テキストに入力された文字を、Androidでも読み上げてくれるアプリが沢山あります。

最近では、AIを駆使したアプリも登場するなど、その進化は止まりません。

Androidでも利用できる音声読み上げアプリですが、そもそもどんなアプリなのか?おすすめのアプリには何があるのか?と悩む方も多いのではないでしょうか。

この記事では、Androidで利用できる音声読み上げアプリの内容や、おすすめのアプリについて紹介します。ぜひ参考にしてください。

UniConverter
All-in-one ツールボックス:動画/音声/画像変換、動画/音声ダウンロード、動画編集、録画、圧縮.....すべてできる!
UniConverter UniConverter

Part1.Androidの音声読み上げアプリとは?

Androidの音声読み上げアプリとは、スマホ上で読み上げたい文字を入力すると、自動的に機械の音声でナレーションをしてくれるものです。

このアプリを利用することで、目で見るだけでなく耳でも音を理解できるほかにも、目が悪い人や画面を見れない状況でもテキスト上の内容を理解できるので、とても便利です。

今ではテキストを読み上げるだけではなく、動画と組み合わせてナレーションを入れ、テレビの様に楽しめるようになりました。

自身の声を入れたくない、自分では出せない声で使用したい、マイクが使えない等の環境下でも活かせるなど、音声読み上げ機能は活動の幅を広げています。

従来はパソコンのみしか出来なかった機能が、Androidでも利用できることで、Androidでも作業をする方が増えました。

Part2.Androidの音声読み上げおすすめアプリ

Androidの音声読み上げできるおすすめアプリは以下の5つです。

  • CapCut
  • MOJIOTO
  • ゆっくり棒読みトーク
  • VITA
  • エフェクト付きボイスチェンジャー

それぞれの特徴やメリットデメリットを表にまとめ、詳しく解説します。

無料読み上げAndroidアプリ①:CapCut

無料読み上げAndroidアプリ①:CapCut

CapCutは、TikTokにアップするのに動画編集できる人気アプリです。

最大の特徴は、読み上げ方がまるで人がナレーションをしているような形で違和感がないこと。

途中で音声効果を変えたり、大きさを変えることも可能です。

読み上げる声の種類も

  • 風雅メゾソプラノ
  • 優しいレディー
  • 明るいハニー
  • 男子
  • 女子
  • 少女
  • お姉さん
  • カワボ
  • 有名人(ヒカキン等)

と幅広く対応しています。

テキストを音声で読み上げてくれますが、日本語と英語が混ざっていると英語を優先的に読み上げるときがあります。

その際は英語をカタカナにするなどの工夫が必要です。

メリット
  • まるで人がナレーションをしているように自然な読み上げ
  • 動画で読み上げを行う際、雰囲気に合わせた声をセレクトできる
  • 有名人の音声バリエーションも豊富
デメリット
  • 商用利用ができない
  • 入力した文字で、日本語と英語を混ぜると、英語のみを読み上げる

無料読み上げAndroidアプリ②:MOJIOTO

無料読み上げAndroidアプリ②:MOJIOTO

MOJIOTOは、様々な文章を読み上げてくれる便利なアプリです。

オリジナルの文章も読み上げ可能で、暗記の補助としても利用できるのが特徴。

読み上げ速度や音量などの細かい設定ができるため、自分好みにカスタマイズできます。

他にも、青空文庫内にある沢山の作品を読み上げるため、家事や運動中など画面を見られないときに読み上げてくれるところ。

本の読み上げや暗記に使用するときに

  • 声の高さ
  • 話す速さ
  • 声の大きさ

を自分好みに設定できるので、読み上げる文章を快適に聞けます。

メリット
  • 色んな文章を読み上げてくれる
  • オリジナルの文章でも適用でき、暗記にも利用可能
  • 読み上げる速度など細かい設定ができる
デメリット
  • 青空文庫作品の検索が不可
  • 作成したテキストをフォルダ分けができないため、整理が難しい

