ホーム > トピック>各種ビデオ・オーディオ形式の変換

VROファイルが再生できない?原因や対策、便利ツールを紹介!

編集者 Takashi • 2024-05-10 11:37:44

パソコンでVRO再生するには、どのような方法ですれば良いの?と疑問に思っている人も多いかと思います。この記事では、パソコンでVRO再生する方法について解説しています。また、VRO再生するのに最適なソフトについても解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

Wondershare UniConverter

【高機能】VROをMP4に変換するソフト:UniConverter

・約1,000種類のサイトから動画・音声をダウンロード

・複数の動画ファイルをまとめて高速保存

・人気の動画形式をサポート:MP4、MKV、FLVなど

・複数ファイルの一括変換で作業効率アップ

安全・安心: 8,797,576人が使っています。

Part1.VROとは

VROとは、DVD-VRのことで、記録された動画ファイルに付く拡張子のことを言います。拡張子とは、コンピューターがどのようなファイルかを分かりやすくする為に、ファイル名の後に付けられる文字列のことを言います。また、DVDレコーダーで保存された動画は、VROとして保存されます。VROファイルは、VRモードで記録されたDVDムービーのことでもあります。

例えば、Wordのファイル名は末尾が.docxという文字列になっています。このように末尾が.docxと付けられているとコンピューターがWordであると判断し、Wordが立ち上がる仕組みになっています。Wordの例と同じように、ファイル名の末尾に付けられた.vroとなっていると、動画や音声ファイルに対応するアプリで起動します。このVROファイルを再生するのに悩んでいる人も少なくありません。そこでここからは、パソコンでVROファイルを再生するやり方をご紹介したいと思います。

Part2.VROファイルが再生できない原因

ここでは、VROファイルが生成できない原因を紹介します。具体的には、以下の通りです。

  • 再生プレイヤーがVROファイルに対応していない
  • VROファイルにCPRMがかかっている
  • ファイルが破損している

大きく分けると、VROファイルが再生できない原因は、上記の3つです。順番にみていきましょう。

VRO再生できない原因1:再生プレイヤーがVROファイルに対応していない

VROファイルが再生できない原因として、再生プレイヤーがVROファイルに対応していないことが挙げられます。

というのも、VROファイルを再生するには、専用のツールが必要になります。そのため、スマホやパソコン、一般的的な再生プレイヤーでは、VROファイルは再生できないのです

したがって、VROファイルに対応している専用のソフトを準備する必要があります。

VRO再生できない原因2:VROファイルにCPRMがかかっている

VROファイルが再生できない最も多い原因は、VROファイルにCPRM(著作権保護)がかかっているからです。

CPRMとは、DVDなどの記録メディアに採用されている、コピーガード(著作権保護技術)を意味します。

多くのVROファイルにはCPRMがかかっており、一般的な方法では再生や編集ができません。そのため、CPRMが施されているVROファイルを再生するには、CPRMを解除する必要があります。

VRO再生できない原因3:ファイルが破損している

VROファイルが破損している場合、専用ツールを使用しても再生できません。そのような場合は、VROファイルを再度ダウンロードする必要があります。

また、CPRMを解除する際にエラーが生じて、VROファイルが破損するケースは少なくありません。VROファイルは繊細な拡張子なので、注意して扱いましょう。

注意:CPRM録画、市販正規版などのコピーガードがかかっているDVD関連ファイルの変換は対応しかねます。

Part3.パソコンでVROが再生できる方法

「パソコンでVROファイルをそのまま再生できなくて困っている」という人もいますよね。VROファイルの再生に対応しているディアプレイヤーや端末はほとんどと言っていいほどありません。ここからは、パソコンでVROファイルを再生する方法を紹介していきたいと思います。

方法① VROをMP4に変換して再生する

パソコンでVROファイルを開くには、VROファイルをMP4ファイルに変換する必要があります。MP4ファイルに変換することによって、パソコンやタブレットで動画を再生できます。大部分の機器やメディアプレーヤーがMP4に対応している為、「.vroファイル」から「.mp4ファイル」に変更することによって、動画の再生や編集がしやすくなる、といったメリットがあります。

ここから紹介するソフトは、VROをMP4ファイルに変換できるソフトUniConverterです。UniConverterを使用して、VRO動画を再生してみましょう。UniConverterは無料でダウンロードできるので、使い方を一緒に見ていきましょう。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

ステップ1:UniConverterを起動する

UniConverterをダウンロードしたら、画面に表示されている【変換】をクリックします。

UniConverterの変換機能

変換画面が表示されたら、動画素材をインポートしましょう。画面左上または中央に表示されている【メディア】をクリックして、変換する動画素材を選択してください。

 また、パソコンのフォルダから、ドラッグで直接インポートすることも可能です。

インポート

無料ダウンロード 無料ダウンロード

ステップ2:MP4に変換する

次に、変換する拡張子を指定しましょう。【出力先一括設定】をクリックします。

MP4に変換する

【出力先一括設定】をクリックすると、さまざまな拡張子が表示されます。画面上の【ビデオ】を選択して、【MP4】に指定してください。

この際に【オリジナルと同じ】を選択すれば、元の映像と同じ解像度で拡張子を変換できます。

拡張子を変換

拡張子を変換する前に、変換した動画の保存先も指定しておきましょう。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

