Home > 動画の簡単編集>簡単編集

【情強向】動画を高画質化するフリーソフト&サイトまとめ

by Takashi • 2022-07-06 17:50:04 • Proven solutions

友達との旅行で撮った動画やお子さんのイベント事で撮影した動画をいざ見返したりすると画質が思っているよりも悪く落ち込んでしまったことはないでしょうか。また、お気に入りのテレビを録画したが、画質が悪くて気持ちが沈んでしまったことは皆様経験したことがあるかと思います。

そのような場面に直面した時の対処方法として、動画の画質を良くするという方法がございます。今回は、動画の画質を上げるための方法とそのために必要なフリーソフトやサイトを皆さんにおすすめしていきたいと思います!高画質な動画にして思う存分に楽しみましょう!

【パート1】動画を高画質化するには

動画を高画質化するためには、まずフリーソフトやオンラインサイトを使用することが先決であるかと思います。原理としては、ほとんど色補正を行うことにより、動画の画質の向上を図ることになります。実際、720pといった低解像度動画を4Kなどに拡大しても高画質で綺麗に表示させることはなく、あくまでも色補正を行って動画を目で見やすくさせるようにしています。

それでは、実際にフリーソフトやオンラインサイトを利用して、動画を高画質化する方法を解説していきたいと思います。自分に合ったソフトやサイトを探してみてください!

【パート2】動画を高画質化するフリーソフト5選紹介

1、UniConverter(ユニコンバーター)

動画の変換や編集、圧縮、録画など、多様な用途で使用でき、すべてこのソフト一本で完結できる理想的なソフトウェアになります。1000以上の動画や音楽形式を超高速で簡単に変換できたり、ほかのソフトウェアよりも90倍もの速さで取り込みができすること。また、ワンクリックで複数のオンライン動画をMP3として一括保存できたり、動画編集や画面録画、動画圧縮などの機能がついていることも大きな特徴です。

動画を高画質化するフリーソフト

無料ダウンロード 無料ダウンロード

正直、動画を何かしようとするのであれば、これ一本で完結でき、初心者でも簡単に操作できるので、たくさんの方におすすめしたいソフトになります。
これでは実際にUniConverterで動画を高画質化する手順を解説いたします。

Step 1インストール&起動

まずは、インストールを行ってください。インストールが完了したら、UniConverterのソフトアイコンをダブルクリックして起動します。その後 高画質化したい動画ファイルをUniConverterの画面にドラッグするか、「+」ボタンをクリックし動画ファイルを追加します。

動画を高画質化するフリーソフト

Step 2動画の編集

歯車の設定ボタンをクリックして、エンコードを行います。画質や解像度、圧縮などの設定を行い、動画を高画質にしていきます。レビューをクリックすると確認も行うことができます。

動画を高画質化する

Step 3設定を完了

レビュー確認後、問題なければ、完了をクリックして終了です。手順はとても簡単なのでさくさくたくさんの動画を高画質化することが可能です。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

2、VideoProc

動画の画質を良くするには、VideoProcを使用して、明るさや彩度、色調、フレームなどのパラメーターを細かく変更する方法もございます。
また、VideoProcにはビデオの安定化やノイズ除去、レンズ補正など機能が搭載されておりますので、動画の画質を良くする方には非常に役に立つソフト言えるでしょう。MP4やMOV、AVI、WMVなど多彩な形式にも対応しており、カット・分割・トリミング・結合、字幕追加、回転、再生速度変更などの編集機能の優れておりますので、使用感は抜群です。
使用方法も簡単でありますので、こちらも初心者を含め多くの方におすすめできる動画変換ソフトになります。

3、macXvideo

macXvideoは、初心者向けに開発された完全無料の動画変換ソフトになります。もちろん高画質化の動画編集機能も無料で利用することが可能です。macXvideoの編集機能を使用して、動画の明るさやガンマ・コントラストなどのパラメーターを変更することで動画の画質を向上することができます。

こちらのソフトのデメリットとしては、日本語に対応していない部分になります。とてもシンプルで使いやすくはなっていますが、英語で書かれているだけで抵抗感を示される方も多いかと思います。

