ホーム > 録画&録音>PC画面録画

【最新版】 LOLゲームを簡単&高画質で録画する方法

編集者 Takashi • 2024-05-10 11:37:44

皆さんはLOLをプレイしていて「今のプレイを色んな人に見て欲しい!」「さっきのゲームを見返して悪かったところを改善したい!」と思うことはありませんか?しかしゲーム画面の録画方法がわからずにいいプレイを拡散することも、良くなかったゲームを見返して改善することもできない人もいます。より一層LOLを楽しむためにもゲーム画面の録画方法は知っておいた方がいいのではないでしょうか。

本記事ではそんなLOLのゲーム画面の録画方法について解説していきたいと思います。

Part1. LOLとは?

LOLとは「League of Legends」というライオットゲームズが提供している基本無料のオンラインPCゲームです。

全世界的で圧倒的な人気を誇っており、ユーザー数も1億人を突破しています。日本円で5億円以上もの賞金総額の世界大会も開催されるなど世界的な人気を博しています。5対5の2チームに分かれ、様々な固有のスキルを持った100種類以上のキャラクターの中から1人選び相手の陣地にある拠点の破壊を目指します。チームゲームならではの緻密な作戦や、窮地を打開する個人技など幅広いゲーム性を楽しむことができます。

LOLゲームを録画する

SNSや動画配信サイトでもLOLのスーパープレイ集や面白プレイ集も数多く拡散されており、みなさんも目にする機会があるのではないでしょうか?

ここからはそんなLOLのゲーム画面の録画方法について解説していきます。

Part2.LoLのクライアントで内蔵される録画機能の使い方

まず一つ目はLOLのクライアントで内蔵されている録画機能を利用した録画方法です。

①対戦終了後に「対戦履歴」を表示する。

②録画したい対戦を選択する。

③右側にあるダウンロードボタンをクリックし、対戦を保存する。

④保存が完了するとダウンロードボタンが再生成ボタンに変化していることを確認してからクリックし、LOLクライアントでリプレイファイルを開く。

⑤再生画面の下部にある録画ボタンをクリックし、MP4形式のファイルを書き出す。

以上で過去の試合をパソコンに保存でき、再生することができます。

LOL内臓の機能を利用しているので他のソフトをダウンロードする必要がなく、手軽に録画を行うことができます。しかし録画した動画の画質が悪くなってしまうという欠点があります。多くに人にプレイ動画をシェアして見てもらうには不向きではないでしょうか。

Part3.UniConverterでLoLのゲーム画面を録画する方法

二つ目はUniConverterを利用した録画方法です。

UniConverterとはフォーマット変換や動画編集などを行えるメディア変換ツールです。

    • Windows/Macに最適な録画ソフト
    • 全画面アクティビティを簡単に記録
    • お好みのスクリーンを自由自在に録画
    • ウェブカメラと画面を同時に記録!ゲーム配信や社内セミナーに最適です。
    • 動画の変換、ダウンロード、編集、録画などすべてこれ一本で

本記事ではその機能の中の一つに画面録画の機能を利用した方法になります。

手順① LOLのゲーム画面を開いた上でUniConverterを起動します。

LOLゲームを録画する

手順② 録画領域を設定し、記録する場所を選択します。

LOLゲームを録画する

手順次にマイクで音声を設定します。

LOLゲームを録画する

手順④ 録画ボタンの下にある歯車アイコンで録画設定を決めます。

手順⑤ 録画ボタン【REC】を押すと3秒後から録画が開始します。停止ボタンを押して画面録画を終了します。

LOLゲームを録画する

以上が手順になります。UniConverterでなら録画中の画面にテキストを載せることができたり、録画後も編集を行うことができたりなど利便性が高いです。ゲームの進行とともに注目してほしい点を際立たせることができることからも使い勝手がいいと言えるでしょう。

Part4. Windows10の標準機能でLoLのゲーム画面を録画

三つめはWindows10のGame Barで録画する方法です。Game BarとはWindowsの基本機能の一つで名前にもある通りゲーム画面の録画に適した機能です。ここから録画の手順を見ていきましょう。

①まず録画したいゲーム画面を開きそこでWindowsボタン+Gを押します。

②キャプチャコントローラーの録画画面ボタンをクリックすると録画が開始されます。

③録画を開始すると、画面右上に画面ことローラーが出現します。

④録画を終了する際は録画コントローラーの青いボタンをクリックします

以上で画面録画ができます。保存先はエクスプローラー、PC、ビデオの順にクリックしていきキャプチャフォルダを開くと録画ファイルが保存されています。

注意点としては録画中にウインドウサイズが変更できないという点です。サイズを変更した時点で録画が終了してしまいます。録画の際は1ピクセルでも変更しないようにしましょう。

Part5.MacのQuick Time PlayerでLoLのゲーム画面を録画

四つ目はMacのQuick Time Playerで録画する方法です。Quick Time PlayerとはMacに標準搭載されているソフトです。多くの方は動画再生に利用している方が多いのではないでしょうか。このソフトを利用することで画面録画を行うことができます。手順を見てみましょう。

①まずQuick Time Playerを起動し、ファイルから新規画面収録をクリックします。

②録画ボタンをクリックすると音声入力を選択すると画面録画が開始されます。

③もう一度録画ボタンを押すと画面収録を終了することができます。

以上でゲーム画面の録画が可能です。しかしこのままでは外部の音声入力のみしか選択できず、パソコンの音声を収録することができません。それを可能にするにはまた別Soundflowerが必要になってしまいます。他の録画方法に比べ手間が多くなってしまいます。

【まとめ】

本記事ではLOLのゲーム画面の録画方法について解説してきました。今回紹介した4種類の録画方法の中で利用しているデバイスによって利用できる録画方法が変化してきます。その中でも利便性が高く全てのデバイスで利用が可能であるUniConverterがおすすめです。みなさんもそれぞれのメリットデメリットをよく考え、自分に適した録画方法を利用してください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

人気記事
この記事では、ダウンロードをする際の注意事項、Androidで動画をダウンロードできるアプリ8つを紹介します。紹介するアプリでは、特徴や機能、ダウンロード方法も合わせて詳しく解説します。
「TwiDropper」は、現状では利用するとエラーが出てダウンロード・保存ができない状態です。「TwiDropper」の類似サイト「Twidropper」では、Twitterの投稿動画をダウンロード・保存できます。この記事では、「TwiDropper」と類似サイト「Twidropper」の現状や安全性、Twitter(現:X)のDM動画や投稿動画を保存する方法などを詳しく解説します。
この記事では、初心者でも無料で手軽に動画を編集できるAndroidアプリの選び方や初心者向けの動画編集アプリを紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で