Wondershare UniConverter

動画の変換、編集、圧縮、録画など「すべてこれ一本」

  • 1000種類以上の動画・音楽形式(mp4/mp3など)を超高速変換
  • 見やすいインターフェースで簡単に動画の変換・圧縮・結合が可能
  • 1クリックで複数のオンライン動画を一括保存
  • 動画変換だけでなく強力な動画編集の機能を標準搭載

ソフト・サイト

1. 動画変換サイト+
  1. 1.1 URLからMP4動画に変換できるサイト8選
  2. 1.2 MP3をMP4に無料で変換できるおすすめサイト6選!選ぶポイントも解説
  3. 1.3 【厳選】MP3をWAVに変換できる無料サイト5選を紹介
  4. 1.4 OnlineVideoConverterの使い方
  5. 1.5 【厳選】ニコニコ動画をmp3に変換するオンラインサイト
  6. 1.6 オンラインでm3u8フアイルをダウンロード、MP4に変換できるサイトおすすめ
2. 動画変換ソフト+
  1. 2.1 簡単にDVDをMP4に変換できるフリーソフト7選
  2. 2.2 MP3からMP4にファイル変換できるフリーソフト5選
  3. 2.3 【おすすめ】wlmpをmp4・wmvに変換できるソフト5選
  4. 2.4 知らないと損! Macで動画フアイルを変換するソフト5選
  5. 2.5 MP4からWAVへ変換するソフトおすすめ5選(無料・有料)
  6. 2.6 DATファイルとは?DATファイルを拡張子変換できるツールを紹介
  7. 2.7 freemake実は無料変換ソフトではない?
3. 動画配信サービス+
  1. 3.1 Youtubeだけじゃない!おすすめの動画サイト8選!
  2. 3.2 おすすめの無料映画サイト10選
  3. 3.3 キャプチャーボードなしでSwitch配信はできる?理由や方法についても解説
  4. 3.4 ドラマの見逃し配信を視聴できるサイト6選!選び方も解説
  5. 3.5 Facebookライブのやり方は?配信できない時の対処法も紹介
  6. 3.6 おすすめのYouTube(ユーチューブ)で見れる無料映画13選

無料で使える動画投稿・共有サイト10選!YouTube以外のサイトも紹介

編集者 Takashi • 2024-05-21 16:52:42

近年では、動画を投稿して情報発信したり、プラットフォームを活用して動画を共有する方が増えつつあります。しかし、「どのサービスで動画を投稿したらいいんだろう?」「特定の人だけに動画を見てほしい」と悩む方も少なくありません。

そこで今回は、無料で利用できる動画投稿・共有ができるサービスを紹介します。YouTube以外に利用できるプラットフォームを紹介しているので、動画の投稿や共有に興味のある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

uniconverter icon1クリックでWeb上の動画をダウンロードできるソフト:UniConverter

Wondershare UniConverter
  • 1000+サイトの動画を高速ダウンロード
  • お好みの動画を自由に録画
  • 25種類の搭載機能で他のアプリやソフトを開かず作業OK
  • ダウンロード後の動画編集/圧縮/変換などまとめて作業可能
  • 分かりやすいインターフェイスと簡単な操作
  • 変換された動画・音楽を再生、スマホへの転送、DVD・CDに書き込むことが可能
safe download 安全・安心: 8,797,576人が使っています。

Part1.無料で使える動画投稿・共有サイト6選!

それでは、無料で使える動画投稿・共有サイトを紹介します。各サービスの特徴を詳しく解説するので、自分にあったプラットフォームを利用してみてください。

幅広いジャンルが充実の動画投稿サイト:YouTube

YouTubeは、国内外で人気の動画共有サイトの一つです。近年ではYouTubeでの発信活動を職業にする方も多く、最長12時間の動画を投稿できることはYouTubeの魅力といえるでしょう。また特定のリンクを共有しただけが視聴できる【限定公開機能】も無料で利用できるので、会社の教育動画や商品などのマニュアル動画などの共有にも最適といえるでしょう。幅広いジャンルの動画が存在するので、さまざまなコンテンツを視聴したい方におすすめです。

