ブルーレイからDVDに変換できるフリーソフト5選

編集者 Takashi • 2024-01-31 14:02:06

ブルーレイディスクはDVDの後継となるもので、DVDと比較すると映像や音声が高品質で視聴できるのが魅了の一つです。ですが、ほとんどの無料ソフトでブルーレイが再生できません。ブルーレイを再生するためには、専用のプレーヤーが必要です。ブルーレイの視聴が可能なプレーヤーをお持ちの方はすぐに視聴できますが、新しく購入する場合は時間が取られてしまいます…。そこで今回はブルーレイ専用プレーヤーを用意せず視聴する方法をご紹介します。ブルーレイをDVDに変換することで、パソコンに内蔵されているプレーヤーや、お持ちのDVDプレーヤーでブルーレイを視聴できます。ここからはブルーレイをDVDに変換するフリーソフト5選を紹介していきます。

uniconverter icon動画変換ソフト: UniConverter(ユニコンバーター)

video merger
  • 約1,000種類以上の人気サイトから動画・音声をダウンロード
  • DVD・CD作成/GIF変換/VR機器で視聴できる動画へ変換
  • シンプルな操作画面で変換ソフト「初心者」の方でも簡単にご利用いただけます
  • DVD作成が捗るデザインテンプレートを多数搭載
  • パソコンOSやスマホなどのデバイスに捉われない変換、様々な形式に対応
  • 変換された動画・音楽を再生、スマホへの転送、画面録画などマルチに活用できます
safe download 安全・安心: 8,797,576人が使っています。

UniConverterで動画ファイルを変換する方法は>>

Part1.ブルーレイの映像をDVDに変換する方法

ブルーレイの映像をDVDに変換する方法は、大きく分けて以下の2つです。

    方法1:専門業者に依頼する

    PC操作が苦手な方には、専門業者への依頼をおすすめします。なぜなら、専門業者であれば、ブルーレイに取り込まれている映像の品質を維持したまま、DVDに変換できるからです。

    専門業者に依頼する場合はコストが発生するデメリットがあります。しかし、ブルーレイディスクを業者に送るだけで完結するので、無駄な手間は必要ありません。

    ただし、ブルーレイに取り込まれている映像が、テレビ番組や映画などの著作物だった場合、DVDへの変換を断られる可能性があるので注意してください。

    方法2:フリーソフトを活用する

    コストを抑えるなら、フリーソフトを活用しましょう。フリーソフトであれば、ブルーレイをDVDに簡単に変換することが可能です。

    ただし、ブルーレイには、AACS(Advanced Access Content System)という【コピーガード機能】が施されている場合があります。

    そのため、ブルーレイによっては、コピーガードを解除する必要があります。そのような場合は、コピーガードを解除できるツールが必要です。

    Part2.ブルーレイの映像をDVDに変換できるフリーソフト5選

    ここからは、ブルーレイの映像をDVDに変換できる、おすすめのフリーソフトを紹介します。

     それぞれの特徴を解説するので、あなたにあったソフトを活用してください。

    【ブルーレイをDVDに変換ソフト1】Leawo

    Leawo

    対応OS

    Windows:7・8・8.1・10・11

    Mac:10.13・10.14・10・15・11

    メリット

    映像の品質を落とさず変換ができる

    ブルーレイ再生は無料

    操作が簡単

    デメリット

    一部有料

    手軽に使えるソフトを希望する方には、Leawoをおすすめします。

    Leawoは、直感的に操作できる変換ツールです。コピーガード機能を簡単に解除できるので、難しい専門スキルは必要ありません。

    映像の品質劣化を最小限に抑えてDVDに変換できるため、大切な映像をDVDで保管したい方には、最適のソフトといえるでしょう。

    ただし、有料版を購入しない限り、5分以上の映像をDVDには変換できません。そのため、長い時間の動画をDVDに変換するには、有料版を購入する必要があります。

    しかし、Leawoには30日間の返金保証が提供されています。したがって、Windowsを使っている方は、無料期間を試してから、購入するとよいでしょう。

    ブルーレイをDVDに変換ソフト2】ANY MP4

    ANY MP4

    対応OS

    Windows:7・8・8.1・10

    Mac:X以上

    メリット

    映像の品質を落とさず変換ができる

    拡張子の変換が可能

    簡単な編集機能あり

    デメリット

    一部有料

    ブルーレイの映像をDVD以外の規格・拡張子にも変換したい方には、ANY MP4をおすすめします。

    ANY MP4は、ブルーレイの映像を、MP4やMP3など、スマホやパソコンで使える拡張子に変換できるソフトです。

    操作方法も非常に使いやすく、サポートが充実していることも魅力です。カットやトリミングなどの簡単な編集機能も搭載されているので、映像を編集したい方には最適のソフトといえます。

