Wondershare UniConverter

人気の動画・音声変換ソフト

  • 1000+の動画・音楽形式を超高速で簡単変換
  • ほかのコンバーターより90倍の速さ
  • PCだけでなく、スマホやタブレットなど互換性のある形式へ動画変換
  • 動画編集、画面録画、動画圧縮などの機能も満載

【2024】iTunesで曲をMP3に変換する方法

編集者 Takashi • 2024-05-10 11:44:59

iTunesに対応する音楽・音声ファイルはWindowsとは大きく異なります。具体的にどんなものがあるのか、iTunesで視聴可能なファイルをMP3に変換することはできるのか、知っておくと便利です。また、通常の方法で変換できない場合には別の方法が試せるかどうかも知っておいたほうがいいでしょう。

そこで本記事ではiTunesで曲をMP3に変換する方法、MP3に変換できないときの代替案を解説します。

ぜひ参考にしてください。

uniconverter icon音声・音楽ファイル変換ソフト:UniConverter(ユニコンバーター)

video merger
  • 約1,000種類以上の人気サイトから動画・音声ファイルをダウンロード
  • 保存した音声ファイルはCDやDVDに書き出し、複製が可能
  • シンプルで見たまま操作が可能な画面だから誰でも使いやすい◎
  • 動画&音声ファイルの変換/編集/圧縮/GIFアニメーション作成が可能
  • 最新バージョン14では「AI機能」を搭載し動画/音声編集がもっとラクに!
safe download 安全・安心: 8,797,576人が使っています。

Part1. iTunesに対応した音楽ファイルの種類 

iTunesで再生することができる音楽ファイルの種類(形式)はAAC・MP3・WAV・Appleロスレル・AIFF・AIFCです。AACはAdvanced Audio Codingの略で、圧縮効率や音質がMP3より高いのが特徴ですが、対応しているプレイヤーは少ないです。MP3は音質や圧縮効率こそAACに劣りますが、汎用性の部分では圧倒的にmp3が勝ります。世の中に出回っているプレイヤーのほとんどがmp3に対応しています。WAVはwaveform Audio Formatの略で、圧縮されていない録音した状態の音質をそのまま保つことができるファイルですが、残念なことに大変重いのがデメリットとなります。

AppleロスレスファイルはWAV同様音質の高い音楽を聴くことができるのが特徴ですが、こちらもWAV同様容量が大きくなるのがデメリットです。また、再生できるプレイヤーが限られることもあります。AIFFはAudio Interchange File Formatの略で、WAV同様音質が高いけれど、WAVでは対応していないプレイヤーなどで使えるのが特徴です。ただし容量がAppleロスレルよりも大きいのがデメリットとなります。AIFCはAIFFの圧縮用ファイルで、AIFFとほぼ同じ役割を果たすファイルです。

CDをiTunesに取り込むと、デフォルトで「AAC」フォーマットに変更されます。

音質は上記の形式より優れていますが、サイズが大きく、DRMという規制保護がかかっている影響で一部のデバイスでしか再生できないのがデメリット。

iTunesに直接音楽を取り込んだものは「AAC」と覚えておくといいでしょう。

iTunesに入っている音楽ファイルの形式がわからない場合、該当曲を右クリック>曲の情報>ファイルの順にクリックをすると、該当曲に関する情報が表示されます。

Part2. iTunesの曲をMP3に変換する理由

iTunesに入っている曲は、Apple製品以外での端末では再生できません。

他の端末でも再生をしたい場合には、iTunesの曲をMP3に変換することで聞けるようになります。

他にもiTunesの曲をMP3に変換する理由としては以下の内容があげられます。

  • iTunesの音楽ファイルをDVDに作成したい
  • iTunesの音楽ファイルをビデオエディタで使用したい

形式を変換したことがない方にとって難しく感じるかもしれませんが、次の章でiTunesの音楽ファイルをMP3に変換する方法について詳しく解説します。

Part3. iTunesでiTunesをMP3に変換する方法

ここではiTunesでiTunesをMP3に変換する方法について解説します。

iTunesの音楽ファイルは「無料でできるもの」と「保護されたもの」の2種類があります。

「保護されたもの」というのは、有料でダウンロードをした曲はデジタル著作権管理(DRM)という特殊な技術で保護されています。

このDRMにより、通常のままではiTunesでMP3に変換できません。

しかしUniConverterを使用することでMP3に変換できるのです。

その方法は「無料でできるもの」をiTunesでMP3に変換する方法について解説した後に詳しく教えます。

ここではWindowsのiTunesバージョン12以降のものを使用して解説します。

iTunesで曲をMP3に変換する

Step1.iTunesを起動

iTunesを起動

iTunesを起動し、「編集」>「環境設定」>「一般」>「読み込み設定」の順にクリックしてください。

読み込み設定

「読み込み方法」のオプションでは、「MP3エンコーダ」を選択します。

*最初に設定をすることで、次回以降のMP3に変換するときの設定は不要です

Step2.MP3バージョンを作成

MP3バージョンを作成

MP3に変更したい曲を左ワンクリックして選択し、「ファイル」>「変換」>「MP3バージョンを作成」をクリックしてください。

Step3.変換されたMP3ファイルはAACファイルの下に保存される

変換されたMP3ファイルはAACファイルの下に保存される

変換されたMP3ファイルは、選択した曲の下に表示されます。

使用しているiTunesにより設定方法は異なります。

次にバージョン8.1以降、8.1以前の場合の設定方法を紹介します。

▼iTunesバージョン8.1以降の設定方法

  1. MP3にしたい曲をクリック
  2. 画面上部にある「編集」>「設定」の順に選択
  3. 「一般」タグを選択し、「CDをセットしてときの動作」>「インポート設定」の順にクリック
  4. 「インポート方法」をプルダウンし、「MP3エンコーダ」を選択して「OK」をクリック

