ホーム > AIツール>AI 画像補正

【2024年版】写真をきれいにするソフト&アプリ5選!操作方法も解説

編集者 Takashi • 2024-04-18 19:38:35

近年、スマホのカメラ機能が向上したことにより、デジカメや一眼レフカメラを持ち歩かなくても、簡単に写真撮影ができるようになりました。
しかし、写真撮影には失敗がつきもの。撮影した写真全てがきれいに映っているとは限らず、後から見返してみると鮮明さに欠けているということもありますよね。また、ネットで見つけたお気に入りの画像をダウンロードしてみたら「画質が悪かった」という経験がある方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、写真データおよび画像データをきれいにできる、PCソフトやスマホアプリを厳選して5つ紹介していきます。記事後半では、操作方法も解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

Part1. 写真をきれいにする仕組み【高画質化】

画像をきれいにする

まず、ソフトやアプリを見ていく前に、写真および画像をきれいにするのは、一体どういった仕組なのかを把握しておきましょう。写真や画像をきれいにするというのはすなわち、データを「高画質化」させることになります。

写真をきれいにしたいと感じる要因としては、おもに「画質が粗い」「鮮明さに欠ける」といった点が挙げられるでしょう。
現在では、非常に性能が高い「高画質化機能」を搭載したツールが登場しており、写真データの解析と補正を自動でおこなう仕組みが構築されています。
また、AIを活用して写真や画像をきれいにするソフトも開発されていますので、誰でも手軽に高画質化を施せるようになりました。

Part 2. 写真・画像をきれいに高画質化するおすすめソフト5選

早速、写真・画像をきれいに高画質化できるソフトについて、見ていきましょう!

本章では、各ソフトの特徴やメリット・デメリット、その他にどのような機能が搭載されているのかなどをひとつずつ解説していくので、ぜひ自分に合いそうなソフトを見つけて使ってみてください。

1、写真をきれいにするソフトーUniConverter

写真をきれいにするソフト

無料ダウンロード 無料ダウンロード

特徴

初心者でも簡単!
AIが数秒で高画質化
優れたインターフェース
多機能型のオールインワンソフト

おもな機能

・AI画像補正
・AI動画補正
・動画変換
・動画ダウンロード
・AI字幕編集 など

操作性

★★★★★

おすすめの人

画像を高画質にしたい全ての人

対応OS

Windows、Mac

最初に紹介するのは「UniConverter」というソフトです。

UniConverter

UniConverterは、高速・高品質・高機能のオールインワンファイル処理ソフトで

  • AI画像補正
  • AI動画補正
  • 動画変換
  • 動画ダウンロード
  • AI字幕編集

無料ダウンロード 無料ダウンロード

など、多くの機能が搭載されています。

写真をきれいにするための機能としては「AI画像補正機能」が搭載されており、高度な処理が簡単な操作で適用できます。一瞬で古い画像や、手ブレ、ピンボケ写真などが、高画質化できるため、もっともおすすめのソフトと言えるでしょう。
※詳しくは「Part3.」で解説

また、全ての機能が特化ソフト並みのクオリティであるにもかかわらず、非常に直感的な操作で、導入したその日から誰でも使いこなせる“安心感”もUniConverterの魅力です。

2位:EnhanceFox

EnhanceFox

特徴

PC/スマホ両方に対応
シンプルで使いやすい操作感

おもな機能

・鮮明度の改善
・手ブレ除去
・AI写真スムーザー
・古い写真の色づけ など

操作性

★★★★☆

おすすめの人

アプリから手軽に写真を高画質化したい方

対応OS

Windows、Mac、 Android、iOS

「EnhanceFox」は、シンプル操作で簡単に写真が綺麗にできる高画質化特化アプリです。

Windows・macOSに加えて、Android・iOSと、スマホにも対応している点が最大の特徴でしょう。通学中や出勤中など、出先や移動中でも手軽に写真・画像の高画質化ができるのは嬉しいポイントですね。
また、白黒写真の色づけや、手ブレ除去などの機能も搭載されています。ただし、特化アプリであるため、その他の機能は決して多いとは言えません。写真や画像の編集には別のツールが必要になる点はデメリットでしょう。

