ホーム > 動画・音声簡単編集>簡単編集

解説動画・会社の説明動画の作り方やおすすめのソフトを紹介

編集者 Takashi • 2024-05-29 20:49:43

「解説動画ってなに?」

「解説動画や会社の説明動画の作り方やおすすめのソフトを知りたい」

あなたはこのような悩みを抱えていませんか?

この記事では解説動画の意味や解説動画を作成できるソフトについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

Wondershare UniConverter

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Part1.解説動画とは?

解説動画は、特定のテーマやトピックについて情報を提供し、視聴者の理解を深めるために作成された動画です。

教育的な目的で使用し、複雑な概念やプロセスを簡単でわかりやすい方法で説明するために見た目や音響効果を組み合わせて編集されています。

解説動画の制作には、明瞭なナレーション、理解を助けるイラストやアニメーション、そして時には実演やスクリーンキャプチャも含まれます。

初心者でも簡単に解説動画を作成できるソフトウェアが多数あり、豊富なテンプレートや機能を兼ね揃えているため、安心して作成できます。

教育、トレーニング、製品紹介、会社の説明など、様々な用途に利用可能です。

Part2.解説動画や会社の説明動画を作成するポイント

わかりやすい説明と見やすい動画編集

解説動画で必要なのは

● わかりやすい説明

● 見やすい動画

の2点を意識しながら作成しなければいけません。

なぜならば解説動画をみる人は基礎知識がない状態でみるため、わかりにくく内容が理解できなければ、途中で離脱される可能性があるからです。

そのため、見る人は初心者であると意識しながら「わかりやすい」「見やすい」の2点を意識しましょう。

言葉で解説するのが難しい場合は、イラストやグラフを利用してみてください。

視覚的で理解が深まる可能性も考えられます。

ミュート(消音)でも理解できる内容

視聴する方の環境を考慮し、音声がなくても内容が伝わる構成を心がけることも重要です。

公共の場所などで音声をオフにして動画を見る場合もありますので、音声依存のない動画作りが求められます。

このような状況でも見れるようにするためには、テキストやキャプションの使用が効果的です。

重要な情報を視覚的に伝えることができ、視聴者が内容を理解しやすくなります。

しかし、テキストの量が多すぎると視聴者が追いつけなくなる可能性があるため、ポイントを絞ったシンプルなメッセージに留めることが肝心です。

視聴する方が一目でキーポイントを把握できるように、要点を的確に伝えるデザインを選ぶことが重要です。

視聴するユーザーへの配慮

動画コンテンツを制作する際には、視聴者が使用するデバイスの多様性を考慮することが不可欠です。

特に、多くの人々がスマートフォンを通じて動画を消費する現代において、スマホの画面に最適化された動画作成が重要です。

パソコンのような大画面で読みやすいテキストやイラストも、スマートフォンの小さな画面では識別しにくくなることがあるため、テロップやビジュアル要素は、スマートフォンでの閲覧を念頭に作成しなければいけません。

視聴する方が快適に動画を楽しめるよう、どのデバイスでも視聴した時に違和感なく見れる動画が離脱されにくい作品となります。

Part3.解説動画や会社の説明動画の作り方の流れ

解説動画や会社の説明動画の作り方の流れとしては、以下のようにすすめていきます。それぞれの工程について詳しくみてみましょう。

動画の目的を設定する

動画制作の最初は、目的を明確にすることです。

教育、マーケティング、ブランディング、または単にエンターテインメントか、目的に応じて動画のトーンやスタイル、内容などが大きく異なります。

目的を設定することで動画の全体的な方向性が決まり、ターゲットオーディエンスにどのような価値を提供するかを明確にします。

目的を理解することで、メッセージが視聴者に響くようなストーリーテリングやビジュアルの選択がしやすくなります。

情報収集

次に、動画で伝えたいメッセージや情報を集めます。

この段階では、主題に関する深いリサーチを行い、動画で使用するデータや引用、事例研究、イラスト、写真、動画クリップなどの素材を集めます。

他にも競合他社の動画や業界のトレンドも分析して、独自性を持たせた内容を企画することが大切です。

情報の質と量が動画の信頼性と魅力を左右するため、慎重に選定しましょう。

企画構成

企画構成段階では収集した情報をもとに動画のストーリーボードを作成します。

このプロセスでは

● 動画のシナリオ作成

● シーンの順序決定

● ビジュアル

● ナレーションのマッチング

が含まれます。

動画の流れが論理的で、視聴者の注意を引きつけるように工夫することが重要です。

また、この段階で視聴者が最も関心を持ちそうなポイントを強調し、動画のキーメッセージを明確にします。

動画撮影

企画が固まったら、実際の撮影に移ります。

撮影には機材だけでなく、スマートフォンのような手軽なデバイスでも対応可能です。

撮影では、明るい照明を確保し、安定したカメラワークに注意しながら、ストーリーボードに沿ったシーンを撮影します。

場合によっては、アニメーションやスクリーンレコーディングを組み合わせることも効果的です。

動画編集

撮影した映像を編集することで、解説動画のインパクトが大きく変わります。

編集ソフトを使って、不要な部分のカット、シーンの並べ替え、トランジションの追加、テキストや特殊効果の挿入を行います。

音楽やサウンドエフェクトを加えることで、動画に感情的な深みやダイナミズムをもたらすします。

編集は視聴者の関心を維持し、メッセージを強化するための重要な工程です。

アップロード

完成した動画は、YouTube、Vimeo、会社のウェブサイトなど、適切なプラットフォームにアップロードします。

動画のタイトル、説明文、タグはSEO(検索エンジン最適化)を意識して慎重に選び、視聴者が容易に見つけられるようにします。

また、SNSでの共有やメールマーケティングを通じて、動画のプロモーションを行うことも効果的です。

Part4.解説動画を作成できるおすすめのソフト

解説動画を作成するためには、編集機能が備わったソフトが必要不可欠です。

今回紹介するのは以下のソフトです。

● UniConverter

● Adobe Premiere Pro

● PowerDirector 365

● Final Cut Pro

● Filme Video Editor

それぞれの特徴について解説します。

UniConverter

UniConverter

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterは、初心者でも簡単に操作ができる仕様になっています。

