Home > 動画の簡単編集>簡単編集

詳細!無料版Filmoraのロゴを消す方法3選

by Takashi • 2021-09-27 09:41:24 • Proven solutions

0

Wondershareソフトウェア会社が販売している「Filmora」は、シンプルながらプロ級の動画編集ソフトです。また、Filmoraソフトを使用してロゴを消す方法が知りたい、という人もいます。この記事では、無料版Filmoraのロゴを消す方法について解説していきます。

方法1:有料版Filmoraにアップグレードしよう

Filmoraには、無料版と有料版の2種類があります。編集機能的には、無料版と有料版には違いはありません。しかし、映像としてアップロードした際、「Filmora」の透かしロゴが入るか、入らないかの違いがあります。初心者の人がFilmoraを使用する場合、まずは無料版から試してみて、機能を理解した上で、有料版に移行する方法が望ましいでしょう。また、無料版から有料版に切り替える方法は、有料版を購入した後、「ID」と「パスワード」が表示されます。次に、編集画面から入力すると、手続きが完了します。

また、Filmoraの有料版は価格が7,980円となっています。数ある映像ソフトの中でも比較的値段が安いです。永久ライセンスだと7,980円、1年分のライセンスだと6,980円となっています。永久ライセンスというのは、アップデードを含めライセンスを購入したソフトウェアバージョンを生涯使用できることです。

また、WindowsとMac、両方持っている場合、1つのライセンスを購入すればどちらも利用できるのか?という質問もありますが、WindowsはWindowsのみ、MacはMacのみで稼働します。なので、両方で使用したい場合は、そのOSに該当するライセンスが必要です。 

方法2:動画ロゴを削すツールを使用する

保存した動画を再生、編集する際ロゴが表示されていたら嫌な気分になる、という人もいるのではないでしょうか?動画ロゴを消すには、UniConverterソフトを使用するのがおすすめです。ここからは、UniConverterの「透かし隠し」機能でロゴを消す方法と、透かし追加機能について紹介していきます。

UniConverterの「透かし隠し」機能でロゴを削す方法は

UniConverterでは、動画に透かしを簡単に追加や削除できます。投稿した動画を偽造されないようにする為用いられることがあります。例えばYouTubeの長編動画やSNSにおける短編映像などを「透かし隠し」機能を使って偽造されないようにしてみましょう。ここからは、UniConverterの「透かし隠し」機能を使用してロゴを消す方法を紹介していきます。

動画のロゴまたは透かしを削除

  1. UniConverterソフトを起動させ、画面左側のタブから「ツールボックス」を開いて、その中から「透かし隠し」を選択します。
  2. 透かしを削除したい動画を、ドラッグアンドドロップにより追加します。または、「ここに動画を追加またはドラッグして開始します」をクリックして、ファイルを選択します。
  3. 「領域を選択」をクリックし、画面内に透かし部分を指定する枠が表示されます。その枠を拡大や縮小することも可能です。また、新たにクリックして追加することも可能です。
  4. 領域の選択が終わったら、「透かしを隠す」をクリックします。その後動画を保存し、選択した領域だけモザイク処理が行われます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

透かしを追加する方法も紹介

UniConverterでは、透かし追加する手順は4ステップで完了します。ここからは、UniConverterの透かし追加機能の手順を紹介していきます。

動画のロゴまたは透かしを追加

  1. UniConverterソフトを起動させ、画面左下のタブから「動画編集」を選択します。動画編集では、6つのツールが表示されるので、「透かし」を選択しましょう。
  2. 次に、画像かテキストの透かし素材を追加して、位置を変更します。
  3. 続いて、編集した動画フォーマットとサイズを決定します。特にこだわりがない場合は、「オリジナルと同じ」を選択しましょう。
  4. 最後は、動画変換の「開始」を選択します。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

方法3: 他の無料編集ソフトがお勧め

Windowsユーザー向け-AviUtl

AviUtlは、動画編集のあらゆる操作を行ってくれるソフトです。AviUtlは、Windows用に開発された無料で使用できる動画編集ソフトとして人気です。有料ソフトに引けを取らない高度な編集機能が特徴です。編集機能は、動画のファイル読み込み、編集、保存、動画の分割結合、消去、動画のリサイズ、トリミング、シーンチェンジ、色の合成、加工、動画の逆再生など幅広い動画編集機能が搭載されています。

Macユーザー向け-iMovie

iMovieは、操作が簡単で動画編集初心者でも操作が難しくなく取り組めるアプリです。また、初心者でも比較的クオリティの高い動画が作成できると評判です。またiMovieはMac製品で使える動画編集ソフトでもあります。iMovieで動画編集できる機能は、動画のトリミング、字幕やタイトルなど文字の挿入、BGMなど音楽の挿入、動画素材の追加、SNSへのシェア、フィルタ加工などの機能が搭載されています。

【まとめ】

Filmoraのロゴを消すにも方法はさまざまで、無料版や有料版、また、UniConverterソフト、その他の無料編集ソフトなどがあります。ですが、Filmoraの無料版と有料版は使いたくないという人には、UniConverterソフトを使用してみましょう。初心者にも分かりやすいような機能なので、操作もしやすいです。是非利用してみて下さい。

関連ソフトおすすめ:

Wondershare UniConverter

何でも変換できる!万能動画変換ソフト - Wondershare UniConverter

無料ダウンロード 無料ダウンロード

人気記事
今回はオートリフレーム機能について紹介したのちにオンラインで動画の画角をリサイズするサイト3選とPCで動画をオートリフレームするソフト3選を紹介します。ぜひ読んでください。
ここでは無劣化でMP4を分割できる、Windows向けのおすすめ編集ソフトをランキング形式で紹介します。
動画の前後の不要な部分を取り除く編集作業であるトリミングや不要な部分やシーンを削除するカットは、素人でも身近なものとなってきました。Win10やMacパソコンでこれらの編集作業を行う方法を紹介します。
フレーム補間とはフレームレートを増やすときに用いられる動画の編集技術です。この記事ではフレーム補間の概要と、無料のソフトを使った簡単な方法を紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

0 Comment(s)

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で