幅広いジャンルが充実の動画投稿サイト:YouTube

最大ファイルサイズ

無料版:500MB

有料版:256GB

動画の最長時間

ファイルサイズ内であれば無制限

限定公開機能

あり(有料会員限定)

対応拡張子

.MOV/.MPEG-1 /.MPEG-2/.MPEG4/.MP4/.MPG/.AVI/
.WMV/.MPEGPS/.FLV3GPP/.WebM/.DNxHR/.ProRes/.CineForm/.HEVC(h265)

参考:YouTubeヘルプ

メリット
  • 無料で利用できる
  • 国内外のユーザーが多い
  • 収益がのチャンスがる
デメリット
  • 広告が表示される
  • 一部機能が有料

関連記事:YouTube動画をMP3に変換できる無料サイト

動画の販売・レンタルができる動画サイト:Vimeo

Vimeoはアメリカで人気の動画投稿サイトの一つです。ビジネスパーソンに嬉しい機能が多数搭載されています。例えばVimeoでは【動画を販売できる機能】が利用できるので、自身のノウハウをまとめた情報商材を販売することが可能です。限定公開やパスワード設定などにも対応しているので、機密性の高い情報の共有にもピッタリのサービスといえるでしょう。ただしYouTubeと違い、動画の販売やパスワード設定などを活用するには有料プランへの契約が必要です。したがってVimeoの機能をより活用したい方は、有料プランの利用を検討してください。

動画の販売・レンタルができる動画サイト:Vimeo

最大ファイルサイズ

無料版:500MB

有料版:256GB

動画の最長時間

ファイルサイズ内であれば無制限

限定公開機能

あり(有料会員限定)

対応拡張子

.MP4/.MOV/.WMV/.AVI/.FLV など

参考:Vimeo ヘルプセンター

メリット
  • 広告が表示されない
  • 動画コンテンツを販売できる
  • 公開セキュリティが高い
デメリット
  • 無料版では利用できる機能が少ない

Vimeoはアメリカで人気の動画配信サービスの一つです。ビジネスパーソンに嬉しい機能が多数搭載されています。例えばVimeoでは【動画を販売できる機能】が利用できるので、自身のノウハウをまとめた情報商材を販売することが可能です。限定公開やパスワード設定などにも対応しているので、機密性の高い情報の共有にもピッタリのサービスといえるでしょう。ただしYouTubeと違い、動画の販売やパスワード設定などを活用するには有料プランへの契約が必要です。したがってVimeoの機能をより活用したい方は、有料プランの利用を検討してください。

海外の人気コンテンツが視聴できる動画サイト:Dailymotion

Dailymotionは、月間3億人以上のユーザーが利用している動画配信サイトです。YouTubeと違い広告収益が得やすいことから、副業として始める方が一定数見られます。最大2時間までの動画を投稿できるので、長尺コンテンツを発信したい方でも気軽に活用できるでしょう。ただしDailymotionは日本人以外のユーザーが多いプラットフォームです。そのため日本人に向けた情報発信には不向きかもしれません。また限定公開などの機能は利用できないので、特定のユーザーだけへの動画投稿をする際は別のサービスを利用しましょう。

海外の人気コンテンツが視聴できる動画サイト:Dailymotion

最大ファイルサイズ

2GB

動画の最長時間

最大2時間(1日最大10時間まで)

限定公開機能

なし

対応拡張子

.MOV/.MPEG4/.MP4/AVI/WMV/MKV/FLV

参考:Dailymotion support

メリット
  • 無料で利用できる
  • 収益化がしやすい
  • 世界各国のユーザーに情報発信ができる
デメリット
  • 広告表示が多い
  • 日本人ユーザーが少ない
  • 一日投稿できる数が限られている

中国で圧倒的な人気動画配信サイト:bilibili

bilibiliは、「中国版YouTube」と呼ばれている動画配信サイトです。基本的なユーザーは中国の方々ですが、近年では中国に向けた発信活動を目的に日本の方も動画投稿を行っています。日本よりも人口の多い国なので、注目されると一定以上の人気を獲得できるでしょう。一方でbilibiliはサイトのデザインが中国になっています。そのため適切に操作するには、中国語を理解する必要があるでしょう。また現在は日本のスマホからはアクセスできないサービスなので、基本的には中国ユーザーに向けた情報発信になることに注意してください。

