ホーム > 各種ビデオ・オーディオ形式の変換>ビデオ(動画)
UniConverter
UniConverter

【無料あり】音声を文字に変換できるアプリ・ソフト8選!おすすめツールを紹介

編集者 Takashi • 2024-05-29 20:47:42

動画編集やオンラインミーティングが普及するなか、音声の文字起こしが必要になるケースは増えています。音声をテキストに変換できるアプリを利用すれば、隙間時間を活用して作業することが可能です。

今回は、音声を文字に変換できるアプリやソフトなどについて解説します。便利なツールを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Wondershare UniConverter

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Part1. 音声を文字に変換できるアプリ5選(iPhone・Android)

まずは、音声を文字に変換できるアプリを紹介します。それぞれの特徴を解説するので、あなたに合ったアプリを利用してください。

音声を文字に変換できるアプリ1:Notta

Notta

OS

iOS・Android

料金

毎月120分まで無料
有料版:2,000円/月

メリット

音声認識の精度が高い

翻訳機能あり

デメリット

月額料金が高い

Nottaは、音声認識の精度に優れている文字起こしアプリです。音声入力にも対応しているため、取材やインタビューでも活用できます。話者の認識にも対応しているため、記者やライターに便利なツールと言えるでしょう。有料版はやや高額な印象はありますが、手軽に使える高性能ツールなので仕事で使用する方には役立つツールといえますね。

音声を文字に変換できるアプリ2:Texter

Texter

OS

iOS

料金

Freeプラン:無料(1分まで使用可能)

Premium Mプラン:1,000円/月(月3時間)

Premium M+プラン:3,000円/月(月10時間)

Premium Yプラン:6,000円/年(月10時間)

メリット

画像からテキストを読み取れる

音声認識の精度が高い

テキスト編集に対応

翻訳機能あり

デメリット

無料での使用時間が短い

TexterはiOS専用の文字起こしアプリです。簡単に操作できるうえ音声認識の精度も高いため、多くのビジネスパーソンに利用されています。画像や動画の音声もテキストに変換できるので、議事録作成にも使用できるでしょう。無料で1分間利用できるので、iPhoneを使っている方はぜひお試しください。

音声を文字に変換できるアプリ3:音声メモ

音声メモ

OS

Android

料金

基本利用無料(アプリ内課金あり)

メリット

操作方法が簡単

音声認識の精度が高い

デメリット

動画の読み込み機能はない

音声メモは、Android専用のメモアプリです。音声認識の精度が高く、文字起こしツールとしても利用されています。基本機能は無料で使用できるため、コストを抑えたい方には最適のアプリといえるでしょう。リマインダー機能も搭載しているため、タスク管理などにも活用できます。

音声を文字に変換できるアプリ4:Google Keep

Google Keep

OS

iOS・Android

料金

完全無料

メリット

操作方法が簡単

音声認識の精度が高い

画像の保存にも対応

デメリット

動画の読み込み機能はない

話者の選別機能がない

Google Keepは、Google社が提供している音声メモアプリです。操作方法がシンプルなので、手軽に使えるツールを希望する方におすすめ。完全無料で使用できるため、コストをかけずに音声をテキストに変換することが可能です。画像の保存もできるため、ファイル管理ツールとしても使用されています。

音声を文字に変換できるアプリ5:Group Transcribe

Group Transcribe

OS

iOS

料金

完全無料

メリット

操作方法が簡単

音声認識の精度が高い

デメリット

動画の読み込み機能はない

漢字の変換に弱い

Group Transcribeは、完全無料で使用できる文字起こしアプリです。複数人での使用に特化しているため、取材やインタビューで活躍するツールといえるでしょう。保存したテキストはPDFで保存できるため、簡易的な議事録であれば簡単に作成できます。

Part2. 音声をテキストに変換できるソフト・Webサイト3選

次に、音声をテキストに変換できるソフトやWebサイトを紹介します。PC使えるツールを希望する方は、こちらを参考にしてください。

音声を文字に変換できるソフト1:UniConverter

UniConverterは、高性能の音声認識機能を搭載しているクリエイティブソフトです。操作方法が非常に簡単なので、PC操作が苦手な方でも簡単に使用できるでしょう。

音声を文字に変換する場合は、文字起こしするファイルをUniConverterにアップロードするだけです。面倒な設定は必要なく、短時間で作業を完了できます。動画ダウンロード・動画変換・画面録画などの機能も搭載しているため、さまざまなシーンで活躍するツールといえるでしょう。

UniConverter

対応OS

Windows:11/10/8/7/Vista

macOS:10.11-11(Apple M1対応)

料金

480円/1時間

メリット

簡単に使用できる

音声認識精度が高い

動画ダウンロードにも対応

デメリット

有料

音声 文字 変換ツール2:Googleドキュメント

Googleドキュメント

対応OS

オンラインツールのためOSに依存しない

料金

完全無料

メリット

画像・PDFの文字起こしに対応

無料で使用できる

操作方法が簡単

デメリット

音声認識の精度が高くない

Googleドキュメントは、テキストエディタとして多くの方に利用されているツールです。動画や音声ファイルの読み込み機能はありませんが、画像やPDFなどの文字起こしには対応しています。音声認識の精度は高くないため、ミーティングの議事録作成や動画の字幕作成には不向きな印象があります。しかし、完全無料で使用できるのはGoogleドキュメントの魅力です。

音声 文字 変換ツール3:One Minute

One Minute

対応OS

オンラインツールのためOSに依存しない

料金

1,650円/月(月3時間)

メリット

音声認識の精度が高い

リアルタイム編集に対応

デメリット

完全有料

動画ファイルの読み込みはできない

One Minuteは、ビジネスシーンで多く利用されているオンラインツールです。音声認識の精度が高くリアルタイム編集にも対応しているため、会議や打ち合わせで活躍するツールといえるでしょう。完全月額制のためコストは発生しますが、複数人での使用に特化したツールを希望する方におすすめです。

Part3. 音声を文字に変換するならUniConverter!

