MP4は再生できない原因を徹底調査

by Takashi • 2021-03-04 19:09:11 • Proven solutions

インターネット技術やパソコン、カメラの機能が発展した現代では、動画や写真を活用することが、素人にとっても身近なものとなりました。好きに動画を撮影して、編集、閲覧する人が多くいます。しかし、いつでも簡単に動画を閲覧することができるというわけではありません。時に動画を閲覧できなくなり困ることもあるでしょう。MP4形式の動画の再生ができなくなってしまった場合の原因と対処法について紹介します。

MP4形式の動画が再生できない原因

MP4形式の動画は、圧縮率も高く、汎用性も交換性も高いため様々な場面、デバイスで活用されています。しかし、突然再生できないといったトラブルが起こることもあれば、音声だけ再生されない、反対に映像だけ再生できないといったトラブルが起こることもあります。このMP4形式の動画ファイルが再生できない原因はいくつか考えられます。原因によって対処法も異なるので、原因を突き止めることから始めるとよいでしょう。MP4が再生できない原因のひとつは、再生するプレーヤーがMP4に対応していないというものです。動画を再生させるメディアプレーヤーには様々な種類があります。windowsにおいてはWindowsMediaPlayerが代表的ですが、これ以外にもvlcなどを活用することもあります。

これらの再生するプレーヤーがMP4に対応していなければ、再生することはできません。windowsのシステムが破損している場合にも、MP4形式の動画が再生できなくなります。この原因の場合、ほかの機能も使えなくなっている可能性が高いのでわかりやすいでしょう。また、動画ファイル自体が破損していることが原因のこともあります。動画はパソコンそのものに保存されていることもあれば、dvdやビデオに録画していることもありますが、そのいずれにおいても動画ファイルが破損していれば、再生できません。このほか、MP4に対応しているコーデックがインストールされていない場合やコーデックが競合している場合にも動画が再生できなくなります。

拡張子の原因はUniConverterで対応

uniconverter iconUniConverter (ユニコンバーター)

video merger
  • 1000+の動画・音楽形式を超高速で簡単変換
  • ほかのコンバーターより30倍の速さ
  • 簡単動画編集機能搭載
  • お好みのスクリーンを自由に録画
  • 分かりやすいインターフェイスと簡単な操作
  • 変換された動画・音楽を再生、スマホへの転送、DVD・CDに書き込むことが可能
safe download 安全・安心: 8,797,576人が使っています。

拡張子が原因で再生できない場合、UniConverterを活用すれば、動画を再生できるようになる可能性があります。UniConverterとは、ワンダーシェアが展開している動画変換のためのソフトウェアです。動画形式を変換することができるので、拡張子を変換することによって、パソコン既存のメディアプレーヤーでも再生できるようにすることが可能です。UniConverterでは、多種多様な動画形式に対応しており、その数は1000以上で、簡単にビデオやオーディオ形式に変換することができます。多種多様なデバイスで再生できるビデオ形式にするので、動画をどこでも楽しむことができるようになるでしょう。

複数の動画を一括で変換することができるほか、一度の変換作業に掛かる時間も非常に短いため、スムーズに作業することができます。操作も簡単なので、初心者でも困ることはありません。また、変換によって動画が劣化することもないので、満足度も高いでしょう。

UniConverterを活用して動画を変換する方法

UniConverterで動画を変換する方法は、難しくありません。初心者にとってもわかりやすい操作画面なので、直感的に作業をすることができるでしょう。まず、変換したい動画をUniConverterに取り込む必要があります。UniConverterを開いたら、左上部分にあるファイルマーク隣の逆三角形のマークを押します。このマークからならば、様々な場所からファイルを追加することが可能です。保存元を選んで、追加ファイルを選択して開きます。このほか、左上のファイルマークのアイコンからファイルを追加する方法もありますが、こちらは保存先が限定されることもあるので、逆三角形のマークからの方が良いでしょう。次いで、動画を変換する作業に入ります。

UniConverterの左上の動画変換のタグがあることを確認します。画面中央にある「ここにファイルを追加またはドラッグして変換を開始します」というアイコンをクリックし、形式を変換したい動画を選択して動画を表示させることが次の作業です。画面右下に存在する「出力形式を一括指定」をクリックして、出力フォーマットを選びます。「ビデオ」タグからは、すべての出力フォーマットが左側に表示されるので、ここから選ぶとわかりやすいでしょう。右側には動画の解像度が表示されるので、好みの解像度を選択します。全体画面の右側にある高速変換をオンにすると、早く動画変換することが可能です。

画面下側の「出力先」の中から保存先を選択し、右側にある「変換」か「一括変換」をクリックして動画変換をスタートさせます。上部の「選択済」をクリックしてファイルを開けば、変換された動画を開くことが可能です。これで動画変換作業は終了です。

UniConverterでMP4の動画も快適に見よう

MP4形式は、様々な場面で使用されていますが、常に再生することができるというわけではありません。原因は様々ありますが、拡張子が対応していないことが原因の場合は、ソフトウェアのひとつであるUniConverterを使用して動画形式を変換すれば再生できるようになります。UniConverterによる動画形式の変換作業は、直感的にできるものが多いので、動画変換を行いMP4動画の視聴を楽しんでください。

Takashi

Takashi

staff 編集者

0 コメント
Resource > 動画再生 > MP4は再生できない原因を徹底調査

トピック