以上でiTunesバージョン8.1以降で設定した場合、MP3に変換できます。

▼iTunesバージョン8.1以前の設定方法MP3にしたい曲をクリック

  1. 画面上部にある「編集」>「設定」の順に選択
  2. 「詳細」のプルダウン内にある「インポート」をクリック
  3. インポート方法で「MP3エンコーダ」を選択
  4. 音質の細かい設定があるので、自分好みに設定
  5. 最後に「OK」をクリック

以上でiTunesバージョン8.1以前で設定した場合、MP3に変換できます。

Part4. iTunesの代替案:UniConverterでMP3変換しよう

無料で変換できる曲や動画サイトで得たファイルは変換できますが、iTunes上でダウンロードした曲は、DRM保護がかかり変換できません。

DRM保護がかかった曲をMP3に変換するには、「UniConverter」を使用することで解決できます。

UniConverterは、ホーム上に表示された機能が絵で表示され、どのような機能なのかが初心者でもわかりやすい仕様になっています。

ファイルの変換形式1,000種類以上に対応している他に、取り込んだファイルをDVDに書き込みできる機能も。

ファイルを変換するときも90倍速と他のソフトにも負けない速さで処理を行うため、ストレスを感じず作業ができます。

主な機能は以下の通り。

  • 動画や音楽ファイル形式を変換
  • 容量を圧縮
  • 動画を違うデバイスで見れるようにするリッピング機能
  • 動画サイトの動画や音楽をパソコンにダウンロード
  • 動画編集
  • 画面録画
  • DVDへの書き込み

読み込んだファイルをiTunesに入れ、iPhoneやiPadで楽しむことも可能です。

魅力あふれる機能が満載のUniConverter。

UniConverterは、iTunesでMP3に変換できなかった曲を変換できるようになるのです。

UniConverterを使用して変換する方法について詳しく解説します。

Step1.UniConverterの「変換」を選択

UniConverterの「変換」を選択

UniConverterのホーム画面にある「変換」をクリックします。

Step2.MP3にしたいファイルを選択

MP3にしたいファイルを選択

画面左上にある「ファイルを追加」をクリックし、MP3にしたいファイルを選択します。

iTunes内の曲がどこにあるのかがわからない場合は、iTunes内にあるMP3にしたい曲を右クリックし、「曲の情報」>「ファイル」の順に選びます。

一番下にある「場所」のところに、格納されている場所が表示されています。

格納されている場所が表示

この画像の場合は、「E:」>Wondershare UniConverter 14>Downloaded内に格納されています。

Step3.MP3変換に設定

ファイルを追加できたら、MP3に変換するよう設定します。

設定方法は、追加したファイルの右側にある「フォーマットを選択」をクリックします。

「フォーマットを選択」

「音声」>「MP3」の順に選択し、MP3に選択して「変換」をクリックしてください。

MP3に選択して「変換」をクリック

Step4.変換後に格納先を確認

変換が完了すると画面上部「変換済」の場所に変換後のファイルが表示されます。

変換後に格納先を確認

格納先がわからない場合は、MP3ファイルの右にあるフォルダのマークをクリックすると、どこに格納されているのかがわかります。

 格納先をメモしておきましょう。

Step5.変換したファイルをiTunesに追加

変換したファイルをiTunesに追加します。

追加方法は、iTunesの画面左上にある「ファイル」>「ファイルをライブラリに追加」を選択します。

格納先をメモした場所を参考にMP3に変換したファイルを選択することで、iTunesのライブラリに追加できます。

変換したファイルをiTunesに追加

iTunesでMP3に変換できない曲は、UniConverterを使用することで、簡単にMP3への変換だけでなくiTunesのライブラリに追加できます。

Part5. MP3変換するならUniConverter

iTunes内にある曲は、デフォルトで「ACC」フォーマットに設定されています。他のデバイスで再生するためには、ACCをMP3に変えなければいけません。

iTunesはMP3に変換できる曲とできない曲の2種類に分けられ、できない曲はDRM保護がかけられています。DRMがかけられた曲はiTunesでは変換できませんが、UniConverterではMP3に変換できるのです。

90倍速という高速変換で作業を行い、ストレスを感じずシームレスな変換作業が可能。

変換作業以外にも画面録画やDVDへの書き込みなどパソコン作業に必要なツールがUniConverterの中に詰め込まれています。初心者でも簡単に操作できる仕様になっており、無料版もあります。

まだUniConverterに触れたことがない方は、今回を機にふれてみてはいかがでしょうか。

今までに感じたことがない体験をUniConverterで味わえますよ?

iTunesで曲をMP3に変換する

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
Takashi

Takashi

staff 編集者

リソース > オーディオ(音声) > 【2024】iTunesで曲をMP3に変換する方法