ホーム > 各種ビデオ・オーディオ形式の変換>オーディオ(音声)
UniConverter
UniConverter

【無料】音声読み上げツール6選|使用方法やメリット・選び方についても解説!【ソフト・アプリ・ツール対応】

編集者 Takashi • 2024-05-29 20:49:59

「動画を公開したいけど自分の声は使いたくない」

「大量の資料や情報を耳からインプットしたい」

このように考えている方も多いのではないでしょうか?

本記事ではそんな方に向けて、テキストや文字情報を音声に変換できる「音声読み上げツール」を6つ紹介します。

実際の使用方法や、使用する具体的なメリット、選び方などについても解説していくので、読み終える頃にはあなたにピッタリの音声読み上げツールが見つかっているはずです。ぜひ最後までご覧ください!

Part1.音声読み上げツール6選【ソフト/アプリ/オンラインツール】

早速本章で、自動音声読み上げツールを紹介していきます。

今回は、おすすめの音声読み上げツールを「6つ」厳選し、それぞれの概要や特徴などを詳しく解説していきます。

また、現在では「AI搭載型」の音声読み上げツールが主流であり、その辺りも含めて紹介ツールを選定しています。

それでは「PCソフト」「アプリ」「オンラインツール」の順番で、詳しい内容を見ていきましょう!

UniConverter - 多機能型AIソフト

UniConverter 

最初に紹介する音声読み上げツールは「UniConverter(ユニコンバーター)」です。

UniConverterは、PCで使用できる多機能型のAIソフトであり、自動で音声を読み上げるハイレベルな機能も搭載されています。

UniConverterの音声読み上げ機能は、非常にシンプルな操作感であるため、PCに慣れていない方でも簡単に扱える点が魅力です。

また、WindowsとMacの両デバイスで動作しますので、PC環境に縛られないというのも人気の理由であると言えます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterの音声読み上げ機能にあるオーディオタイプは下記の6つです。

・ナレーション

・広告

・教育

・ソーシャルメディア

・エンターテイメント

・会話

これだけ豊富なオーディオタイプが搭載されており、さまざまなシーンに対応できる点もおすすめです。

さらに、ボイストーンの種類も豊富であり、音声として読み上げたい文章に適したオリジナリティを加えることも可能です。

もちろん、UniConverterで音声読み上げしたデータはダウンロード可能であり、その他にも「AI字幕編集」や「音声ノイズ除去」など、多彩なAI機能が搭載されています。

後述にて、UniConverterを使用した、自動音声読み上げ方法を解説していきますので、そちらもぜひご覧くださいね!

テキストーク - 細かな調整ができる音声読み上げソフト

テキストーク  

出典:https://gui.jp.net/textalk/

続いて紹介する、自動音声読み上げツールは「テキストーク」です。

テキストークは、音声読み上げに特化したPCソフトであり、音声合成エンジンの「OpenJTalk」に対応しています。

テキストークの特徴は、辞書機能でカスタマイズができたり、再生速度を変更できたりと、ある程度の調整を加えられる点です。

自動の音声読み上げに特化したソフトであるため、機能性レベルが高く、生成された音声も聴き取りやすい仕様となっています。

しかし、テキストークは「Windowsのみ」で使用できるソフトであるため、Macユーザーは利用できない点に注意しておきましょう。

なお、テキストークは無料でダウンロードできますが、一部有料機能もあります。

ゆっくり棒読みトーク - シンプルな音声読み上げアプリ

ゆっくり棒読みトーク 

出典:https://apps.apple.com/jp/app/

「ゆっくり棒読みトーク」は、複雑な機能が一切搭載されていない、シンプルな無料音声読み上げアプリです。

また、使用可能デバイスは「Android」と「iPhone」です。

ゆっくり棒読みトークの自動音声読み上げには「読み上げ速度の変更」や「リピート再生」など、必要最低限の機能が搭載されています。

スマホアプリであるため、先述のPCソフトと比較してクオリティ面や機能の充実さは劣ります。

とは言え、スマホを使った「簡易的な音声読み上げで良い」という方にはおすすめです!

