Wondershare UniConverter

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で

  • 1000+の動画・音楽形式を超高速で簡単変換
  • ほかのコンバーターより90倍の速さ
  • ワンクリックで複数のオンライン動画をMP3として一括保存
  • 動画編集、画面録画、動画圧縮などの機能も満載

ソフト・サイト

1. 動画変換サイト+
  1. 1.1 URLからMP4動画に変換できるサイト8選
  2. 1.2 MP3をMP4に無料で変換できるおすすめサイト6選!選ぶポイントも解説
  3. 1.3 【厳選】MP3をWAVに変換できる無料サイト5選を紹介
  4. 1.4 OnlineVideoConverterの使い方
  5. 1.5 【厳選】ニコニコ動画をmp3に変換するオンラインサイト
  6. 1.6 オンラインでm3u8フアイルをダウンロード、MP4に変換できるサイトおすすめ
2. 動画変換ソフト+
  1. 2.1 簡単にDVDをMP4に変換できるフリーソフト7選
  2. 2.2 MP3からMP4にファイル変換できるフリーソフト5選
  3. 2.3 【おすすめ】wlmpをmp4・wmvに変換できるソフト5選
  4. 2.4 知らないと損! Macで動画フアイルを変換するソフト5選
  5. 2.5 MP4からWAVへ変換するソフトおすすめ5選(無料・有料)
  6. 2.6 DATファイルとは?DATファイルを拡張子変換できるツールを紹介
  7. 2.7 freemake実は無料変換ソフトではない?
3. 動画配信サービス+
  1. 3.1 Youtubeだけじゃない!おすすめの動画サイト8選!
  2. 3.2 おすすめの無料映画サイト10選
  3. 3.3 キャプチャーボードなしでSwitch配信はできる?理由や方法についても解説
  4. 3.4 ドラマの見逃し配信を視聴できるサイト6選!選び方も解説
  5. 3.5 Facebookライブのやり方は?配信できない時の対処法も紹介
  6. 3.6 おすすめのYouTube(ユーチューブ)で見れる無料映画13選

DVDのIFO・BUPファイルとは?ファイルの再生やMP4への変換方法について解説

編集者 Takashi • 2024-05-21 16:53:33

DVDの再生時、上手くいかずフォルダが展開されることがあります。その時に現れるのが「ifo」や「bup」という拡張子ファイルです。しかしifoやbupファイルはそのまま再生することはできません。今回はifoファイルや、MP4への変換ソフトについてご紹介します。

結論から言うと、後述する理由によりifoやbupはそのままで再生するには専用の再生ソフトを必要とするためやや手間がかかる傾向にあります。例えばiPhoneやandroidなどのスマートフォンに動画を入れ、出先で鑑賞する時、ifoファイルのままだとスマホ対応の再生ソフトが無い場合も多く、その場合は諦めざるを得ません。なのでifoをそのまま再生するよりも、一旦「mp4」などの汎用性が高く様々な再生プレイヤーで見ることが出来る形式に変換するのがおすすめです。形式変換ができるツールについては記事の後半でご紹介します。

uniconverter icon人気の動画変換ソフト:UniConverter(ユニコンバーター)

video merger
  • 約1000種類の動画・音楽形式に対応
  • これまでの90倍速く処理スピードアップ!
  • 見たまま操作が可能な優しい操作パネル
  • オンライン配信やセミナーを自由に画面録画
  • デバイスの容量管理に最適な圧縮機能も搭載
  • データのスマホ転送、DVD・CDに書き込みOK
safe download 安全・安心: 8,797,576人が使っています。

Part1.DVDのIFO・BUPファイルとは

動画用のDVDは、BUP、VOB、IFOといったファイル形式のファイルから構成されています。映像データは主にVOBファイルに格納されているのに対して、IFOファイルやBUPファイルはこうした映像データの補助的な役割を果たしています。

IFOファイルの概要

動画用DVDには、メニュー情報やチャプター情報、字幕情報、オーディオ設定、アスペクト比や画面フォーマットといった動画に関するメタデータが含まれています。こうしたメタデータを格納しているのがIFOファイルです。DVD再生ソフトは最初にIFOファイルを読み込んだのちに、DVDの映像内容を再生します。

IFOファイルはDVDのVIDEO_TSフォルダに、映像本体を格納したVOBファイルとともに入っています。ユーザーはIFOファイルを開かなくても、VOBファイルを直接開くことで、動画を視聴することができます。このため、ユーザーがIFOファイルを直接開く必要はありませんが、DVD用のオーサリングツールで開いたり、動画用DVDを作成する際にIFOファイルを作成したりすることは可能です。

BUPファイルの概要

BUPファイルとは、さまざまなアプリケーションが作るバックアップ用ファイルのことです。動画用DVDの場合、BUPファイルには、メタデータを格納しているIFOファイルのコピーとなっています。

DVD再生ソフトは、動画を再生する際にIFOファイルが不足していたり損傷していたりする場合には、IFOファイルの代わりにBUPファイルを読み込みます。このBUPファイルをもとに、DVDに格納された動画を再生することが可能です。BUPファイルのおかげで、DVDの信頼性を高めることが可能となります。

BUPファイルもIFOファイルと同様に、DVD再生ソフトやDVD用のオーサリングツールが利用するものです。ユーザーが直接BUPファイルを開くことはありません。

Part2.IFO・BUPファイルを再生するには?