中国で圧倒的な人気動画配信サイト:bilibili

最大ファイルサイズ

4GB

動画の最長時間

不明

限定公開機能

なし

対応拡張子

.mp4/.flv/.avi/.wmv/.mov/.Webm/.mpeg4など

参考:bilibili ヘルプセンター

メリット
  • 無料で利用できる
  • 中国ユーザーにアプローチが可能
デメリット
  • 一定の中国語の理解が必要
  • 日本のスマホからはアクセスできない

関連記事:【無料】bilibili動画を高画質でダウンロードできるサイトTOP5!>>

日本最大級の動画サイト:ニコニコ動画

ニコニコ動画は、他のプラットフォームとは違ったコメント機能が特徴の任本動画投稿サイトです。弾幕式でコメントが表示されるので、視聴者の声をリアルタイムで確認できます。また最長6時間までの動画を投稿できることも、ニコニコ動画の魅力といえるでしょう。ただしニコニコ動画はエンタメコンテンツが人気になる傾向があるため、ビジネス系の情報発信には不向きかもしれません。とはいえ限定公開機能は利用できるので、特定のユーザーを対象にした動画投稿をすることが可能です。

日本最大級の動画サイト:ニコニコ動画

最大ファイルサイズ

3GB

動画の最長時間

6時間

限定公開機能

あり

対応拡張子

.mp4(推奨)

参考:ニコニコヘルプ

メリット
  • 無料で利用できる
  • ユーザーとの距離感が近い
  • 注目されやすい
デメリット
  • 画質が高くない
  • 収益率が低い

大人向け動画におすすめな動画サイト:FC2

FC2は、さまざまなジャンルを取り扱っている動画配信サイトの一つです。YouTubeのようにエンタメジャンルだけではなく、18歳以上を対象にしたアダルトコンテンツも取り扱っています。そのため、大人向けの動画に興味がある方や、発信活動をしたい方におすすめといえるでしょう。ただし無料会員は動画の視聴速度が低速であり、一日の視聴制限が設けられています。また有料化員と無料会員では投稿できる容量に違いがあるので、FC2を利用する方は注意しましょう。

大人向け動画におすすめな動画サイト:FC2

最大ファイルサイズ

無料会員:1GB

有料会員:4GB

動画の最長時間

2時間

限定公開機能

有料会員を対象にした公開範囲設定のみ可能

対応拡張子

.flv/.avi/.mov/各種MPEGなど

参考:FC2ヘルプ

メリット
  • 基本的な無料で利用できる
  • 投稿動画の規制がゆるい
デメリット
  • アダルト視聴のユーザーが多い
  • 無料会員は視聴制限がある

関連記事:【最新版】FC2動画をダウンロードする方法7つまとめ>>

info-avater-girl
UniConverterは、動画変換や編集、動画ダウンロードなど、さまざまな動画関連の機能を提供するソフトウェアです。ダウンロードしたいオンラインビデオのURLをコピーして、ニコニコ動画やVimeo、YouTubeなど、さまざまなオンラインビデオサイトからダウンロードすることができます。

Part2.「YouTubeだけじゃない!」YouTube以外の動画投稿・共有に使えるSNS4選!

次に、Webサイト以外に使用できる動画を投稿できるサービスを見ていきましょう。

おしゃれな動画が人気:Instagram

Instagramは、国内外で人気の画像・動画投稿SNSです。ユーザーからダイレクトに評価をもらえる「いいね」や「コメント」などの機能があるので、自身が作った動画の評価の確認に活用できるでしょう。魅力的なコンテンツを投稿することで、多くのユーザーがファンになってくれる可能性もあります。一般的な動画配信サイトに比べると投稿できる動画の尺は短いですが、ショート動画を活用したい方にはおすすめといえます。ただし【リプライ】などの拡散機能はないので、Instagramを利用する際はユーザーとのコミュニケーションを大切にしましょう。