画面下の【出力先】を選択して、動画を保存するフォルダを指定してください。

【出力先】を選択

ここまでの設定が完了したら【変換】をクリックします。

【変換】

UniConverterは高速変換に対応しているため、数秒たらずで拡張子を変換できます。

 さらに、UniConverterには、動画ダウンロードや画面録画、動画編集機能も搭載しているのです。

 つまり、動画の保存から編集までの作業を一括できるので、効率的に作業ができます。

全ての機能を直感的に使用できるので、PC操作に慣れていない方でも簡単に使用することが可能です。高品質なソフトを活用したい方は、UniConverterをお試しください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

方法② VRO再生プレーヤーで再生する

再生ソフトを使用することによって、パソコンでVRO動画を再生できます。再生ソフトといっても種類は様々あり、自分に合ったものを見つけていくと良いでしょう。

VROを再生するもう一つの方法は、VROに対応しているプレイヤーを活用することです。

今回は、ブルーレイプレイヤーとして人気の高い、【AnyMP4】というソフトを活用した方法を紹介します。

AnyMP4は、VROに対応しているPCプレイヤーです。使い方も簡単なので、プレイヤーを利用したい方はぜひ活用してください。

ステップ1:AnyMP4にファイルを読み込む

AnyMP4を起動したら、VROファイルまたはDVD-VRを読み込ませましょう。

 AnyMP4にファイルを読み込む

ステップ2:動画を再生する

ファイルの読み込みが完了すると、映像の再生画面が表示されます。

【再生マーク】を選択すれば、映像を再生することが可能です。

 動画を再生する

AnyMP4はCPRMを簡単に解除できるため、VROを簡単に再生したい方におすすめです。

ただし、AnyMp4は拡張子を変換するソフトではないので、スマホやPCで再生したい方には不向きなソフトです。

一方、UniConverterは、拡張子を変換して映像をさまざまなデバイスで再生できます。

使用用途に合わせて、あなたにあった再生方法を活用してください。

Part4.VRO再生するには注意すべきこと

最後に、VRO再生に関する、よくある質問を紹介します。トラブルを引き起こさないためにも、しっかりと理解しておきましょう。

VROファイルを再生する際の注意点は、以下の2つです。

  • CPRMの解除は違法になる可能性がある
  • コピーしたコンテンツの二次利用はしない

順番にみていきましょう。

★CPRMの解除は違法になる可能性がある

前述したように、VROファイルには、著作権保護のために、CPRMが施されているケースが多いです。

CPRMを解除できるツールは多数あります。しかし、独自でのCPRM解除は、法律違反になる可能性があるのです。

したがって、VROファイルのCPRMを安易に解除するのは推奨しません。CPRMの動画を再生する場合は、汎用性の高いMP3などに変換してから視聴することをおすすめします。

★コピーしたコンテンツの二次利用はしない

VROファイルを再生しながら保存する方は少なくありません。

しかし、VROファイルに著作権保護がほどこされているように、コンテンツの二次利用は著作権違反に抵触します。

そのため、VROファイルをMP4に変換して保存したとしても、インターネットやSNSなどには投稿しないでください。


まとめ

VROファイルにはCPRM(著作権保護)がかかっているため、一般的な再生プレイヤーは使用できません。

したがって、VROの拡張子をMP4などに変換するか、CPRMを解除して再生する必要があります。

ただし、CPRMの解除は法律違反に該当する恐れがあるので、注意してください。

パソコンでVROを再生する方法はいくつかあり、VROをMP4に変換する方法や、再生ソフトを用いる場合などがあります。また、UniConverterソフトを使用しVROからMP4に変換する方法だと処理スピードも速く、変換が可能です。気になる人は、是非UniConverterソフトを使って、VROを再生してみて下さい。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

人気記事
この記事では、ダウンロードをする際の注意事項、Androidで動画をダウンロードできるアプリ8つを紹介します。紹介するアプリでは、特徴や機能、ダウンロード方法も合わせて詳しく解説します。
「TwiDropper」は、現状では利用するとエラーが出てダウンロード・保存ができない状態です。「TwiDropper」の類似サイト「Twidropper」では、Twitterの投稿動画をダウンロード・保存できます。この記事では、「TwiDropper」と類似サイト「Twidropper」の現状や安全性、Twitter(現:X)のDM動画や投稿動画を保存する方法などを詳しく解説します。
この記事では、初心者でも無料で手軽に動画を編集できるAndroidアプリの選び方や初心者向けの動画編集アプリを紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で