4、vReveal

vRevealでは、画像の揺れや暗さ、ノイズ、不明瞭さを取り除いて高画質化していきます。

vRevealも無料で使用することが可能ですが、無料で利用できる機能が少ないためその点は注意が必要です。プレミアム版にはさらなる改善やもっと多くの編集オプションが含まれています。

5、Video Enhancer

Video Enhancerは、低解像度の動画映像を高解像度で滑らかな映像に変換できることが特徴です。Video Enahancerでは、動画を高画質にするために「Simple」モードと「Advanced」モードの2つのモードが存在します。単純に解像度を高めるだけであれば「Simple」モードを利用し、より高度な高解像度処理を行う場合には、「Advanced」モードを利用しましょう。こちらもノイズ除去やカラー補正、手ぶれ補正などを駆使して動画の画質向上を行います。

ただし、こちらも日本語に対応しておりませんので注意が必要です。

【パート3】無料で動画を高画質化するサイト3選

上記では、PC用ソフトウェアを紹介してきました。しかし、スマホでもアプリのインストールが不要なオンラインサイトを利用して動画を高画質化することも可能です。下記では動画を高画質化できるオンラインサイトを厳選して紹介していきます。こちらも様々なサイトがありますので、ご自身に合ったサイトを探してみてください。

・Media.io

上記でも紹介しましたUniConverterと同様の機能があり、動画の変換や編集、圧縮、録画など、すべてこのソフト一本で完結できる理想的なオンラインサイトになります。
1000以上の動画や音楽形式を超高速で簡単に変換できたり、ほかのソフトウェアよりも90倍もの速さで取り込みができすること。また、ワンクリックで複数のオンライン動画をMP3として一括保存できたり、動画編集や画面録画、動画圧縮などの機能がついていることも大きな特徴です。

欠点が見当たらないことがおすすめの一つです。

・Adobe Spark

Adobe Sparkは、フィルターをかける事によって、動画の明るさやコントラストなどをより細かく設定できるサイトとなっております。細かい設定により、画面をよりクリアに見せることが可能です。メリットとしては、短時間で見応えのあるグラフィックやショートビデオ、webページを簡単に作成できます。また、豊富なテンプレートやフリー画像、音楽素材が搭載されております。

しかし、デメリットも存在し、高機能なオンラインサイトでありますので、ハードウェアの容量が高いことやAdobeアカウントかGoogleアカウントにログインする必要があります。

・Kozia

Koziaは、スライドショー作成や動画編集により、綺麗なオリジナルムービーに仕上げることができるオンラインサイトです。ただ、有料版へアップグレードしなければ使いづらい面があります。メリットとしては、アカウント作成や登録が不要であり、豊富なテンプレートから動画を差し替えて制作することができます。720p/1080pのみならず2K/4Kなどの高解像度で動画を書き出すことも可能となります。

デメリットは、編集した動画に透かしロゴが入ってしまいうこと、一部のフィルターやエフェクトが使用できないことも挙げられます。

【まとめ】

今回は、動画を高画質化するための変換ソフト5選とオンラインサイト3選を紹介してきました。高画質化するためには、ほとんど色補正により動画の画質向上を実施するということになります。

ソフトウェアとオンラインサイト共に、私としてはUniConverterをおすすめしたいと思います。なんといってもこれ一本ですべて完結してしまうことが大きな魅力だと思います。また、初心者でも簡単に動画の編集ができるので利用やすいものになっております。一度お試しあれ!

無料ダウンロード 無料ダウンロード

人気記事
今回はオートリフレーム機能について紹介したのちにオンラインで動画の画角をリサイズするサイト3選とPCで動画をオートリフレームするソフト3選を紹介します。ぜひ読んでください。
ここでは無劣化でMP4を分割できる、Windows向けのおすすめ編集ソフトをランキング形式で紹介します。
動画の前後の不要な部分を取り除く編集作業であるトリミングや不要な部分やシーンを削除するカットは、素人でも身近なものとなってきました。Win10やMacパソコンでこれらの編集作業を行う方法を紹介します。
フレーム補間とはフレームレートを増やすときに用いられる動画の編集技術です。この記事ではフレーム補間の概要と、無料のソフトを利用して動画を60fps化する方法を紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で