ホーム > 画像・写真・撮影>画像形式の変換

WebPをJPG/JPEGに変換する方法は?おすすめのフリーソフトも紹介!

編集者 Takashi • 2024-05-21 16:55:51

保存した画像がWebPだった場合、プラットフォームによっては使用できない可能性があります。しかし、画像拡張子の変換方法がわからず、悩む方は少なくありません。WebPは優れた拡張子ですが、仕事で画像を使用する場合は、容量の軽いJPGに変換することを推奨します。 

本記事では、WebPをJPG/JPEGに変換する方法、画像変換に活用できるソフトなどについて解説します。「画像を簡単に変換できるツールが必要...」と悩んでいる方は、本記事をぜひ参考にしてください。

Wondershare UniConverter

簡単に画像変換:UniConverter

・手軽に画像をお好みの形式に変換・編集

・無劣化で写真/動画からGIFを作成

・1クリックでYouTube動画のサムネイル/SNSの写真を保存

安全・安心: 8,797,576人が使っています。

Part1. WebPとは?

WebPとは、Webサイトの表示速度を短縮するためにGoogleが開発した拡張子(ファイル形式)のことです。JPEGやPNGよりも高い圧縮率をもち、高画質なことが特徴です。従来の拡張子よりもファイルサイズを軽くできるので、Webサイトの読み込み速度を短縮できます。

ただし、Webサイト・プラットフォームによっては、WebPに対応していない場合があります。そのような場合は、JPG/JPEGなどへの変換作業が必要です。

Part2. JPGとJPEGの違い

WebP同じく、汎用性の高い拡張子として、JPG/JPEGが挙げられます。「JPGとJPEGって何が違うの?」と考える方も多いでしょう。結論を申し上げると、JPGとJPEGに大きな違いはありません

JPEGとは、Joint Photographic Experts Groupの略称であり、静止画等の圧縮形式を意味します。JPGとは、JPEGを格納するファイル形式を意味します。

つまり、JPGとJPEGに大きな違いはありません。使用している機器や機材によって表示形式は異なりますが、JPGとJPEGは同じ意味と考えて大丈夫です

Part3. WebPをJPG/JPEGに変換のやり方

ここからは、WebPをJPG/JPEGに変換する方法を紹介します。画像を変換するには、拡張子変換機能を搭載しているソフトが必要です。

そこで本記事では、簡単に使用できるうえ、機能性に優れたオールインワンソフト【UniConverter】を使った変換方法について解説します。UniConverterは非常に優れた機能なので、ぜひ活用してください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterとは?

 UniConverter

対応OS

Windows:11/10/8/7/Vista

 

macOS:12/11/10.1.14/10.13/10.12/10.11

価格

2,780円(税込)/月額プラン

5,380円(税込)/1年間プラン

8,280円(税込)/永続ライセンス

(無料体験あり)

機能

・動画再生

・動画編集

・動画変換

・画像変換

・動画ダウンロード

・etc…

メリット

直感的に操作できる

あらゆる拡張子に対応

ネット上に情報が多い

デメリット

一部有料

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterは、画像・動画の変換から動画編集、動画ダウンロードなどの機能を搭載しているオールインワンソフトです。PC操作に慣れていない方でも簡単に利用できることから、多くの方々に愛用されています。

多くのユーザーから人気を集めている動画ダウンロード機能は、インターネット上のあらゆる動画を簡単に保存することが可能です。保存する動画ページのURLをコピーして貼り付けるだけなので、難しい操作方法は必要ありません。

動画変換機能が搭載されていることも、UniConverterの魅力です。UniConverterには、画像だけではなく、動画ファイルを音声ファイルに変換する機能が搭載されています。あらゆる拡張子に対応しているため、PCやスマホ以外のデバイスに共有することも可能です。

動画変換機能

UniConverterを開発した【Wondershare】が運営するYouTubeチャンネルでは、基本的な使い方はもちろん、応用スキルまで包み隠さず公開しています。ネット上に情報量が多いことも、UniConverterを選ぶメリットです。

画像変換だけを使用できるツールは数多くあります。しかし、動画に関する機能まで搭載しているソフトは非常に少ないです。

次章では、UniConverterを使って画像の拡張子を変換する方法について解説します。UniConverterは無料でダウンロードできるので、この機会に使い方をマスターしましょう。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

UniConverterでWebPをJPG/JPEGに変換する方法

それでは、WebPをJPG /JPEGに変換する方法について解説します。操作方法は非常に簡単なので、ぜひ活用してください。

ステップ1:UniConverterを起動する

UniConverterをダウンロードしたら、メニューに表示されている【ツール】または、画面下部に表示されている【その他ツール】を選択します。

UniConverterを起動する

UniConverterのツール一覧が表示されたら、【画像変換】を選択しましょう。

【画像変換】を選択

ステップ2:変換設定をする

【画像変換】を選択すると、画像のインポート画面が表示されます。画面中央の「+」マークを選択して、変換するWebP画像を選択しましょう。フォルダを開いてドラッグで直接インポートすることも可能です。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