iTextSpeaker - 多言語対応の音声読み上げアプリ

iTextSpeaker 

出典:https://apps.apple.com/jp/app/itextspeaker

「iTextSpeaker」は、多くの言語に対応した自動音声読み上げアプリです。

音声読み上げツールには珍しい「改行間隔」や「文字サイズ」を変更できますので、他国語を勉強する際にも活用しやすいと言えます。

しかし、アプリ内で「広告表示」があるため、少々使いづらいと感じる方も少なくありません。

広告を非表示にするには“課金”が必要になりますので、本格的にiTextSpeakerを使用していきたいというユーザーは、有料プランを利用すると良いでしょう。

なお、対応可能デバイスは「iPhoneのみ」となっており、基本機能は無料で使用可能です。

MyEdit - 豊富な音声読み上げパターン

MyEdit 

出典:https://x.gd/JMpbK

「MyEdit」は、豊富な音声読み上げパターンが搭載されているオンラインツールです。

ブラウザに接続するだけで音声読み上げを実行できる「手軽さ」が魅力であり、操作画面も比較的シンプルなツールです。

また、MyEditのサイト内には、音声読み上げのサンプルデータがあり、仕上がり具合を事前にチェックできます。

しかし、自動で音声読み上げをおこなうには「有料プラン」への加入が必須である点には注意しておきましょう。

音読さん - 画像データからも音声読み上げが可能

音読さん 

出典:https://ondoku3.com/ja/

最後に紹介する、自動で音声を読み上げるツールは「音読さん」です。

音読さんは、ブラウザ上で音声読み上げが可能な無料オンラインツールであり、シンプルなユーザーインターフェースが特徴です。

テキストデータの音声読み上げはもちろん、画像からデータの抽出が可能であり、非常に使い勝手の良い音声読み上げツールであると言えます。

また、音読さんは「言語種類」や「音声種類」が豊富であり、あらゆるシーンに適応できる柔軟性の高いオンラインツールです。

なお、自動で音声読み上げしたデータは、mp3ファイルとしてダウンロードも可能です。

Part2.音声読み上げツールの使い方【UniConverter】

UniConverter 

ここまでは、自動の音声読み上げツールを「ソフト」「アプリ」「オンライン」別に詳しく紹介してきました。

各ツールの概要や特徴などが理解できたところで、続いては、音声読み上げツールの具体的な使い方を解説していきます。

なお、本章では、先述でおすすめした音声読み上げツールである「UniConverter」を例とします。

操作としては、比較的優しいツールであるため、誰でも簡単に音声読み上げを実行することが可能ですよ!

まずは、UniConverterを無料インストールしていただき、一緒に音声読み上げの操作を始めていきましょう!

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Step1.ホーム画面のテキスト読み上げを選択

ホーム画面のテキスト読み上げを選択 

UniConverterを起動後、ホーム画面にある[テキスト読み上げ]を選択します。

すると、テキスト入力画面が表示されます。

Step2.テキスト入力とオーディオタイプを選択

テキスト入力とオーディオタイプを選択 

続いて、音声として読み上げたいテキストを入力します。

その後、画面左側にある[オーディオタイプ]から、お好みに合わせて音声設定を完了させましょう。

テキスト入力とオーディオタイプ設定が完了したら、画面右下にある[生成]をクリックします。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Step3.エクスポートして完了

エクスポートして完了 

生成をクリックすると、AIが自動でテキストを分析し、音声読み上げデータを生成してくれます。

生成が終了したら、画面右下にある[エクスポート]をクリックして、PC内に音声データを保存しましょう!

なお、生成された音声読み上げデータは、エクスポート前に確認することも可能です。

Part3.音声読み上げツールを使用するメリット5選

本章で音声読み上げツールを使用することで得られるメリットについても知っておきましょう。

・プライバシー保護

音声読み上げツールを使用することでプライバシー保護に役立ちます。

動画を作成し、公開したい方の中には、自分の声をインターネット上にアップするという行為に抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特に専門性が高いジャンルや、情報源が限られるような解説動画をアップする場合は“身バレ”のリスクがあります。