IFOファイルの再生方法

IFOファイルを再生するには、DVDプレイヤーやDVD再生ソフトが必要となります。IFOファイルをダブルクリックすると、IFOファイルと関連付けられたDVD再生ソフトが開き、IFOファイルを読み込んだのち、映像が格納されているVOBファイルが再生されます。

IFOファイルを直接開いて編集したい場合でも、DVD用のオーサリングツールが必要です。VIDEO_TSフォルダ内にアクセスすると、BUPファイルやVOBファイルとともにIFOファイルがあるので、オーサリングツールでIFOファイルを開きましょう。

BUPファイルの再生方法

BUPファイルの正体は、IFOファイルをコピーしたものです。IFOファイルが破損もしくは不足している場合には、DVD再生ソフトがBUPファイルを使用します。このため、動画を視聴したいユーザーが直接BUPファイルを開くことはありません。

BUPファイルを再生するためには、BUPファイルの拡張子「.bup」を「.ifo」という拡張子に変更して、IFOファイルに書き換えるだけです。すると、DVD再生ソフトで拡張子を変更したBUPファイルを開くことができます。ただし動画用DVDは通常、書き込み不可なので、DVDをリッピングしたのち、抽出されたIFOファイルを編集する必要があります。

Part3.IFO・BUPファイルをMP4に変換できるソフト3選

IFOファイルにはDVDの動画についてのメタデータが格納されています。IFOファイルを編集することで、動画のアスペクト比や解像度などの情報を更新することが可能です。IFOファイルをMP4など動画ファイルに変換することは、こうしたIFOファイルに格納された情報を反映させる意味があります。以下では、IFOファイルをMP4に変換できるソフトを3つ厳選して紹介します。なお、BUPファイルはIFOファイルのコピーですので、BUPファイルをIFOファイルに書き換えたのち、MP4などの動画ファイルに変換することが可能です。

IFO・BUPファイルをMP4に変換ソフト1:Wondershare UniConverter

IFO・BUPファイルをMP4に変換ソフト:Wondershare UniConverter 

Wondershare UniConverterは、Wondershareが開発した多機能ファイル変換ソフトです。MP4、AVI、MKVなど様々な動画ファイル形式に対応するだけでなく、動画の編集や再生、DVDのリッピングや書き込みなど、動画用DVDに関する多くの機能を搭載しています。洗練されたUIでIFOファイルの読み込みも直感的な操作で簡単に行なえます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

対応OS

Windows、MacOS

主な機能

高速変換、動画のダウンロード、画面録画、DVDのリッピング、動画編集、動画再生、字幕の調整

メリット

IFOファイルの読み込み方法がわかりやすい

デメリット

商用DVDにかけられたプロテクトを解除できない

IFO・BUPファイルをMP4に変換ソフト2:Aiseesoft動画変換 究極

IFO・BUPファイルをMP4に変換ソフト:Aiseesoft動画変換 究極 

Aisensoft動画変換 究極は、H.264、Xvidなど500以上のファイル形式に対応した動画変換ソフトです。ビデオ強化技術により、動画の画質・音質を維持したまま変換することが可能です。また、DVDのリッピングや自作の動画用DVDの作成、動画のトリミングや字幕の挿入、ノイズの除去など、動画編集機能も搭載しています。

対応OS

Windows、MacOS

主な機能

高速変換、豊富な

動画編集機能、字幕・オーディオトラックの調整、動画に3D効果を追加

価格

1カ月ライセンス 4,100円

永久ライセンス 8,225円

※無料版あり

メリット

豊富なエンコード機能

デメリット

IFOファイルの操作がわかりにくい

IFO・BUPファイルをMP4に変換ソフト3:Movavi Video Converter

Movavi Video Converter 

Movavi Video Converterは、Movaviが開発した動画変換ソフトです。MP4、MKV、MOVなど多くの動画ファイル形式のほか、MP3、WAV、AACといった音楽形式ファイル、WEBP、PNGなどの画像フォーマットにも対応しています。複数のファイルの同時変換や動画のトリミング・クロッピング、字幕の追加といった動画編集機能、さまざまなデバイス用のプリセットが用意されています。