変換設定をする

WebP画像をインポートしたら、変換する拡張子を指定します。画面右上の【出力形式を一括設定】を選択して、JPEGを指定します。

変換する拡張子を指定

次に、画像の保存先を指定します。画面左下に表示されている【出力先】を選択して、任意のフォルダを指定しましょう。保存先を指定したら、【一括変換】を選択します。

【出力先】を選択

一括変換を選択すると、【出力先】に指定したフォルダに画像が保存されます。UniConverterでWebPをJPG/jepgに変換する方法は以上です。

関連記事:【簡単で画像変換】pngをjpg に一括変換する方法>>

無料ダウンロード 無料ダウンロード

Part4. WebPをJPG/JPEGに変換できるフリー ソフト3選!

前述では、UniConverterで画像変換をする方法について解説しました。しかし、魅力的な画像変換ソフトはUniConverter以外にも存在します。ここでは、UniConverter以外でWebPをJPEG/JPEGに変換できるソフトを紹介します。

それぞれの特徴を解説するので、ぜひ参考にしてください。

1.XnConvert

XnConvert

対応OS

Windows:8以降

macOS:X以降

価格

無料

機能

画像変換

メリット

完全無料

デメリット

操作画面画面がやや古い

変換に時間がかかる

画像変換以外に機能はない

XnConvertは、WebPをJPEGやPNGに変換できる、画像変換ソフトです。完全無料で

利用できるため、コストを抑えたい方には最適のソフトといえるでしょう。

操作画面は少々古い使用になっているので、直感的な操作には不向きな印象があります。画像変換以外の機能は使えないため、人によっては物足りないかもしれません。

しかし、完全無料で利用できるのは、XnConvertの魅力です。コストを気にする方は、XnConvertを使用するとよいでしょう。

2.Caesium Image Compressor

Caesium Image Compressor

対応OS

Windows:7・8・10

macOS:非対応

価格

無料

機能

画像変換

メリット

完全無料

高画質での変換が可能

デメリット

操作方法が難しい

画像変換以外に機能はない

Caesium Image Compressorは、Windows専用の画像変換ソフトです。画像のファイル圧縮率を指定できるので、高画質での画像変換が期待できます。

UniConverterのような直感的な操作は難しいので、PC操作に慣れていない方は難しく感じるかもしれません。しかし、完全無料で使えるうえ、高画質変換に対応しているソフトは少ないです。

画像変換に生じる画質が気になる方には、Caesium Image Compressorを推奨します。

3.GIMP

GIMP

対応OS

Windows:7・8・10・11

macOS:X以降

価格

無料

機能

画像変換

メリット

完全無料

プラグインによる拡張機能あり

デメリット

操作方法が難しい

GIMPは、オリジナル機能を搭載できる画像変換ソフトです。GIMPはオープンソフトなので、プラグインを導入すれば画像編集機能を追加できます。そのため、機能性に優れたソフトを開発したい方には最適のソフトといえるでしょう。

プラグインを使用する画像変換ソフトなので、PC操作に慣れている必要はあります。しかし、完全無料で多機能ソフトを開発できるのは、GIMPを利用するメリットといえるでしょう。

自分だけのオリジナル機能を搭載した画像変換ソフトを作りたい方には、GIMPを推奨します。

関連記事:【厳選】Webp変換フリーサイト・ソフト・アプリおすすめランキング>>

まとめ:UniConverterを使ってWebPをJPGに変換しよう!

本記事では、WebPをJPG/JPEGに変換する方法、画像変換に活用できるソフトなどについて解説しました。WebPを変換するにはソフトが必要です。そのため、あなたにあったソフトを活用するとよいでしょう。

機能性に優れた画像変換ソフトを希望する方には、UniConverterを推奨します。画像変換だけではなく、動画変換や動画ダウンロードなどの機能を搭載しているソフトは希少価値が高いです。簡単に操作できることも、UniConverterの魅力といえます。

UniConverterの機能は無料で体験できるので、高品質なソフトを使いたい方は、ぜひ無料ダウンロードをしてください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
人気記事
この記事では、パワーポイントで画像背景を透明にする方法を中心に、より本格的な画像編集ができる無料のソフトやサイトも紹介してまいります。これでより本格的な画像を作成できるようになるでしょう。
Webサイトやブログ運営している人は、画像圧縮することによって、画像サイズを軽量化できます。この記事では、無劣化で写真・画像を圧縮する無料ツールを6つ紹介していきます。
オンライン上にある画像圧縮サイトを利用すれば、わざわざソフトをダウンロードしなくても、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで簡単に圧縮できます。本項では、完全無料で画像・写真ファイルを圧縮できるサイトを7選挙げて紹介します。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で