gopro(ゴープロ)を動画編集できるパソコンソフトやアプリを紹介

編集者 Takashi • 2024-05-10 11:41:28

「gopro(ゴープロ)で撮った動画を編集したい」

「gopro(ゴープロ)で撮影したファイルを編集できるソフトやアプリを知りたい」

あなたはこのような悩みを抱えていませんか?

この記事では、gopro(ゴープロ)で撮影した動画を編集できるおすすめのパソコンソフトやアプリを紹介します。ぜひ参考にしてくださいい。

Part1.gopro(ゴープロ)を動画編集できるパソコンソフト3選

gopro(ゴープロ)を動画編集できるパソコンソフトは以下の3つです。

● UniConverter

● GoPro Studio

● iMovie

それぞれの特徴や操作方法について詳しく解説します。

gopro動画編集ソフト1:UniConverter

UniConverter

UniConverterは、動画編集が容易にできるソフトです。

最大の特徴は、初心者でも簡単にできる操作使用になっていること。

動画編集機能にも圧縮や形式変換など27種類の機能が一つのソフトに集約されており、一つ一つの機能に絵が施されているので、初心者でも直感的な操作が可能です。

もし使い方がわからなくても大丈夫。

You Tubeに解説動画がアップされているので、手順を追いながら操作したり、途中わからないところがあれば、巻き戻して繰り返し見れます。

UniConverterでは動画編集に必要な機能が7つもあり、複数のタイムライン上で編集できるため、自身が思い描く動画をUniConverterが叶えます。

ここでは動画編集方法について詳しく解説します。

UniConverterの操作方法

UniConverterの操作方法

UniConverterを起動すると上記の画面が表示されます。

画面中央の左端にある「動画編集」をクリックしてください。

編集したい動画ファイルを追加する場合、画面上部にある「+」をクリック。

編集したい動画ファイルを追加

機能を選択すると、パソコン内のフォルダが表示されるので、編集したい動画ファイルを選択してください。

編集したい動画ファイルを選択

カットでは、他の変種機能は使用できませんが、他の編集機能を使用すると

カット

編集機能一覧が表示されます。

編集が完了したら、画面右下にある「OK」をクリックしてください。

編集が完了

出力形式・出力先を確認し、最後に「開始」をクリックすると変換作業が始まります。

作業完了後、以下の様に表示されます。

作業完了後

保存先を忘れた方は、ファイル右側にあるファイルアイコンをクリックすると、保存先を確認できます。

以上の流れでGoProで撮影した動画ファイルを編集できます。

gopro動画編集ソフト2:GoPro Studio

GoPro Studio

GoPro Studioは、カメラメーカーが提供する動画編集ソフトで、GoProで撮影した映像を簡単に編集できます。

最大の特徴は、動画の読み込みが簡単で、シンプルなインターフェースなところ。

GoProユーザー向けですが、編集できるタイムラインは一つだけ。

初心者であれば無料で利用できるので、練習用としてインストールしてもいいでしょう。

GoPro Studioの操作方法について詳しく解説します。

GoPro Studioの操作方法

GoPro Studioを起動し、左上にある「IMPORT NEW FILES」をクリックし、編集したい動画ファイルを追加してください。

GoPro Studioの操作方法

参照:https://www.tajima-motor.com/gopro/goprostudio/edit_manual.html

ファイルを追加したら、次は編集できるようにコンバートを行います。

コンバートタグは、画面真ん中の右側にある「ADD CLIP TO CONVERSION LIST」>「CONVERT」の順にクリックしてください。

GoPro Studioの操作方法

参照:https://www.tajima-motor.com/gopro/goprostudio/edit_manual.html

画面真ん中がタイムラインです。

ここにコンバートした動画ファイルをドラッグしてください。

GoPro Studioの操作方法

参照:https://www.tajima-motor.com/gopro/goprostudio/edit_manual.html

動画を編集したら、画面真ん中上部右側にある「EXPORT」をクリックして動画を出力します。

保存先を指定して、動画編集が完了します。

gopro動画編集ソフト3:iMovie

iMovie

iMovieはAppleが提供する動画編集ツールです。

最大の特徴は、4Kの動画編集ができ、基本的な動画編集機能を兼ね揃えています。

初めて動画編集にトライする方には、向いているソフトだといえるでしょう。

理由として、細かい動画編集機能がないため、どの機能があるのかが直感的にわかりやすいからです。

シンプルで使いやすいiMovieの操作方法について解説します。

iMovieの操作方法

iMovieを立ち上げると、以下の映像が表示されますので、「+」をクリックして編集したい動画ファイルを追加してください。

iMovieの操作方法

参照:https://jp.cyberlink.com/prog/learning-center/html/6750/Blog-JPN-b06_How_to%20use_iMovie/PDR19-How_to%20use_iMovie.jsp#