おしゃれな動画が人気サイト:Instagram

最大ファイルサイズ

3.6GB

動画の最長時間

ストーリーズ:60秒

リール動画:90秒

フィード:60分

限定公開機能

なし

対応拡張子

.MP4/.MOV(推奨)

参考:Instagram ヘルプセンター

メリット
  • 無料で利用できる
  • 国内外のユーザーが多い
  • ブランディングにつながる
デメリット
  • フィードのデザインが重要になる
  • 拡散力が高くない

関連記事:Instagramのリール動画をダウンロード・保存する方法を徹底解説!

若年層に人気のSNS:TikTok

TikTokは、10代〜20代前半に人気の動画配信SNSです。フォロワー数に関係なく一定数は必ず再生されるので、人気を集めやすいSNSといえるでしょう。ショート動画しか投稿できないデメリットはありますが短尺動画が好きなユーザーが集まっているので、利用する際に大きな支障はありません。また近年はTikTokで収益化ができるので、副業としても活用できるでしょう。ただしTikTokは流れやすい動画プラットフォームでもあるので、動画の冒頭で視聴者の心を掴む工夫を行いましょう。

若年層に人気のSNS:TikTok

最大ファイルサイズ

iOS:287MB

Android:72MB

動画の最長時間

ストーリーズ:15秒

フィード:60秒

限定公開機能

なし

対応拡張子

.MPEG-4(MP4)/.MOV/.MPEG-2/.3GPP/.AVI

参考:TikTok ヘルプセンター

メリット
  • 無料で利用できる
  • 拡散率が高い
  • 若年層にアプローチしやすい
デメリット
  • ショート動画以外は投稿できない

圧倒的な拡散力:X(旧:Twitter)

X(旧:Twitter)は、テキストが中心のSNSですが、近年では動画投稿をするユーザーが多く見られます。というのも有料プランに契約している方は最大60分の動画ができる仕様になりました。そのため自身で作成した動画や学習動画などを投稿してユーザーの反応を分析できるのです。また他のSNSよりも拡散機能が非常に高いので、ちょっとのきっかけで注目を集められるかもしれません。より多くのユーザーに情報を発信したい方は、Xを使ってみるとよいでしょう。

圧倒的な拡散力:X

最大ファイルサイズ

512MB

動画の最長時間

無料版:2分20秒

有料版:60分

限定公開機能

なし

対応拡張子

.MP4/.MOV

参考:Xヘルプセンター

メリット
  • 無料で利用できる
  • 拡散率が高い
デメリット
  • 動画に特化したサービスではない

関連記事:Twitter(X)の動画保存サイト9選!ツイッター動画のダウンロード(DL)方法も解説

ビジネスパーソンにおすすめ:Facebook

Facebookは、40代以上の方やビジネスパーソンに利用されているSNSです。最大240分の動画を投稿でき、リテラシーが高いユーザーにアプローチできることが特徴といえるでしょう。動画メインのプラットフォームではありませんが、視聴者の興味を引くコンテンツを投稿すると一定数の注目は期待できます。ただしTikTokやX(旧:Twitter)に比べると、拡散力は高くありません。したがってFacebookは、特定のユーザーに向けた動画を投稿・共有したい方におすすめのサービスといえるでしょう。

ビジネスパーソンにおすすめ:Facebook

最大ファイルサイズ

4GB

動画の最長時間

240分

限定公開機能

なし(友達限定はあり)

対応拡張子

.MP4/.MOV

参考:Metaビジネスヘルプセンター

メリット
  • 無料で利用できる
  • ビジネスパーソンのユーザーが多い
  • グループコミュニティがある
デメリット
  • 若年層へのアプローチは期待できない
  • 拡散力が高くない

関連記事:ブラウザから動画をダウンロードできるサイト7選

Part3.無料で使える動画投稿・共有サイトやツール選び方

前述では、無料で利用できる動画投稿・共有ができるサービスを紹介しました。しかし、「結局どれを使えばいいんだろう...?」と悩む方もいるかもしれません。ここでは、使用するツールの選び方を見ていきましょう。具体的には下記の通りです。