3位:PhotoDirector

AI高画質化 写真編集ソフトーPhotoDirector

特徴

プロ向けのソフト
写真に関する機能が豊富

おもな機能

・画像高画質化
・ピンぼけ補正
・ノイズ除去 など

操作性

★★★☆☆

おすすめの人

こだわった編集作業がしたい人

対応OS

Windows、Mac

「PhotoDirector」は、世界的に認知度の高い有名画像編集ソフトです。

インターネット上に広告や、記事が多いため、写真編集や画像編集に興味のある方なら、一度は見たことがあるのではないでしょうか?本来写真や画像を編集するためのソフトですが、AI機能が充実しており、画像高画質化やピンボケ補正、ノイズ除去などの機能も搭載されています。

補正をかけた画像をそのまま画像編集機能で編集できる点は大きなメリットでしょう。ただし、機能が多い分高度な印象があり、使いこなすにはそれ相応の練習や学習が必要です。

4位:Yome2x

Yome2x

特徴

ノイズ除去の強さを5段階から選べる
アニメ/イラストに強い

おもな機能

・超解像機能
・ノイズ除去
・ノイズ除去 など

操作性

★ ★ ★ ★ ★

おすすめの人

特にアニメ画像やイラストを高画質化したい方

対応OS

Windows、Mac

アニメ/イラストに強い高画質化特化アプリが「Yome2x」です。

特化アプリであるため、他アプリのように多くの機能が搭載されている訳ではありませんが、この点は同時にメリットでもあります。というのも機能が少ない分、迷うことなく画像高画質化ができるでしょう。画像を選ぶだけの簡単な作業で、高画質化できる為、操作性は万点の評価です。
また、ノイズ除去機能は、5段階から程度を選べる点も魅力です。残念ながら、iOSのみのリリースとなっており、AndroidユーザーやPCユーザーは使用できない点に注意してください。

5位:Photoshop

簡単に高画質化ーHitPaw Photo AI

特徴

Adobe製品
CCプランを購入するとさまざまなAdobeツールが使える

おもな機能

・画像調整
・ペイント
・レタッチ
・画像拡大 など

操作性

★★★★☆

おすすめの人

すでにAdobe製品を使っている人
・プロツールの使用感を味わいたい人

対応OS

Windows、Mac

世界中のプロがこぞって使用する超高度画像編集ソフトが「Photoshop」です。「フォトショ」などと略され、多くの方が耳にしたことはある、あるいは使用した経験があるでしょう。

Photoshopには「スーパー解像度」という機能が搭載されており、この機能を使うことで、画像を最大4倍の解像度に高画質化できます。また、背景の削除や変更、AIによる生成塗りつぶしなど、生成拡張が豊富に搭載されている点が特徴です。
ただし、プロ御用達ソフトであるということは、非常に高度な機能を搭載している証明ですが、同時に操作が難解で覚えるべきことも多いということを指しています。また、サブスクリプションプランしか用意されておらず、高額である点はデメリットでしょう。

Part 3. 「UniConverter」を使って写真をきれいにする方法

本章では、前述の第1位である「UniConverter」を使用して、写真データをきれいにする方法を解説していきます。
操作手順は非常に簡単であり、UniConverterをダウンロード(無料)するだけですぐに始められます。

なお、今回はステップバイステップで、工程を一つずつ解説していきますので、UniConverterの使用が初めての方でも安心して進めていける内容です。
それでは以下で詳しく見ていきましょう!