追加した動画を好みのタイミング箇所に、下にあるタイムラインにドラッグ&ドロップをしてください。

追加した動画を好みのタイミング箇所に

上部にある

ゴープロ動画を編集

機能を利用して、ゴープロ動画を編集しましょう。

動画の編集が完了したら、画面右上にあるタグをクリックしてください。

メールで送りたい方は「メール」。SNSに投稿したい方は「YouTubeおよびFacebook」。ひとまず保存したい方は「ファイルを書き出す」を選択してください。

メールで送りたい

以上の流れで動画を編集できます。

Part2.gopro(ゴープロ)を動画編集できるスマホアプリ2選

gopro(ゴープロ)を動画編集できるスマホアプリは以下の2つです。

● Splice

● KineMaster

それぞれの特徴や操作方法について詳しく解説します。

gopro動画編集アプリ1:Splice

Splice

SpliceはiPhone用の動画編集アプリです。

動画を編集できるだけでなく、写真も組み合わせた編集ができるのが特徴。

プロ級の動画を作れるので、初めてGoProの動画編集に取り掛かりたい方におすすめです。

基本的な操作方法について解説します。

1. アプリを起動し、真ん中にある「+」をタップし、プロジェクト名を入力してください

真ん中にある「+」をタップ

2. アニメーション写真を選択し、アスペクト比を設定します。YouTubeやXにあげる場合は16:9の横長、InstagramやTikTokであれば9:16の縦長がおすすめです。設定が完了したら右上にある「作成」をタップしてください

3. 編集したい動画を画面右上にある「追加」をタップします。追加で素材を読み込みたい場合は、左下にある「メディア」を選択して追加をしましょう

4. 画面下に編集機能が表示されています。好みの機能を選択し、画面上部に表示されている動画に触れて編集を行います

5. 動画を編集したら、画面右上にあるアイコンをタップし、保存設定を行います

以上の流れで動画を編集できます。

最初は難しく感じるかもしれませんが、触れていくうちに感覚がつかめてきます。

沢山触れて機能に慣れていきましょう。

gopro動画編集アプリ2:KineMaster

KineMaster

KineMasterは、iPhone・Androidの両方で利用できる動画編集アプリです。

特徴は、動きのあるオシャレな動画編集ができることです。

沢山の機能が配置されており、慣れるまでには時間がかかりますが、細かい作業をしたい方にはおすすめのアプリ。

使い方がわからなければ、YouTubeに解説動画があるので、動画を見ながら作業をすすめられます。

KineMasterの操作方法は以下の通りです。

1. アプリを起動し、「+」が表示されているタグをタップします

KineMasterの操作方法

2. アスペクト比一覧が表示されます。YouTubeやXに投稿する場合は16:9の横長、InstagramやTikTokであれば9:16の縦長がおすすめです

3. 画面右上にある「メディア」を選択し、編集したい動画ファイルを追加します。スマホ内にある動画が表示され、ここでは「すべて」を選択してください。編集する動画を選択しましょう

4. 選択を終えたら、画面右上にある「レ」をタップします

5. 追加した動画はタイムラインに表示され、画面右側に編集機能が表示されます。編集したい機能を選択し、動画を編集しましょう

6. 編集を終えたら、画面右上にあるエクスポートをタップし、好みの解像度、フレームレートを選択して「エクスポート」を選択してください

7. 無料で続ける場合は、画面右上にある「skip」をタップします

以上の流れで完了です。

他のアプリと比べて機能が多く戸惑うかも方も多いかもしれません。

しかし、慣れると他の動画とは差別化できる作品ができあがるので、沢山触れて慣れていきましょう。

まとめ

今回はGoProで撮影した動画を編集できるソフトやアプリについて紹介しました。GoProは多くの方が思い出やSNSに投稿するために撮影している方が多いカメラです。

多くのソフトやアプリを紹介しましたが、その中でもおすすめなのが「UniConverter」。理由として動画編集できるだけでなく、容量の圧縮や形式変換、SNS用に変換できるなど、27種類の機能が一つのソフトに集約されているからです。

他のソフトでは、それぞれの機能に使い分けることが多いですが、UniConverterはそのような手間はありません。一つのソフトで作業が完了するため、これからGoProの動画を編集したい方におすすめのソフトです。

この機会にUniConverterの便利さに触れてみませんか?

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
Takashi

Takashi

staff 編集者

リソース > 簡単編集 > gopro(ゴープロ)を動画編集できるパソコンソフトやアプリを紹介