なぜかというと、各機能に絵が施されているため、直感的な操作ができるのです。

最大の特徴は、動画編集機能以外にも字幕の編集や形式変換・圧縮などの機能が30種類以上あり、それらが一つのソフトに集約されていること。

動画編集に必要なツールも20種類以上あり、必要な機能を一目で確認できます。

必要な機能

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterは他にも「自動脚本生成」もあるので、解説動画で流れに行き詰ったらサポートをしてもらうのもいいでしょう。

他のソフトでは見られない機能が豊富にあり、初心者にも優しく作成できるように気遣いがみられるのがUniConverterの強みだといえます。

メリット

● 初心者でも直感的な操作が可能

● 無料版でも有料版と同じ機能を利用できる

● 編集以外の機能が30種類以上ある

● 使い方がわからない場合YouTubeで解説動画がある

デメリット

無料版ではロゴ(ウォーターマーク)が入る

対応OS

Win・Mac

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proはプロフェッショナル向けの動画編集ソフトで、多彩な編集ツール、強力な色補正機能、幅広いフォーマットサポートを提供します。

高度なオーディオミキシング、グラフィック作成、エフェクト追加など、映画やテレビ番組、ウェブコンテンツ制作に必要な全てを備えています。

メリット

● プロも利用する動画編集ソフト

● 高度な編集ツールがある

● 業界標準で使用されている

デメリット

● 購入はサブスクのみで高額

● システムが複雑なため、初心者には難しい

対応OS

Win・Mac

価格

月額2,728円(税込)

PowerDirector 365

PowerDirector 365

PowerDirector 365は、初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応し、4Kや360度動画の編集が可能です。

サブスクリプションモデルを採用しており、最新の機能とコンテンツアップデートが定期的に利用できるのが特徴。

機能を組み合わせることで、効率的かつプロフェッショナルな動画制作をサポートします。

メリット

● 動画編集以外にもAIによる編集機能あり

● 大量のエフェクト、テンプレート、トランジションを含むライブラリでコンテンツが豊富

● 機能が豊富

デメリット

● 高度な編集機能で初心者には難しい

● 機能が多く、どれが使えるのかが初心者には大変

対応OS

Win

価格

● 12ヵ月プラン:8,980円(税込)

● 買い切り:16,980円(税込)

Final Cut Pro

Final Cut Pro

Final Cut ProはMacユーザーのみが利用できる動画編集ソフトです。

画質もキレイでコンテンツが豊富なことから、ハイレベルな解説動画を作成したい方にはオススメのソフト。

強力なメディア管理能力を備えており、4Kや360度ビデオの編集が可能です。

メリット

● Macの高速処理でストレスが軽減

● 最新のMacを使用することで、処理速度が増す

● 編集機能が豊富でプロも利用している

デメリット

● 値段が高い

● 一部の機能は有料のプラグインが必要

対応OS

Mac

価格

45,000円(税込)

Filme Video Editor

Filme Video Editor

Filme Video Editorは、動画編集に必要な基本機能が備わったソフトです。

家庭用のビデオやプレゼンなど様々なシーンに利用されており、動画編集をこれから始めようと考えている方やスピーディーに作成できることから、短時間で動画を作成したい方におすすめです。

メリット

● スライドショー作成ができる

● 最大8つのオーディオトラックを再生できる

デメリット

● 機能性が少ない

● テンプレートが少ない

対応OS

Win・Mac

価格

9,980円(税込)

まとめ

今回は解説動画の意味や作成方法について解説しました。

その中でもおすすめなのが「UniConverter」。UniConverterは動画編集はもちろんのこと、作成した動画を容易にSNSへとアップロードが可能。動画編集以外にも圧縮や形式変換などその数は30種類以上あります。

これらの機能が一つのソフトに集約されているので、他のソフトを揃える必要性もありません。

無料でも利用できるので、この機会にUniConverterで解説動画の作成に取り組んでみませんか?

無料ダウンロード 無料ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
人気記事
Androidでも利用できる音声読み上げアプリですが、そもそもどんなアプリなのか?おすすめのアプリには何があるのか?と悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では、Androidで利用できる音声読み上げアプリの内容や、おすすめのアプリについて紹介します。
テキストや文章を読み上げる機能は、パソコンソフトによく見られましたが、その機能はオンライン上でのサイトでも利用できるようになりました。サイト上でもただ読み上げるだけでなく、可愛い声で読み上げるなど、ボイスの種類が豊富なんです。この記事では、テキストや文章を可愛く読み上げる可愛いサイトを7つ紹介します。
Google Chromeはシェアの高いブラウザであり、画面録画(スクリーンレコーダー)機能を使って動画を保存することが可能です。今回は、Chromeの画面録画機能の使い方やメリット・デメリット、代替ツールについて紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で