音声読み上げツールを使ってナレーションを作成すれば、声というパーソナル情報を動画から抹消できる為、特定のリスクを大幅に軽減できるでしょう。

・ボイスチェンジ

音声読み上げツールは、性別を超えた音声作成が可能です。

男性の方が女性の声で、あるいは女性の方が男性の声でナレーションを作成したい場合もあるでしょう。

そのような場合、プロの声優やナレーターに外注するのは、お金と時間がかかってしまいます。

音声読み上げツールを活用することで、手軽かつ迅速に異性の声で音声が生成できるでしょう。

・滑舌/流暢さの実現

滑舌やトークの流暢さに自信が無い方も音声合成ツールの活用がおすすめです。

特に動画を作成してYouTubeなどに公開する場合、動画の内容がいかに素晴らしいものでも、話し手の滑舌やトークの流暢さによって、人気や結果は大きく変わってしまいます。

自信が無い方や、自分の声で動画を公開しても結果が振るわない方は、音声読み上げツールを使って、ナレーション作成してみるのがおすすめです。

・“ながら”情報収集

「時間が無いのに大量の資料を読む必要がある」

「そもそも“読む”のが苦手」

「家事や育児をしながら情報を収集したい」

上記のようなケースで、テキスト情報を音声読み上げツールで音声化すれば、耳からの情報収集や小説の朗読などが可能になります。

イヤホンをつけて、家事をしながら英語を勉強したり、業界内のニュースを把握したりと言ったように“ながら”が容易になるでしょう。

また、そもそも読むのが苦手な方でも、文章を音声化することで、頭に入りやすい場合があります。

・目の不自由な方

目の不自由な方が、テキスト情報を得られる点も音声読み上げツールのメリットです。

そもそも「音声読み上げツール」は、視覚障害のある方向けに進化してきた歴史があります。

また、お年寄りの方も「読む」行為そのものが重労働でしょう。

そういった意味で、目の不自由な方やお年寄りが音声読み上げツールを使用するのは、本来の使用方法であり、大いに役立ってくれるはずです。

Part4.音声読み上げツールの選び方

前章までで、音声読み上げツールの候補や、実際の使用方法、使用メリットなどがおわかりいただけたはずです。

しかし、使用する音声読み上げツールを選ぶ際、結局どのツールが自分に合うかわからず迷ってしまうという方も多いでしょう。

そこで本章では、音声読み上げツールを選ぶ際、特に重視したいポイントについて4つ紹介していきます。

ポイント①読み上げ機能のクオリティ

音声読み上げツールを選ぶ上で、最も重視したいのが、読み上げ機能のクオリティです。

音声をただ読み上げられるツールなのか、それとも自然で滑舌や抑揚が適切な、まるで人が実際に読み上げているのと、区別がつかないほどのクオリティで読み上げられるツールなのか、現状公開されているツール内でも大幅な読み上げ機能のクオリティ差が存在しています。

例えば前述のUniConverterの場合は「ナレーション」「広告」「会話」など、多くのカテゴリ用にそれぞれ声のトーンまで用意されているため、状況に適した自然なAI音声読み上げが可能となっています。

この点に関しては、最終的に使用してみるしかありませんが、一般論としてアプリやオンラインツールよりもソフトが優れている場合が多い点を補足しておきます。

ポイント②その他機能の充実感

音声読み上げ機能以外の機能に関する充実感も重要なポイントです。

使用用途に沿った、音声読み上げ機能以外の機能が充実していることで、同一ソフト内で完結できる操作や処理が増加するため、結果として大幅な作業効率の改善が見込めます。

一方で、音声読み上げ機能に特化したツールの場合は、使用方法がシンプルになりやすいというメリットがある反面、動画に仕上げる場合や、ファイル形式変換が必要な場合など、他のツールを別途用意しなければならないデメリットが存在します。

多くの機能が搭載されているツールを選ぶことで、1ソフト内で効率的に様々な作業が完結できますよ!