Step1、ホーム画面のAI画像補正を選択する

AI画像補正を選択

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterを起動すると、ホーム画面が表示されます。そのホーム画面にある[AI画像補正]をクリックしましょう。すると、写真データをインポートする画面が表示されます。

Step2、写真データをインポートする

画質を上げたい画像をインポート

次に、インポート画面の中央にある[紫色のフォルダマーク]をクリックします。すると、PC内に保存されている、データの一覧が表示されますので、きれいにしたい写真データを選択しましょう。
なお、上記画像にもある通り、画面左下の[出力先]を、エクスポート後でも見つけやすい[Desktop]にしておくと良いでしょう。

Step3、エクスポートで完了

画質を上げたい画像をインポート

無料ダウンロード 無料ダウンロード

写真データをインポートしたら、数秒でAIが高画質化をおこなってくれます。あとは、画面右下の[エクスポート]をクリックすれば、きれいになった写真データの保存が完了です!

Part 4. スペック・価格比較表

写真を高画質化する具体的な方法についてもチェックした上で、あらためて「Part2.」で紹介した5つのツールから、どれを使うか決めていきましょう!
以下は、特徴やメリット・デメリット・スペック・具体的な価格などをまとめた比較表です。

製品

UniConverter

EnhanceFox

PhotoDirector

Yome2x

Photoshop

特徴

・操作が簡単
・高性能AI搭載
・豊富な機能

・アニメ写真に強い

・写真特化
・ノイズ除去可能

・ノイズ除去の強さを5段階から選べる

・Adobe製品
・プロが使用するソフト

メリット

・無料で利用できる
・手間がかからない
・動画の高画質化も可能

シンプルで使いやすい操作感
・スマホ、PC両方に対応

凝った写真編集ができる

アニメ/イラストに強い

機能レベルが高く仕上がりが良い

デメリット

一部有料機能や制限がある

無料版では1日3回までしか使えない

初心者はややこしく感じる

対応OSがiOSのみ

サブスク料金が高い

その他機能

・画像ファイル変換
・動画変換
・動画ダウンロード
・字幕生成 など

・手ブレ除去
・AI写真スムーザー
・古い写真の色づけ など

・AIシーン
・アニメキャラ変換
・人物レタッチ など

・ノイズ除去

・画像調整
・レタッチ
・ペイントと描画 など

対応OS

Windows、Mac

Windows、Mac、Android、iOS

Windows、Mac

iOS

Windows、Mac

例えば、イラストやアニメだけを高画質化する特化ソフトが欲しい場合は「Yome2x」を、本格的な画像編集もしたい方や、既にAdobeのCreative Cloudコンプリートプランに加入している方は「Photoshop」を、というように、細かい用途や状況に合わせて使い分けるのがおすすめです。

こだわりが特に無いほとんどの方は料金面や、他機能の充実感なども考慮し、もっとも高いコストパフォーマンスを誇る「UniConverter」を選んでおけば間違いありません。

写真をきれいにするなら「UniConverter」がおすすめ!

本記事では、写真や画像データをきれいにするPCソフト・スマホアプリを紹介してきました。どれも性能が良く、実用的なツールが多い印象をもたれたのではないでしょうか。

もし、どのツールを選ぶか迷っているという方はぜひ「UniConverter」を使用してみてください。

UniConverterは、ソフト自体の導入方法が簡単であり、写真データの高画質化もスムーズかつハイクオリティに仕上がるため、非常におすすめであると言えます。

また、無料で使用できる点も魅力であり、その他機能も豊富に搭載されていますので、さまざまな場面で活用できるソフトです。この機会にぜひ、UniConverterを活用して、写真をきれいにしてみてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
人気記事
AndroidでYouTube動画をダウンロードできるアプリを5つ紹介しています。それぞれのアプリに関する特徴やメリットを表にまとめて比較しやすいようにまとめています。万が一ダウンロードできないときの対処法についても合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
ビデオ内のショット間のトランジションを検出することにより、ビデオ映像を複数のシーンに自動的に分割します。UniConverterを使って、動画のシーンを自動検出する方法を詳しくご紹介します。
UniConverterを使って、動画ハイライトを自動検出する方法を詳しくご紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で