Home > 動画の簡単編集>簡単編集

【字幕編集】YouTubeに最適な字幕編集ソフト

by Takashi • 2021-11-25 21:12:12 • Proven solutions

0

YouTubeに字幕を入れたいと思い、調べても、多くのソフトやアプリが出てきてどれがいいのか分からないや有料のものも多いため、ソフト選びには失敗したくないと思っている方が多いと思います。そんな悩みを解決するソフトの紹介します。また、YouTubeに字幕を入れる理由や効果などについてもまとめてみました。字幕の使い方は様々なので、覚えておいて損はないと思います。


パート1 YouTubeに字幕を入れる理由

YouTubeに字幕を入れる理由は様々あり、コンテンツによっても違います。

入れる理場面や状況は様々ですが、共通して入れる理由はあります。

理由① アクセシビリティを増加する

アクセシビリティとは年代問わず多くの人にサービスや情報や円滑に利用できることという意味です。

つまり、アクセシビリティを増加するのは、利用や自分が伝えたい事や情報やサービスを円滑に伝えるための手段として、使われ利用者の増加を狙ったものです。

また、耳で聞くだけではなく、耳と目とで情報を得る方が人は頭に残りやすいため、字幕を使った方が効率的だと思います。

実際伝えたいことを字幕を入れることで、アクセシビリティが増加するといわれています。

理由② 難聴者の方にも伝わるように入れる

2つ目の理由は難聴者の方にも伝わるように入れるという意味をもちます。

映像だけでは理解できないものや顔出しのない動画などは字幕がなければ難聴者の方は理解できません。

なので、そこへの配慮という意味でも字幕を入れる理由はあります。

素人でも配信を行えるため、様々な形態で、動画がアップロードされていますが、ここの配慮があれば多くの視聴者獲得につながることになるとも思います。

理由③ 日本語の字幕以外に、英語の字幕を付けることで、より多くの人にコンテンツや情報が伝わります。

字幕といえば日本語と思う方も多いと思いますが、英語の字幕をつけることで、海外の方からの視聴も期待できます。

自分自身に置き換えた場合、興味ある情報やコンテンツだとしても、字幕のない動画は理解しずらく、見るのをやめてしまうと思います。

ただ、海外の動画でも日本語の字幕があれば視聴できます。

この思いは世界共通だと思います。

YouTubeは世界規模のコンテンツなので、海外の人にも見てもらおうとすると英語の字幕は必須ではないのかなと思います。

 

パート2 YouTubeにおける字幕の種類

YouTubeの字幕は2種類があります。

①機械が表示してくれる自動的な字幕

この名の通り機械が自動的に表示してくれる字幕が存在します。

これは、YouTubeの音声認識技術を利用し、自動的に動画に字幕を入れれます。

対応言語:日本語、英語、韓国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、オランダ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語

この10言語が対応しており、非常に便利になっています。

ただ、注意点があります。

自動翻訳なので、日本語の順番がバラバラになってしまったりすることもあります。

あくまで、ざっくりとしたニュアンスを伝えるものだと認識しておいた方がいいです。 

②投稿者が編集する手動の字幕

これは投稿者本人が字幕を入れたいところや、伝えたいことを字幕で入れる事ができます。

また、言語の縛りは勿論ありません。

どこの言葉でも字幕に入れることはできます。

伝えたい内容が自分の言葉で変えるため、機械的なものではなくなるという点もいいところではないのかなと思います。

このようにそれぞれの良さがあるので、理解し、使い分けるのがいいと思います。

 

パート3 字幕編集ソフトおすすめ

字幕編集をするにあたりおすすめのソフトは「UniConverter」です。

このソフトは有料ですが、非常に使いやすく、機能も充実しているので、おすすめです。

また、機能が動画編集や字幕編集、テンプレート、など他にも様々あり、プロのような動画編集を可能にしているので、おすすめしています。

様々な編集ソフトがありますが、機能が限られていたり、使い方が難しかったり、と初心者の方には使いにくいものが多いですしかし、UniConverterは様々な機能が一つのソフトに集約されているのは独特かつ、優位性です。

UniConverter」はメジャーなソフトなので、使い方などはYouTubeなどにも分かりやすく載っているので、使い方が分からず挫折することは少ないと思います。

ここからは字幕の入れ方手順を説明します。

Step1:UniConverterをダウンロード

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Step2:UniConverterを起動、ツールボックスから字幕編集を選択、動画を追加します。

add-edit-subtite1

Step3:動画が追加されると、動画の下に[新しい字幕を作成]、[字幕をインポート]、[自動字幕起こし]の3つのオプションが表示されます。 [新しい字幕を作成]オプションをクリックして、カスタム「.srt」ファイルを作成

youtube動画の字幕を編集する

Step4:字幕を編集

youtube動画の字幕を編集する

Step5:字幕を保存

youtube動画の字幕を編集する


まとめ

ここまで、YouTubeに字幕を入れる理由や字幕の種類、おすすめのソフトについてまとめてきました。

YouTubeは多くの国で利用され、世界最大級のプラットホームです。ここで発信する内容は世界各国の人が見れるため、多くの人が理解できるように字幕を入れるというのはかなりの重要性があると感じています。字幕を入れるにあたり、英語なども使うと思います。慣れない言葉を使って、慣れないソフトを使うと辛くなるので、操作が簡単で、便利な「UniConverter」をおすすめします。是非活用してみてください。

人気記事
今回はオートリフレーム機能について紹介したのちにオンラインで動画の画角をリサイズするサイト3選とPCで動画をオートリフレームするソフト3選を紹介します。ぜひ読んでください。
ここでは無劣化でMP4を分割できる、Windows向けのおすすめ編集ソフトをランキング形式で紹介します。
動画の前後の不要な部分を取り除く編集作業であるトリミングや不要な部分やシーンを削除するカットは、素人でも身近なものとなってきました。Win10やMacパソコンでこれらの編集作業を行う方法を紹介します。
フレーム補間とはフレームレートを増やすときに用いられる動画の編集技術です。この記事ではフレーム補間の概要と、無料のソフトを使った簡単な方法を紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

0 Comment(s)

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で