音したい楽曲が終了するまでの“見張り”が必要であるため、あまり実用的とは言えません。

とは言え、カセットテープのような古式音源や、無音が数秒間続くクラシック曲などを録音する際には便利であると言えるでしょう。

【パート5】ウォークマンにYouTubeの曲は入れられる?

ウォークマンに、YouTube上にアップロードされている楽曲やMV、LIVE音源が入れられるのかどうか気になるという方も多いのではないでしょうか?

結論として、YouTube上の音楽をウォークマンに入れることは可能です!

ただし、注意点として、必ず個人利用に留める必要があります。

例えば、再アップロードや、楽曲の入ったウォークマンそのものの販売といった、二次利用をした場合、著作権侵害に該当する可能性が高いでしょう。

なお、ウォークマンにYouTubeの曲を入れるためには

Step1.動画のダウンロード

Step2.MP3変換

Step3.ウォークマンにインポート

という3つの工程が必要です。

次章では、これらの手順を全て1ソフトで完結できるソフトと、具体的な手順について解説していきます!

【パート6】ウォークマンにYouTubeの曲を入れるなら「UniConverter」がおすすめ!

ウォークマンにYouTubeの曲を入れる場合、必要な3ステップは前章で簡単に触れた通りです。

これらの手順は、本来それぞれ別のツールを用意する必要があり、複雑で面倒な作業になってしまいがちです。

しかし、ここで紹介するUniConverterというソフトを活用することで、1ソフト内で全ての工程が完結でき、非常にシンプルかつ楽にYouTubeの曲をウォークマンに入れられますよ!

早速詳しく見ていきましょう。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

6-1.UniConverterとは

UniConverter

特徴

・操作が簡単
・高性能AIを搭載
・豊富な機能でさまざまな場面に活用できる

メリット

・無料で利用できる
・手間をかけずに多くの作業が完了
・シンプルで直感的な操作感

デメリット

一部有料機能や制限がある

搭載機能(一部)

・画像ファイル変換
・動画変換
・動画ダウンロード
・字幕生成 など

対応OS

Windows、Mac

料金

無料(一部有料機能あり)

「UniConverter」は、世界的に有名なクリエイティブソフトメーカーであるWondershare社が開発及びリリースしているPC向けソフトです。多くのファイル処理機能が搭載されており、UniConverterだけで、多くの機能が一度に手に入るオールインワンソフトです。世界150カ国以上で、1億人以上のユーザーを抱える人気ソフトであるため、既にご存じの方も多いでしょう。

UniConverterの特徴として、直感的な操作感と、高度機能、AI機能の数々が見事に調和されている点が挙げられます。

多くの高度機能やAI機能が搭載されており、例えばウォークマンにYouTubeの曲をインポートする際には「ダウンロード機能」「圧縮機能」「変換機能」等が役立つでしょう。

また、これらの機能がソフト内でシームレスに連携できる点も大きな魅力です。

別ソフトであれば、その都度書き出しとインポートを繰り返す必要がありますが、UniConverterの場合は、機能間でファイルのワンクリック受け渡しが可能となっており、非常に効率的です。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

6-2.YouTubeの曲をダウンロードする方法

UniConverterを使って、YouTubeの曲をダウンロードし変換する工程を実際に写真付き解説で見ていきましょう!機能の連携や、操作のシンプルさにもぜひ注目してください。

また、ダウンロード機能は、複数URLの一括処理や、YouTube以外にも10,000種類以上のサイトからダウンロードが可能です。

まだUniConverterをお持ちでない方は、この機会に無料インストールし、ぜひ一緒に機能を使いながら読み進めてくださいね!

Step1.YouTube曲のURLをコピー

YouTube曲のURLをコピー

参照:Aimer「残響散歌」MUSIC VIDEO

まずは、ウォークマンに入れたいYouTube曲のURLをコピーしましょう。この際、公式の楽曲以外にも、ライブ映像や、MVでもOKですよ!

Step2.ダウンロード機能を起動

ダウンロード機能を起動

続いて、UniConverterを起動し、[ダウンロード]を選択。ダウンロード機能を起動します。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Step3.各種設定

各種設定

実際にダウンロードする前に、以下の3点を設定しましょう。

・ターボモード:オン

・ダウンロード後変換:MP3

・保存先:任意のフォルダを指定

ターボモードをオンにしておくことで、よりスピーディなファイル処理が可能になります。

また、ダウンロード後変換をmp3にしておく事で、ファイル変換機能と連携し、動画ダウンロードとmp3ファイルへの変換が同時におこなえます。

保存先は、後からファイルが見つけやすい場所を指定しておくのが良いでしょう、

Step4.URLを貼り付け

URLを貼り付け

画面中央のスペースに先ほどコピーしたURLをペーストし、[ダウンロード]をクリックします。

Step5.ファイルを確認

ファイルを確認

ダウンロード&変換されたファイルは、[完了]タブに一覧表示されています。

しっかりMP3になっていますね!

フォルダアイコンをクリックすれば、ファイルが保存されているフォルダーが開けます。

また、UniConverterには、メディアプレイヤー機能も搭載されているため、そのままUniConverter内で楽曲を鑑賞することもできますよ!

PCにダウンロードできたmp3ファイルについては、ここまで解説してきた方法から、あなたに合った方法を選んでウォークマンにインポートしてくださいね!

まとめ:ウォークマンに曲を入れていつでも楽しもう!

本記事では、ウォークマンに曲を入れる方法を、デバイスごとに解説した上で、YouTubeなどにアップロードされている曲をダウンロード、変換した上で、ウォークマンに入れる方法など、網羅的に解説しました。

最後に紹介したUniConverterについては、おもにダウンロード機能をピックアップして解説しましたが、他に搭載された機能も同様に高度かつシンプルな操作感が魅力です。

最近では、音楽のストリーミングサービスが主流になりつつありますが、音質にこだわりたい方や、通信量を節約したい方の場合は、曲をウォークマンにダウンロードする方法が最適です。

ぜひ本記事を参考に、ウォークマンに好きな曲を入れて外に出かけましょう!

無料ダウンロード 無料ダウンロード

人気記事
この記事では、ダウンロードをする際の注意事項、Androidで動画をダウンロードできるアプリ8つを紹介します。紹介するアプリでは、特徴や機能、ダウンロード方法も合わせて詳しく解説します。
「TwiDropper」は、現状では利用するとエラーが出てダウンロード・保存ができない状態です。「TwiDropper」の類似サイト「Twidropper」では、Twitterの投稿動画をダウンロード・保存できます。この記事では、「TwiDropper」と類似サイト「Twidropper」の現状や安全性、Twitter(現:X)のDM動画や投稿動画を保存する方法などを詳しく解説します。
この記事では、初心者でも無料で手軽に動画を編集できるAndroidアプリの選び方や初心者向けの動画編集アプリを紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で