YouTubeでの発信活動においては、動画のタイトルが非常に大切です。タイトルの付け方を間違えると視聴率や再生回数が変動するので、題名やハッシュタグなどの付け方は理解しておきましょう。

今回は、YouTubeのタイトルの重要性や付け方、注意点などについて解説します。動画の題名はショート動画において大切な要素なので、ぜひ参考にしてください。

UniConverter
All-in-one ツールボックス:動画/音声/画像変換、動画/音声ダウンロード、動画編集、録画、圧縮.....すべてできる!
UniConverter UniConverter

Part1.なぜYouTubeタイトルの付け方が重要なのか

YouTubeのタイトルの付け方を学ぶ前に、まずは重要性を理解しておきましょう。具体的には下記の通りです。

  • クリック率が変動する
  • 検索画面での表示率に影響する

順番に見ていきましょう。

※クリック率が変動する

YouTube動画やショート動画のタイトルは、コンテンツのクリック率(視聴率)に大きく影響します。例えば視聴者の悩みを解決する内容だと理解できる題名であれば、視聴してもらえる確率は高くなるでしょう。一方でタイトルをユニークにするあまり、ユーザーの興味を引けない事例が一定数見られます。つまりYouTubeにおいてのタイトルは、動画が再生される重要な要素といえるのです。

※検索画面での表示率に影響する

適切なタイトルを付けられると、YouTubeの検索画面で上位表示される可能性が高くなります。例えば「パソコン 選び方」と検索するユーザーに向けた動画のタイトルを「初心者におすすめの動画の選び方3選!」などにすると、検索キーワードが含まれているので上位に表示されるかもしれません。

ただし検索画面で上位表示を獲得するにはタイトルだけではなく動画の内容も重要なので、コンテンツもしっかりと作り込みましょう。

Part2.YouTubeのタイトル・題名の付け方のポイント

それでは、YouTube動画のタイトルや題名の付け方を見ていきましょう。具体的な方法は人によって異なりますが、これから発信活動を始める方は、下記のコツを活用してみてください。

  • トレンドのキーワードを入れる
  • 動画の内容がわかる題名にする
  • 数字を活用する
  • 気になる単語を使用する
  • ターゲットを開示する
  • 関連・サジェストキーワードを使用する
  • 適切な文字数に収める
  • AIを活用する

上記のコツはタイトルだけはなくハッシュタグの付け方にも活用できるので、積極的に活用しましょう。

トレンドのキーワードを入れる

YouTubeタイトルの付け方

流行りの言葉や話題に上がっているテーマなどを活用することで、視聴されやすいタイトルを作成できるでしょう。例えば近年では「AI」や「副業」が注目されているので、それらのキーワードを活用した動画を作ってみるとよいでしょう。また近年では、話題の時事ニュースを切り抜いたショート動画なども人気があるようです。話題になっている単語をハッシュタグに使用することで、より多くの流入も考えられます。トレンドを活用して波乗りする形で再生回数を伸ばすことも、有効な手段と考えられます。

動画の内容がわかる題名にする

YouTubeタイトルの付け方

作成するコンテンツによっても異なりますが、基本的には動画の内容が理解できるタイトルが好ましいと考えられます。なぜなら、人間はわからないものを避ける傾向があるといわれるからです。例えば「夏に向けたおすすめのダイエット方法」であれば、これからの季節にピッタリな動画の内容であると理解できます。内容がわかる題名は適切な視聴者にコンテンツを届けることにもつながるので、ぜひ活用してください。

数字を活用する

YouTubeタイトルの付け方

YouTube動画にかかわらず、数字を利用したタイトルや題名、ハッシュタグは目に留まりやすいと考えられるでしょう。例えば前述した「夏に向けたおすすめのダイエット方法」よりも、「夏までに-5kg落とせるダイエット方法」の方が具体性があります。ビジネス系のショート動画では、「収入を3倍にする方法」などのタイトルが使用されています。数字を利用すると視聴者がよりイメージしやすくなるので、積極的に利用するとよいでしょう。

気になる単語を使用する

YouTubeタイトルの付け方

ターゲットによって効果は異なりますが、人が気になる単語は多数存在します。具体的には下記の通りです。

  • 裏技
  • 秘密
  • 暴露
  • 無料
  • 期間限定
  • 速報
  • 危険

タイトル内に上記キーワードと数字を含めることで、より高いクリック率が期待できます。また想定ターゲットが頻繁に使用する言葉をタイトルに付けることでも高い成果が考えられるでしょう。