対応OS

Windows、MacOS

主な機能

高速変換、ビデオ圧縮、AIによるビデオのアップスケーリング

価格

7,100円(税込)

※7日間の体験版あり

メリット

AIを活用した動画編集が可能

デメリット

体験版の使用期間が短い

Part4.IFO・BUPファイルを変換するならWondershare UniConverter

IFOファイルやBUPファイルは動画用DVDのメタデータを含む重要なファイルです。IFOファイルを変換することで、映像を格納したVOBファイルを一括して1つの動画ファイルに変換することが可能です。また、IFOファイルをオーサリングツールで編集したのち、自分の好みの解像度やアスペクト比に直して、DVDに含まれている動画をカスタマイズすることも可能です。

こうしたIFOファイルやそのバックアップファイルであるBUPファイルを変換するのにおすすめなのが、Wondershare UniConverterです。洗練されたUIであるため、初心者には操作しづらいIFOファイルの取り扱いも容易に行なえます。

そこで、UniConverterを使ってIFOファイルをMP4に変換する手続きについて紹介します。BUPファイルについても同様で、拡張子を「.bup」から「.ifo」に変えてBUPファイルをIFOファイルに直したのち、別のファイル形式の動画に変換できます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterでIFO・BUPファイルをMP4に変換する手続き

Step1.UniConverterの立ち上げ

UniConverterを立ち上げ、画面上部に表示される「変換」タブをクリックします(①)。

UniConverterの立ち上げ 

Step2.IFOファイルの読み込み

画面左上に表示される「ディスク」アイコンをクリックし、「IFOファイルを読込」を選択します(②)。

IFOファイルの読み込み 

無料ダウンロード 無料ダウンロード

DVD内の「VIDEO_TS」フォルダにIFOファイルが保存されていますので、IFOファイルを選択しましょう(③)。

IFOファイルを選択 

DVDロードモードに切り換わるので、お好みの選択をします。今回は「メイン動画」を選択し、「OK」をクリックします(④、⑤)。

DVDロードモード 

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Step3.変換後のファイル形式や品質を設定

メイン動画がUniConverterに取り込まれるので、「出力形式を一括指定」を選択します(⑥)。

変換後のファイル形式や品質を設定 

お好みのファイル形式、品質を選びましょう(⑦)。

品質を選びましょう 

Step4.MP4ファイルに変換

元の画面に戻って「変換」を押すと、MP4ファイルが出力されます(⑧)。

MP4ファイルに変換 

Part5.IFO・BUPファイルに関するよくある質問

IFO・BUPファイルを直接開くことは可能ですか?

IFOファイルを開くためには、DVD再生プレイヤーやDVD再生ソフトが必要です。IFOファイルがDVD再生ソフトに関連付けられている場合には、VIDEO_TSフォルダ内のIFOファイルをダブルクリックすると、DVD再生ソフトが起動し、IFOファイルに格納されているメタデータをもとに、映像の入ったVOBファイルが再生されます。また、DVD用のオーサリングツールで、IFOファイルを開いて編集することも可能です。これにより、自分の好みのアスペクト比や解像度でVOBファイルの動画を再生することが可能となります。

BUPファイルを開くためには、BUPファイルに対応したDVD再生ソフトを利用する必要があります。あるいは、BUPファイルはIFOファイルのコピーなので、拡張子を「.bup」から「.ifo」に書き換えたのち、DVD再生ソフトやDVD用オーサリングツールで開くことが可能です。

IFO・BUPファイルを別の動画ファイル形式に変換することは可能ですか?

IFOファイルやBUPファイルには、DVDの動画に関するメタデータが含まれています。このメタデータに基づいて、複数存在するVOBファイルをMP4などのファイル形式をした1つの動画にまとめて変換することが可能です。

ただし、市販の動画用DVDの場合、データが暗号化されている可能性があります。そのため、DVDに掛けられているプロテクトしないと、IFOファイルやBUPファイルを別の動画形式のファイルに変換できません。日本の法律ではDVDに掛けられたコピーガードの解除は違法ですので、注意が必要です。

まとめ

IFOファイルやBUPファイルは動画用DVDを管理する役割を担うファイルです。DVDに格納された映像データに適切に字幕を付けたり、アスペクト比や解像度を設定するためのメタデータが含まれています。

こうしたIFOファイルやBUPファイルをDVD用のオーサリングツールで編集し、自分の好みの設定で映像を視聴することが可能となります。DVDの映像をカスタマイズして別の動画ファイルに変換したい方は、ぜひIFOファイルを活用してみてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
Takashi

Takashi

staff 編集者

リソース > 動画変換ソフト > DVDのIFO・BUPファイルとは?ファイルの再生やMP4への変換方法について解説