ポイント③価格

音声読み上げツールの価格も気になるポイントです。

無料のツールが多くのユーザーにとってベストに感じるのは当然です。

とはいえ、無料の場合は上記ポイント①②の点でクオリティが低い場合がほとんどで、例えば配信ソフトにおける「OBS Studio」のように完全無料で、なおかつ高機能なツールは、現状音声読み上げには存在しないというのが結論です。

そのため、無料にこだわって音声読み上げツールのインストールとアンインストールを繰り返すのは時間の損失でしょう。

本記事のPart1.を参考に、まずは気になるツールの無料版をインストールし、使用した上で、必要に応じて課金するのが最も効率的でおすすめです。

なお、本記事で紹介した中には有料版があるツールも存在していますが、いずれも音声読み上げ業界内で現状高いコストパフォーマンスを誇る上無料版が用意されているツールですのでご安心ください。

関連記事:【保存先などの設定ガイド】OBS StudioでPCゲームを録画する方法は

ポイント④対応している言語

使用用途にもよりますが、対応言語も注目したいポイントです。

音声読み上げツールには、日本語のみ対応のツールから100カ国語以上など多くの言語に対応しているツールまで幅広く存在しています。

翻訳機能が搭載されているツールもあるため、他国語を耳から学ぶ目的で音声読み上げ機能を使う方や、海外向けに動画を作成しようと考えている方は特に注目してみてください。

Part5.音声読み上げツールに関するよくある質問

最後に、多くの方が気になりがちな、音声読み上げツールに関するよくある質問を3つ回答とともにチェックしておきましょう。

質問1.音声読み上げツールは商用利用できますか?

A:結論として、商用利用の可否は、音声読み上げツールによって異なります。

無条件で可能なツールもあれば、有料のみ可能なツールや、商用利用はできないツールも存在しています。

この際重要になるのが、利用規約をしっかり読む事です。

それぞれのツールには必ず、利用規約が用意されており、商用利用の可否についてもほとんどの場合、記載されています。

利用規約をチェックした上で、ルールの範囲内で正しく音声読み上げツールを使用しましょう。

なお、YouTubeなどの動画音声に音声読み上げツールを使用する場合も、収益化の予定がある場合は、商用利用が可能なツールを使用しておくのが無難です。

質問2.音声読み上げツールの音質は改善できますか?

A:音声読み上げツールの音質は改善できます。

UniConverterを代表とする、音質の調整機能や、ノイズ除去機能が搭載されたツールを活用するのがおすすめです。

また、音声設定が搭載されている音声読み上げツールの場合は、音声読み上げ時に、ピッチや音声速度を調整することで、聞き取りやすい音声に仕上げられるでしょう。

質問3.音声読み上げツールを使った動画でもYouTubeなどで人気は出ますか?

A:音声読み上げツールを使用している人気配信者は既に多く存在します。

このことからもわかるように、音声読み上げツールを使用しても人気を得ることは可能です。

むしろ、滑舌が悪い方や声に自信が無い方は、音声読み上げツールを使用した方が動画が伸びやすい可能性まであるでしょう。

また、テロップのみの動画と比較して、音声読み上げツールを使ってナレーションをつけた動画は、視聴する際に「耳だけで聞く」「字幕を見る」「両方」と、視聴者の選択肢が広く、ながら視聴にも適しており、負担も軽減されるため動画は伸びやすくなると言えるでしょう。

内容もより視聴者に伝わりやすくなりますよ!

まとめ:音声読み上げツールを使ってQOLを上げよう!

本記事では、テキストから音声が生成できる音声読み上げツールについて網羅的に解説しました。

音声読み上げツールは、動画編集、情報収集、目の不自由な方、読書など、多くの状況で役立ち、使いこなすことでQOL(クオリティオブライフ)を大きく上昇させられるツールです。

ぜひ本記事を参考にあなたに合った音声読み上げツールを見つけて、実際に生活に活かしてくださいね!

無料ダウンロード 無料ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
人気記事
Androidでも利用できる音声読み上げアプリですが、そもそもどんなアプリなのか?おすすめのアプリには何があるのか?と悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では、Androidで利用できる音声読み上げアプリの内容や、おすすめのアプリについて紹介します。
テキストや文章を読み上げる機能は、パソコンソフトによく見られましたが、その機能はオンライン上でのサイトでも利用できるようになりました。サイト上でもただ読み上げるだけでなく、可愛い声で読み上げるなど、ボイスの種類が豊富なんです。この記事では、テキストや文章を可愛く読み上げる可愛いサイトを7つ紹介します。
Google Chromeはシェアの高いブラウザであり、画面録画(スクリーンレコーダー)機能を使って動画を保存することが可能です。今回は、Chromeの画面録画機能の使い方やメリット・デメリット、代替ツールについて紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で