無料読み上げAndroidアプリ③:ゆっくり棒読みトーク

無料読み上げAndroidアプリ③:ゆっくり棒読みトーク

ゆっくり棒読みトークは、AquesTalkの音声ライブラリを使用したアプリです。

特徴は、名前の通り機械の音声で読み上げ、読み上げる音声にエコーをかけたり、音程を-7〜+ 7と幅広く設定できること。

読み上げる文章をほんわかとゆるやかに聞きたいという方に向いているアプリだといえます。

合成した音声はWAVファイルとして保存されるため、パソコンに転送して共有することも容易にできます。

商用目的として利用する場合、年間6,380円(税込)がかかるため注意しましょう。

メリット
  • 入力したテキストの読み上げを音声ファイルだけでなく、動画ファイルとして保存することも可能
  • 作成したファイルを共有できる
  • 音程を-7~+7と幅広く声のトーンを調整できる
  • 声色の種類が豊富
デメリット
  • 商用目的として利用する場合、年間ライセンス6,380円(税込)がかかる
  • 速度やピッチを数値化されていないため、同じ作品を作成するのが難しい
  • 再生できる文字数の制限がある

無料読み上げAndroidアプリ④:VITA

無料読み上げAndroidアプリ④:VITA

VITAは動画編集アプリとして世界中に愛されている動画編集アプリです。

アプリには「テンプレート機能」「倍速・逆再生」など様々な機能があり、その中に「音声読み上げ」機能も含まれています。

1文180文字という制限がありますが、簡単な動画でナレーションを読み上げ機能で使いたいという方に向いているといえます。

とはいえ、全ての機能が初心者でも簡単に利用できる仕様になっているため、手始めに音声読み上げを体験してみたいという方は、VITAから始めてみてはいかがでしょうか。

メリット
  • カメラアプリでお馴染みの「SNOW」が作成した会社が手がけている
  • 逆再生機能がある
  • 初心者にも優しいテンプレート機能が豊富
  • 楽曲や効果音の種類が豊富
デメリット
  • 1分180文字までの制限あり
  • 挿入する動画によっては音ズレが発生することがある

無料読み上げAndroidアプリ⑤:エフェクト付きボイスチェンジャー

無料読み上げAndroidアプリ⑤:エフェクト付きボイスチェンジャー

エフェクト付きボイスチェンジャーは、名前の通り声質をリスやロボットなど50種類以上の声質に分けて再生できるアプリです。

声を変化させるだけでなく読み上げ機能も搭載され、読み上げる声質もボイスチェンジャー機能により、自分好みの声質で読み上げます。

動画配信用の音声素材として利用したいと考えている方にはおすすめのアプリ。

他にも声でピアノを演奏するなど、ユニークで遊び心をくすぐる機能もあります。

他にはない声質をこのアプリで見つけてみませんか?

メリット
  • リスやロボットの声など読み上げる種類が50以上と豊富にある
  • 入力したテキストから読み上げる機能あり
  • ノイズが少なく高音質
  • 作成したファイルは、手軽にSNSで共有できる
デメリット
  • 元のボイスを保存しないと、後で使いたいときに再録音しなければいけない
  • 無料アプリゆえ、広告が定期的に表示される

関連記事:テキストや文章を無料で読み上げるかわいいサイトを紹介

Part3.テキストを音声読み上げするならUniConverter

UniConverter

無料ダウンロード
無料ダウンロード

もしAndroidのアプリで音声読み上げに関して問題が生じた場合、問題の解決策としてUniConverterがあなたの悩みを解決してくれます。

UniConverterは最新のAI技術を駆使し、あなたが思い描く音声・ナレーションを実現してくれるソフトなのです。

音声には

  • ナレーション
  • 広告
  • 教育
  • ソーシャルメディア
  • エンターテイメント
  • 会話

の6つのシチュエーションごとに分けられ、それぞれ3種類ずつの声質が振り分けられています。

プレビューで確認後、エクスポートで抽出という流れをたったの3ステップで完了してしまうのです。生成時間も90倍速と業界でもトップクラスの速さで行うので、ストレスを感じる暇を与えません。