ターゲットを開示する

YouTubeタイトルの付け方

誰に向けた動画なのかをタイトルに含めることで、ターゲットの再生回数が高くなるでしょう。例えばBGMなどを投稿している音楽チャンネルでは、「寝る前のリラックスしたい方へ」や「仕事の集中力を爆上げしたい人におすすめ」など、誰におすすめかを公開している傾向があります。ターゲットを伝えることで全体的な再生回数は下がる可能性はありますが、リピート率の向上は期待できます。そのため作成するYouTube動画によっては、見てほしい視聴者の特徴を加えてみてください。

関連・サジェストキーワードを使用する

YouTubeタイトルの付け方

関連キーワードやサジェストキーワードとは簡単にいうと、一つのキーワードを検索したユーザーが次に検索するキーワードや、検索内容に関連したキーワードのことです。例えばYouTubeで「パソコン」と検索すると検索窓には、「パソコン 比較」や「パソコン おすすめ アプリ」などが表示されます。それらのキーワードに沿ったタイトルを加えることで、「パソコン」のキーワードでも上位表示できる可能性があるのです。ただし検索画面での上位表示はチャンネルの信頼性や動画の内容なども審査基準になっているので、タイトルだけでなく発信全体に力をいれることが大切です。

適切な文字数に収める

YouTube動画のタイトルは最大100文字まで使用できます。しかし一般的には、ショート動画を含め題名は28文字以内に収めるとよいでしょう。理由は、スマホで表示される文字数が28文字だからです。YouTube動画のタイトルが長過ぎると題名が途中で見切れてしまい、再生される可能性が低くなります。またタイトルの前半でキャッチーなフレーズを加えることも、YouTubeの題名を付けるコツと考えられるでしょう。

AIを活用する

より効率的にタイトルを付けるなら、AIを活用してみましょう。例えば近年話題の「ChatGPT」を活用すれば、無料で魅力的な題名を考えられます。ターゲットや使用した単語・キーワードをAIに伝えることで、より成果を期待できる題名を考えられるかもしれません。ただしAIで出力したタイトルをそのまま使うと、やや機械的な文面になる可能性があります。したがってAIを活用する際は、題名を考えるアイディア出しとして利用するとよいでしょう。

Part3.YouTube動画の魅力的なタイトル事例

YouTubeのタイトルを付けるコツは理解したものの、「参考になる事例が知りたい...」と悩む方もいるかもしれません。ここでは、適切な題名を付けていると思われる参考動画を紹介します。

1.study timer/【ポモドーロテクニック】やる気が出て2時間勉強に集中できるゾーン音楽『未来を変えるのは今の行動』

YouTube動画の魅力的なタイトル

こちらはBGM用の動画であり、タイトルには「やる気が出て2時間勉強に集中できる」と具体的な記載があります。そのため、テスト勉強や受験勉強をしている方がターゲットになっていることがわかります。題名はやや長いかもしれませんがタイトルの前半で視聴者の欲求を刺激しているので、参考になる事例といえるでしょう。

参考:sutdy timer

2.米国のビジネスコンサルタントYUKI/世界一わかりやすいChat GPT使い方入門

YouTube動画の魅力的なタイトル

「世界一わかりやすいChat GPTの使い方入門」は、シンプルかつ強力なタイトルだと考えられます。総文字数は22文字なのでスマホでも内容を理解でき、「世界一わかりやすい」という文面は視聴者に強いインパクトを与えるでしょう。また「ChatGPT」はトレンドの一つなので、これからChatGPTの使い方を学びたい方に訴求できる題名と考えられます。

参考:米国のビジネスコンサルタントYUKI

3.こーたろーチャンネル/【無料で3日習得】動画編集で月収500万円超えの俺がやり方教えます【初心者向け】【副業/フリーランス】

YouTube動画の魅力的なタイトル

こちらのYouTube動画は、動画編集をこれから学びたい方をターゲットにしたコンテンツと考えられます。「無料で3日習得」は数字ときになる単語を使用した文面であり、「動画編集で月収500万円超えの俺」は権威性を表しています。そのため、信頼できる人から無料で学べる印象をユーザーに与えられるでしょう。すでに実績のあるジャンルで情報発信をする際は、ぜひ参考にしてみてください。

参考:こーたろーチャンネル

関連記事:YouTubeに最適なサムネイルのサイズは?魅力的な画像を作るコツも解説

関連記事:YouTubeで年齢制限を解除する方法について詳しく解説!

