ホーム > 各種ビデオ・オーディオ形式の変換>ビデオ(動画)

YouTube動画を文字起こしする方法4選!便利ツールも紹介

編集者 Takashi • 2024-05-15 19:51:29

YouTube動画の音声を文字起こしできると、必要な情報をまとめたり、動画を快適に視聴したりできるなど、さまざまなメリットがあります。しかし、「YouTubeってどうやって文字起こしするの?」悩む方も少なくありません。

そこで今回は、YouTube動画を文字起こしする方法を具体的に紹介します。便利なツールも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Wondershare UniConverter

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Part1. YouTube動画を文字起こしする方法

それでは、YouTube動画を文字起こしする方法を紹介します。それぞれの手順も紹介するので、あなたにあった方法を活用してください。

YouTube動画を文字起こし方法1:YouTubeの字幕起こし機能を使用する

まずは、YouTubeの標準機能を使った文字起こし機能を紹介します。使い方は非常に簡単です。

1. 視聴したYouTubeを開く

2. 【・・・】を選択する

3. 【文字起こしを表示】を選択する

YouTubeの字幕起こし機能を使用する

テキストの横に表示されている再生時間をクリックすると、その場所までスキップすることが可能です。見たいシーンに戻りたい場合などには、YouTubeの字幕起こし機能を活用しましょう。

YouTube動画を文字起こし方法2:UniConverterで文字起こしをする

次に、精度の高い文字起こし機能を搭載している【UniConverter】を紹介します。UniConverterは非常に優れたツールなので、ぜひ活用してください。

UniConverterとは

UniConverterは、文字越しや動画ダウンロードなどの機能を搭載しているクリエイティブソフトです。全ての機能を簡単に使用できることから、世界各国のクリエイターやビジネスパーソンに利用されています。

字幕起こししたい動画をインポートすれば、数分足らずで動画の音声をテキストに変換できます。テキストファイルとして出力できるため、書き出した文章を編集したい方にも最適なツールといえるでしょう。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

動画の音声をテキストに変換

動画ダウンロード機能は、YouTubeやViemoなど、ネット上のあらゆる動画を簡単に保存できる機能です。保存したい動画のURLを入力するだけなので、難しい設定などは必要ありません。

動画のURLを入力

ここまでに紹介した機能以外にも、UniConverterには様々な機能が搭載されています。YouTube動画の文字起こしだけではなく、動画に関する作業を一貫したい方は、UniConverterをお試しください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterでユーチューブの文字起こしをする方法

それでは、UniConverterでYouTube動画の文字起こしする方法について解説します。UniConverterは無料でダウンロードできるので、この機会に使い方を一緒に見ていきましょう。

ステップ1:YouTube動画を保存する

UniConverterを無料ダウンロードしたら、画面に表示されている【ダウンロード】を選択します。

UniConverterの無料ダウンロード機能

ダウンロード画面が開いたら、画面に表示されている【リンクマーク】をクリックします。

【リンクマーク】をクリック

無料ダウンロード 無料ダウンロード

リンクの入力画面が表示されたら保存したYouTube動画のURLを貼り付けて、【ダウンロード】をクリックしましょう。

YouTube動画のURLを貼り付け

ステップ2:YouTube動画を文字起こしする

動画をダウンロードしたら、UniConverterの【音声をテキストに変換する】を選択します。

音声をテキストに変換する

ファイルの追加画面が表示されたら、画面中央のフォルダマークをクリックして、先ほど保存したYouTube動画をアップロードしましょう。

画面中央のフォルダマークをクリック

エクスポート画面が表示されたら、字幕を書き出す前に言語を指定します。画面下の【声の言葉】を日本語に設定しましょう。

【声の言葉】を日本語に設定

文字起こしを開始する前に、テキストファイルの保存先を決めておきましょう。画面下の【出力先】から保存先のフォルダを指定することが可能です。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