    ただし、有料版を購入しないと、コピーガードを解除できなかったり、特定の拡張子変換できなかったりします。

    とはいえ、ANY MP4にも30日間の返金保証がついているので、合わないと判断できたら解約して問題ありません。

    スマホやPCで再生できる拡張子に変換したい方は、ANY MP4を活用すると良いでしょう。

    ブルーレイをDVDに変換ソフト3】Sotink Blu-rayコピー

    Sotink Blu-rayコピー

    対応OS

    Windows:7・8・10

    Mac:非対応

    メリット

    完全無料

    デメリット

    Mac非対応

    操作が難しい

    コピーガードに対応していない

    Sotink Blu-rayコピーは、完全無料で使用できる変換ソフトです。

    録画した自作のブルーレイであれば、Sotink Blu-rayコピーでの変換で問題ありません。動画変換ツールも搭載されているため、映像を音声で楽しみたい方にもおすすめのソフトです。

    ただし、Sotink Blu-rayコピーはコピーガード解除には対応していません。したがって、購入した市販のブルーレイの変換はできないです。

    そのため、Sotink Blu-rayコピーは、自作したブルーレイをDVDに変換したい方におすすめです。

    ブルーレイをDVDに変換ソフト4】MakeMKV

    MakeMKV

    対応OS

    Windows:XP・7・8・10

    Mac:X

    メリット

    ベータ版完全無料

    高速変換に対応

    デメリット

    Mac非対応

    操作が難しい

    開発が終了している

    コピーガードが弱い

    MakeMKVは、ブルーレイの映像を高速で変換できるソフトです。現状の、ベータ版であれば無料で使用することができます。機能はものすごくハイスペックであり、最新のブルーレイにかかっているプロテクトを解析して、外すことが可能です。BDAVやCPRMには対応していないとはいえ、不要ファイルを取り除いて無劣化でMKV変換する機能を備えており、非常に便利です。また、ブルーレイからDVDに変換する作業はわずか2クリックで作業が完了し、その作業速度も高速なのでサクサク作業をおこなえることもポイントです。

    一般的なコピーガードは解除できるため、作品によっては、市販のブルーレイの映像をDVDに保存できます。したがって、コストを抑えたい方におすすめのソフトです。細かい設定をきにしなければ、ベータ版で問題ありません。

    ただし、MakeMKVはコピーガードの解除が弱い傾向にあります。そのため、一部のブルーレイには対応できません。

    開発も終了しているので、新しい規格には対応できない可能性があります。

    ブルーレイをDVDに変換ソフト5】ImgBurn

    ImgBurn

    対応OS

    Windows:XP・7・8・10

    Mac:非対応

    メリット

    完全無料

    CDにも対応

    デメリット

    Mac非対応

    操作が難しい

    コピーガード非対応

    ImgBurnは、Windows専用の、無料で使える変換ソフトです。ブルーレイやDVDだけではなく、CDにも対応しているソフトなので、音楽の取り込みにも活用できます。

    操作方法が難しいのはデメリットですが、完全無料でディスク作成に特化したソフトは多くありません。

    ただし、ImgBurnは、コピーガードを施されたブルーレイには対応できません。したがって、自作したブルーレイをDVD変換にすぐれたツールといえます。

    Part3.DVDに映像をコピーするならUniConverterがおすすめ

    ここまでは、ブルーレイの映像をDVDに変換する方法や、フリーソフトなどについて解説しました。

    しかし、「そもそも、映像をDVDに保存できれば問題ない」という方も多いでしょう。

    そこで、ここからは、あなたが保存している映像を、DVDにコピーする方法について解説します。今回は、操作性に優れたクリエイティブソフト【UniConverter】を紹介します。

    UniConverterは高品質なソフトなので、ぜひ参考にしてください。

    UniConverterとは

    UniConverterとは、DVDへのコピー・動画変換・動画ダウンロード・画面録画など、あらゆる機能を搭載しているオールインワンソフトです。

    全ての機能を直感的に操作できるため、PC操作が苦手な方でも簡単に使用できます。また、サポート体制も整っているため、疑問点はすぐに解決できるでしょう。

    UniConverter

    対応OS

    Windows:11/10/8/7/Vista

    macOS:12/11/10.1.14/10.13/10.12/10.11

    機能

    DVD作成/動画変換/動画編集/動画ダウンロード/その他

    メリット

    映像を簡単にDVDに保存できる

    簡単に使いこなすことが可能

    デメリット

    一部機能は有料

    UniConverterの動画ダウンロード機能は、ネット上のあらゆる動画を、数秒でダウンロードすることが可能です。

    YouTubuやViiemoだけではなく、10,000以上のサイトから動画をダウンロードできるので、動画を保存しておけば、通信料を抑えてコンテンツを視聴できます。