Part4.YouTubeのタイトル・題名作成におすすめのUniConverter

UniConverterとは、動画編集やAI機能、動画ダウンロードなどの機能を搭載したクリエイティブソフトです。多種多様な機能を利用できるので、動画編集者からビジネスパーソンにまで利用されています。

AIによる字幕編集や自動脚本生成などの機能も活用できるので、動画タイトルから内容、編集までをより効率化できるでしょう。

無料ダウンロード
無料ダウンロード
YouTubeのタイトル・題名作成

UniConverterには、ここでは紹介しきれいない機能が多数搭載されています。最先端の機能を体験したみたい方は、ぜひ無料ダウンロードをしてみてください

Part5.YouTubeタイトルの付け方を考える際の注意点

最後に、YouTubeのタイトルを付ける際の注意点を紹介します。

第三者を傷つける言葉は使用しない

暴力的な単語や文章はユーザーの関心を集めやすい傾向があります。しかし第三者を傷つける発言は、相手を痛めつける行為になるのです。また暴力的なコンテンツと判断されるとチャンネルが閉鎖される可能性があるので、公序良俗を意識したタイトルを付けてください。

釣りタイトルは極力避ける

YouTubeチャンネルのブランディングにもよって異なりますが、釣りタイトルは極力避けることを推奨します。理由は、視聴者ががっかりする可能性が高いからです。また動画の内容と関係ない題名を付けてコンテンツが再生されてもすぐに離脱されるので、動画全体の評価は低くなるでしょう。つまりYouTube動画やショート動画のタイトルは、適切な内容をユーザーに届けることが大切です。

まとめ:付け方のコツをおさえてYouTubeで魅力的なタイトルを活用しよう

本記事では、YouTube動画・ショート動画のタイトルや題名の付け方について解説しました。今回紹介した内容はハッシュタグの考え方にも利用できます。コツや文字数など重要な要素を活用して、魅力的なタイトルを考えてみてください。

なお高性能AIを搭載した動画編集ツールを体験したい方には、UniConverterをおすすめします。全ての機能を直感的に利用できるので、初心者でも高品質な動画を作成できるでしょう。UniConverterは無料でダウンロードできるので、ぜひ活用してください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード

豆知識

1. ソフトの基礎+
  1. 1.1 YouTubemp3もどきとは?使用方法や気になる安全性を徹底解説!
  2. 1.2 録画した地デジのCPRMを解除できるフリーソフト5選!注意点も解説
  3. 1.3 Chrome/Firefoxで動画ゲッターを使う方法は?安全性は大丈夫?
  4. 1.4 BINファイルとは?具体的な開き方徹底解説
  5. 1.5 video downloadhelperとは?使い方やダウンロードできないときの対処法を解説
  6. 1.6 ブルーレイとDVDの違いって徹底解説
2. 4kビデオ+
  1. 2.1 4Kスマートフォン機種紹介
  2. 2.2 【Mac】4kビデオを再生するソフトオススメ
  3. 2.3 4K動画をフルHDに変換する方法とは?
3. デバイス+
  1. 3.1 スマホでテレビを見る方法4選!ポイントや注意点も紹介
  2. 3.2 Twitch(ツイッチ)でゲーム配信するやり方
  3. 3.3 超簡単!iPhoneにMP4動画を転送&再生する方法6選
  4. 3.4 Androidの写真をデータ移行する方法を徹底解説|機種変更時のバックアップについても解説
4. エンターテインメント+
  1. 4.1 Jスポーツオンデマンドは無料で見れる?便利ツールも紹介
  2. 4.2 ログインしないでTwitterを見る方法は?具体的な対策を紹介
  3. 4.3 YouTubeで年齢制限を解除する方法について詳しく解説
  4. 4.4 YouTubeのタイトルの付け方は?具体的なポイントや適切な文字数も紹介
  5. 4.5 LINE MUSIC(ラインミュージック)を解約する方法は?具体的な退会方法や注意点も紹介
UniConverter
UniConverter