ここまでは、音声を文字に変換できる便利なツールを紹介しました。しかし、「結局どのツールを選ぶべきだろう?」と悩む方も多いでしょう。そのような方には、まずUniConverterをおすすめします。理由は、UniConverterは無料でダウンロードできるからです。

文字起こしするファイルをアップロードすれば数分で音声をテキストに変換できます。変換時間も非常に短いので、効率的に作業を進められるでしょう。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

文字起こし

動画ダウンロード機能が搭載していることも、UniConverterの魅力です。UniConverterは、YouTubeやViemoなど、ネット上のあらゆる動画を簡単にダウンロードできます。文字起こし機能を活用すれば、保存した動画の音声を文字に変換することも可能です。

動画ダウンロード機能

ここまで紹介した機能以外にも、UniConverterには様々な機能が搭載されています。音声を文字に変換するだけではなく、あらゆる作業を効率化したい方は、UniConverterをお試しください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterで音声を文字に変換する方法

それでは、UniConverterで音声を文字に変換する方法を紹介します。実際の操作方法をお伝えするので、無料ダウンロードして一緒に見ていきましょう。

ステップ1:UniConverterにファイルをアップロードする

UniConverterを無料ダウンロードしたら、ホームメニューにある【音声をテキストに変換】を選択します。

音声をテキストに変換

次に、音声のテキストを抽出したいファイルをUniConverterにアップロードします。画面中央のフォルダマークをクリックして、文字起こしするファイルを選択しましょう。

画面中央のフォルダマークをクリック

無料ダウンロード 無料ダウンロード

ステップ2:UniConverterで音声を文字に変換する

変換を行う前に、言語の設定をしましょう。画面下の【声の言葉】をクリックして、【日本語】を選択します。

言語の設定

【出力先】をクリックすると、テキストファイルの保存場所を指定できます。テキストファイルを見つけやすくするために、普段から使用するフォルダを指定しておきましょう。

テキストファイルの保存場所を指定

無料ダウンロード 無料ダウンロード

ここまでの作業が完了したら、【エクスポート】を選択して音声を文字に変換します。

エクスポート

エクスポートが完了すると、出力先で指定したフォルダにテキストファイルが保存されます。誤字脱字などの確認をして、必要であれば修正を加えてください。

エクスポートが完了

UniConverterで音声を文字に変換する方法は以上です。複数のファイルの一括変換にも対応しているので、効率的に変換作業を行いたい方は、UniConverterを活用しましょう。

Part4. スマホアプリで音声を文字に変換する際の注意点

最後に、スマホアプリで音声を文字に変換する際の注意点を紹介します。以下の注意点を理解したうえで、あなたに最適なアプリを活用してください。

※精度が高くない可能性ある

紹介したアプリの音声認識精度は比較的高いです。しかし、アプリの音声認識精度はPCソフトに劣る傾向にあります。無料で使用できるツールの多くは漢字変換に弱いため、精度の高いツールを希望する方は、PCソフトを活用するとよいでしょう。

※月額制のツールが多い

音声を文字に変換できる高性能アプリは、月額制が多いです。取材やインタビューを頻繁に行う方であれば問題ありませんが、1ヶ月で1〜2時間程度の変換だけの場合、コストは高くなります。そのような方には、必要なときだけ使用できるUniConverterなどのツールをおすすめします。

まとめ:アプリを使って音声を文字に変換しよう!

音声を文字に変換できるアプリは非常に多くあります。しかし、音声認識の精度や機能などはアプリによって異なるため、あなたの使用目的にあったツールを活用してください。

なお、音声認識精度の高いツールを希望する方には、UniConverterをおすすめします。使い方は簡単なうえ、動画ダウンロードや動画変換機能なども搭載しているソフトは多くありません。

UniConverterは無料でダウンロードできるので、高品質なツールを希望する方は、ぜひ無料ダウンロードをして素晴らしさを体験してください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
人気記事
Androidでも利用できる音声読み上げアプリですが、そもそもどんなアプリなのか?おすすめのアプリには何があるのか?と悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では、Androidで利用できる音声読み上げアプリの内容や、おすすめのアプリについて紹介します。
テキストや文章を読み上げる機能は、パソコンソフトによく見られましたが、その機能はオンライン上でのサイトでも利用できるようになりました。サイト上でもただ読み上げるだけでなく、可愛い声で読み上げるなど、ボイスの種類が豊富なんです。この記事では、テキストや文章を可愛く読み上げる可愛いサイトを7つ紹介します。
Google Chromeはシェアの高いブラウザであり、画面録画(スクリーンレコーダー)機能を使って動画を保存することが可能です。今回は、Chromeの画面録画機能の使い方やメリット・デメリット、代替ツールについて紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で