保存先のフォルダを指定

ここまでの作業が完了したら、【エクスポート】を選択しましょう。

【エクスポート】を選択

無料ダウンロード 無料ダウンロード

エクスポートが完了すると、出力先に指定したフォルダにテキストファイルが保存されます。テキストファイルは編集できるので、必要であれば修正を行いましょう。

エクスポートが完了

UniConverterでYouTube動画の文字起こしをする方法は以上です。

YouTube動画を文字起こし方法3:スマホアプリで文字起こしをする方法

次に、スマホアプリでYouTube動画を文字起こしする方法について解説します。

今回は、動画保存アプリ【トルミル】と、字幕起こしアプリ【Vrew】を使った方法を見ていきましょう。

ステップ1:YouTube動画を保存する

まずはトルミルでYouTube動画を保存します。

1. トルミルで保存するYouTube動画を開く

2. 画面下の「+」を選択する

3. 【Are you ok?】を選択する

4. 【OK】を選択する

YouTube動画を保存する

ステップ2:YouTube動画を文字起こしする

動画の保存が完了したらVrewを開き、以下の手順で文字起こしを行いましょう。

1. 【新しいプロジェクト】を選択する

2. ダウンロードした動画選択する

3. 言語を選択する

YouTube動画を文字起こしする

動画の解析が完了したら、テキストファイルをダウンロードしましょう。

1. 画面上の【共有マーク】を選択する

2. 【字幕(SRT)】を選択する

3. 【エクスポート】を選択する

動画の解析が完了

エクスポートが完了すると、テキストファイルがスマホに保存されます。スマホでYouTube動画を文字起こしをする方法は以上です。

YouTube動画を文字起こし方法4:拡張機能(ChatGPT)でYouTube文字起こしする方法

最後に、近年話題になっているChatGPTの拡張機能【Transcript&Summary】を使った方法を紹介します。

ステップ1:拡張機能を追加する

まずはグーグルストアにアクセスして、【Transcript&Summary】を追加します。

拡張機能を追加する

ステップ2:YouTube動画を文字起こしする

拡張機能を追加したらYouTubeを開き、【Transcript&Summary】をクリックしましょう。すると、YouTube動画の文字起こししたテキストが表示されます。

YouTube動画を文字起こしする

拡張機能を使ってYouTube動画を文字起こしする方法は以上です。

Part2. YouTube動画を文字起こしするならUniConverterを活用しよう!

ここまで紹介した方法を見た方には、「結局どの方法がいいんだろう?」と考えるのではないでしょうか。文字起こしの方法に迷っている方にはUniConverterを使った方法をおすすめします。理由は、短時間で文字起こしできるうえ、音声認識の精度が高いからです。

使用方法も非常に簡単なので、高性能なツールを使いたい方はUniConverterをお試しください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterのオススメ機能

UniConverterには文字起こし以外にも、さまざまな機能が搭載されています。ここからは、UniConverterに搭載されている便利な機能を紹介します。

動画変換

動画変換

動画変換機能を使用すれば、動画をMP3などの音声ファイルに変換できます。YouTubeなどの動画を保存して音声ファイルに変換すれば、スキマ時間を活用したコンテンツを楽しむことが可能です。学習などに動画を使用している方は、動画変換機能も活用してみてはいかがでしょう。

画面録画

画面録画

画面録画機能を搭載していることも、UniConverterの魅力です。画面録画を利用すればHow to動画の作成や、オンラインミーティングなどの録画をすることが可能です。使用方法も非常にシンプルなので、面倒な設定なども必要ありません。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

動画編集

動画編集

UniConverterの動画編集機能は非常にシンプルです。使いたい機能を選択するだけなので、動画編集の経験がない方でも簡単に使用できます。AIを使用した音声編集機能も搭載しているため、録音した音声をクリアにしたい方にもおすすめの機能といえるでしょう。

Part3. YouTubeの文字起こしに関するよくある質問

最後に、ユーチューブの文字起こしに関する、よくある質問を紹介します。

★YouTube文字起こしのテキストはダウンロードできますか?

YouTubeで文字起こしをしたテキストはダウンロードできません。しかし、テキストをコピーすることは可能です。

YouTube動画の音声をテキストファイルで保存したい方は、UniConverterなどのソフトを活用するとよいでしょう。

★YouTube文字起こしの精度は高い?

ユーチューブの文字起こし機能の精度は高いとはいえません。漢字の変換や誤字脱字が多く、人によってはストレスになる可能性があります。

精度の高い文字起こしツールを希望する方には、UniConverterなどの高性能ツールをおすすめします。

まとめ:UniConverterでYouTube動画の文字起こしをしよう!

YouTube動画の文字起こしには、さまざまな方法があります。あなたの使いやすい方法を活用して、YouTubeの文字起こしを行ってください。

なお、テキストファイルを保存したい方には、UniConverterをおすすめします。音声認識の精度も非常に優れているため、修正の手間も最小限で大丈夫です。

UniConverterは無料でダウンロードできるので、高性能な機能を体験したい方は無料ダウンロードをしてみましょう。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
人気記事
URLでの動画保存は、もっと手軽な方法といえます。URLから動画を保存できるWebサイトは多数存在するので、自分に合ったサービスを利用しましょう。
動画をUSBに保存することは可能です。しかしデバイスによってやり方が異なるので、正しいやり方は理解しておきましょう。今回は、動画をUSBに保存する方法について解説します。記事の後半では注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてください。
今回は、iPhoneで動画を保存できるおすすめのアプリをご紹介します。記事の後半では注意点も紹介しているので、iPhoneで動画をダウンロードしたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で