★使用用途

★最大ファイル容量

★利用できる機能

順番に解説します。

使用用途

動画投稿をする目的によって、使用するサービスを決めてみましょう。例えば収益を目的にするなら、【YouTube】や【TikTok】などがおすすめです。情報共有のために使用するなら、【YouTubeの限定公開】や【Vimeo】などが活用できるでしょう。また各プラットフォームによってユーザーの年齢や性別、職業が異なるので、情報発信がしたい方はターゲットが利用するサービスを利用することが大切です。

最大ファイル容量

最大ファイル容量が少ないサービスを利用すると、動画の画質が悪くなる可能性があります。したがって品質にこだわる方は、できるだけ大容量のファイルがアップロードできるサービスを利用しましょう。例えば【YouTube】は256GBまでの対応しているので、比較的高画質な動画を提供できます。【ニコニコ動画】やSNSアプリなどは容量が少ないため、画質にこだわったコンテンツには不向きかもしれません。しかし近年は容量を抑えて高画質にする方法があるので、それらのやり方も勉強してみるとよいでしょう。

使用できる機能

使用できる機能は、サービスによって異なります。例えば【YouTube】は完全無料で利用できますが、パスワードを設定した動画投稿には対応していません。一方で【Vimeo】の有料プランに登録すればパスワード投稿が利用できるので、機密性の高い情報の共有に最適といえます。各ツールによって利用できる機能や料金が異なるので、自分の目的にあったサービスを活用しましょう。

Part4.動画投稿サイトに共有するコンテンツを作成するならUniConverter

UniConverterは高品質な動画変換や、ネット上のさまざまな動画を手軽に保存できる高性能ソフトです。動画変換機能を活用すれば、さまざまなWebサイトに適した拡張子に変換できます。動画の圧縮にも対応しているため、容量の大きい動画の投稿・共有にもおすすめです。動画編集機能も搭載されているため、編集から変換までの作業を一貫できます。

動画編集機能

全ての機能を直感的に利用できることも、UniConverterの魅力といえるでしょう。UniConverterは無料でダウンロードできるので、高品質なツールを活用したい方は、ぜひインストールしてみてください。

UniConverterで動画を変換する方法

ここでは、UniConverterを使用して、投稿する動画をプラットフォームに適切な状態に変換する方法を見ていきましょう。具体的には、下記の通りです。

  • UniConverterの【変換】をクリックする
  • 変換する動画をアップロードする
  • メニューの【WEBビデオ】を選択する
  • 任意のプラットフォームを選択する
  • 【変換】をクリックする

 UniConverterで動画を変換する方法

UniConverterは高速変換に対応しているので、数秒でコンテンツを変換することが可能です。操作方法は非常に簡単なので、ぜひ活用してください。

まとめ:無料の動画投稿・共有サイトを活用して発信活動に取り組もう!

動画を投稿・共有できるサイトやツールは多数存在します。各サービスによって特徴や機能は異なるので、自分の利用目的にあったプラットフォームを活用しましょう。

もし動画投稿サイトのコンテンツを保存する際は、UniConverterを活用してください。多種多様な機能が搭載されていながら直感的に使えるソフトは多くありません。UniConverterが気になる方は、ぜひ無料ダウンロードをしてみましょう。

安全・安心マルウェアなし | 広告なし

警告

違法にアップロードされたコンテントの二次使用/商用利用等は法律で禁止されています。
ご利用は自己責任でお願いいたします。

UniConverter(ユニコンバーター)は動画を自由に録画できるだけでなく、動画変換や動画圧縮など実用的な機能が多数搭載されています。約1,000種類以上の動画/音声形式に対応でき、複数ファイルの一括で作業効率大幅にアップします。詳細は動画変換動画圧縮をご参照下さい。

【機能数25種類】パワーアップしたWondershare UniConverter

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
Takashi

Takashi

staff 編集者

リソース > 動画配信サービス > 無料で使える動画投稿・共有サイト10選!YouTube以外のサイトも紹介