    保存したい動画のURLを入力するだけなので、誰でも簡単に使用できることも魅力です。

    動画変換機能を活用すれば、スマホやPCに保存している映像を、音声に変換できます。つまり、学習コンテンツや音声がメインの動画を保存して変換すれば、通勤や通学などのスキマ時間を活用して、コンテンツを楽しめるのです。

    MP4やMP3などの一般的な拡張機能以外にも対応しているため、スマホ以外のデバイスでもコンテンツを視聴・傾聴することが可能です。

    UniConverterの変換機能

    UniConverterを活用すれば、ネット上の動画をダウンロードしてDVDに保存したり、動画を音声で楽しんだりできます。

    動画編集機能も搭載されているため、編集してからDVDに保存することも可能です。

    UniConverterは直感的な操作で使いやすいソフトなので、映像をDVDで保存したい方は、ぜひ活用してください。

    映像をDVDにコピーする方法

    それでは、映像をDVDにコピーする方法について解説します。

    なお、UniConverterは無料でダウンロードすることが可能です。UniConverterをダウンロードして、この機会に映像をDVDにコピーしてしまいましょう。

    ステップ1:UniConverterを起動する

    UniConverterを起動したら、メニューに表示されている【DVD作成】を選択します。

    DVD作成

    動画インポート画面が表示されている、画面左上または中央に表示されている【メディア】を選択します。すると、PCのフォルダが開くので、DVDにコピーする映像を選択してください。

    【メディア】を選択

    ステップ2:映像をDVDにコピーする

    映像のインポートが完了したら、DVDへコピーする前に、簡単な編集を行いましょう。

    というのも、UniConverterにはテンプレートが用意されています。テンプレートを活用すれば、映像をより魅力的にすることが可能です。

    編集をする方は、画面右に表示されている【テンプレート】を【カスタマイズ】に変更して、好みのテンプレートを指定してください。

    なお、編集が必要ない方は、テンプレートを【なし】に設定してください。

    テンプレート

    テンプレートの設定が完了したら、映像の解像度や規格、品質を設定します。画面右のメニューから、映像の設定が可能です。

    再生するデバイスに合わせた設定が完了したら、【作成】を選択しましょう。

    再生するデバイスに合わせた設定

    UniConverterで映像をDVDにコピーする方法は以上です。

    たったの2ステップで完了するので、難しい操作は必要ありません。テンプレートが用意されていることも、UniConverterの魅力です。

    したがって、映像をDVDにコピーしたい方には、UniConverterをおすすめします。

    Part4.ブルーレイをDVDに変換する際の注意点

    最後に、ブルーレイをDVDに変換する際の注意点について解説します。ブルーレイの変換はトラブルになる可能性があるので、必ず理解しておきましょう。

    ★著作権侵害に気を付ける

    ブルーレイをDVDに変換する最も大きな注意点は、著作権の侵害です。というのも、ブルーレイに施されているコピーガードを解除するのは、日本では原則として禁止されています。

    したがって、レンタルしたブルーレイのコピーガードを解除してコピーするのは、必ずやめましょう。ブルーレイをDVDに変換するのは、自作したブルーレイのみにしてください。

    ★画質が落ちる可能性がある

    ブルーレイとDVDでは、保存できる画質や音質が大きく異なります。したがって、ブルーレイからDVDに変換すると、DVDの規格にあった画質や音質に下がってしまいます。

    そのため、ブルーレイからDVDに変換する場合は、ブルーレイほどの高画質では視聴できないと理解しておきましょう。

    まとめ

    ブルーレイをDVDに変換するには、専門業者に依頼するか、フリーソフトを活用する必要があります。双方にメリット・デメリットがあるので、あなたにあった方法を活用してください。

     ただし、レンタルショップなどのブルーレイをコピーするのは違法なので、原則として自作ブルーレイだけにしておきましょう。

    ブルーレイのコピーガードを外して、再生することは簡単なことではありません。しかし、DVDに変換するという方法をとると、フリーソフトでも動画を再生することができるようになります。

    なお、映像をDVDに保存するなら、UniConverterがおすすめです。全ての機能を簡単に使用できる上、高性能な機能を多数搭載しているソフトは非常に少ないのです。

     UniConverterは無料でダウンロードできるので、映像をDVDに保存したい方は、ぜひ無料ダウンロードしてください。

    役に立ちましたか?コメントしましょう!

    登録 / ログイン してからコメントを書いてください
    user
    {{item.name || userName}}
    {{item.time}}
    {{item.message}}
    {{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
    登録 / ログイン してからコメントを書いてください
    user
    {{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
    {{item1.time}}
    @{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
    {{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
    登録 / ログイン してからコメントを書いてください
    Takashi

    Takashi

    staff 編集者

    リソース > 動画変換ソフト > ブルーレイからDVDに変換できるフリーソフト5選