他にも読み上げたファイルを形式変換したり、容量を圧縮したりと30種類以上の機能が搭載。他のソフトを揃える必要性がなく、全てUniConverter一本で問題を解決できます。

こんな画期的なソフトを使用し、音声を読み上げる方法について解説します。

Step1.UniConverterを起動後「テキスト読み上げ」を選択

「テキスト読み上げ」を選択

無料ダウンロード
無料ダウンロード

画面中央右側にある「テキスト読み上げ」をクリックしてください。

Step2.「テキストを入力」に文章を入力し、声質を選択する

「テキストを入力」に文章を入力

テキストを入力の部分に、読み上げたい文章やテキストを入力します。

その後、「オーディオタイプ」一覧から選択し、声のトーンを選択。選択後、画面右側にある「生成」をクリックしてください。

Step3.音声を作成を選択してファイルが完成

音声を作成を選択してファイルが完成

無料ダウンロード
無料ダウンロード

納得いく内容であれば、「エクスポート」をクリックしてください。自動的に格納先を表示します。

以上の流れで、音声読み上げファイルを作成できます。

まとめ

今回は、Androidでテキストを読み上げるアプリについて紹介しました。色んなアプリがありますが、UniConverterは簡単かつ思い描く作品を容易に作成できます。

6つのシチュエーションとシチュエーションごとに用意されている3つの声質。

これらは画像で表示されているので、初心者でも直感的に選択し、ファイルを生成する前に確認できるのです。

作成したファイルは、デバイスに転送したりと簡単に作業を行えます。読み上げ機能の他にも、動画編集や形式変換など、30種類以上の機能を搭載。作成したファイルの拡張子を再生したいデバイス用に変換したり、動画に挿入するなど、UniConverter一つで全ての作業を行えるのです。

こんな画期的なUniConverterを使用して、あなたが思い描くテキストを読み上げる作品を生成してみませんか?

UniConverter UniConverter

AI機能

1. AI動画処理+
  1. 1.1 動画翻訳おすすめソフト7選!選び方や便利な最新AIツールも紹介
  2. 1.2 YouTubeで字幕を自動翻訳する方法やおすすめのソフトを紹介
  3. 1.3 動画を高画質化できるおすすめソフト5選をご紹介
  4. 1.4 シーン検出とは?利用できる3つの動画編集ソフトを紹介
  5. 1.5 スマホで動画を高画質にしよう!おすすめの高画質化アプリ5選
2. AI画像処理+
  1. 2.1 写真・画像の解像度を上げる方法|おすすめツール6選も紹介!【PC&スマホ】
  2. 2.2 写真をきれいにするソフト&アプリ5選!操作方法も解説
  3. 2.3 解像度とは?画像の解像度を上げる方法とおすすめソフト・ツール5選
3. AIオーディオ処理+
  1. 3.1 テキストや文章を無料で可愛く読み上げるサイトを紹介
  2. 3.2 Googleのテキスト読み上げの使い方は?基本的な活用方法を紹介
  3. 3.3 自動音声読み上げソフト5選!多機能で使いやすいAI搭載品も紹介
  4. 3.4 iPhoneの読み上げ機能とは?使い方、メリット・デメリット、ほかのアプリについて紹介
  5. 3.5 Androidの音声読み上げアプリを紹介【2024年最新版】
  6. 3.6 Discordでテキストを読み上げる方法は?具体的なやり方や注意点を紹介
4. その他のAIツール+
  1. 4.1 脚本家とは?動画脚本を自動で作成してくれるサービス3選も紹介
  2. 4.2 音楽の自動生成AIサイト・フリーソフト5選!作曲のコツやツールの選び方も紹介
UniConverter
UniConverter