iPhoneで動画を保存するには専用のアプリが必要になります。しかし、「どのアプリを使ったらいいんだろう...?」と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。動画をダウンロードできるアプリは多数存在するので、どれを利用するべきか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、iPhoneで動画を保存できるおすすめのアプリをご紹介します。記事の後半では注意点も紹介しているので、iPhoneで動画をダウンロードしたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

UniConverter
All-in-one ツールボックス:動画/音声/画像変換、動画/音声ダウンロード、動画編集、録画、圧縮.....すべてできる!
UniConverter UniConverter

Part1.iPhoneで動画をダウンロードできるおすすめアプリ5選

それでは、iPhoneで動画をダウンロードできるアプリを紹介します。それぞれのアプリ

によって特徴が異なるので、情報を参考にしてく自分にあったツールを活用してください。

動画 保存 iPhoneアプリ1.Clipbox+

Clipbox+は、動画や画像、音楽やテキストファイルを保存できる管理アプリです。国内の多数のWebサイトに対応しているうえ保存までの速度が早いので、動画を効率的にダウンロードしたい方におすすめといえます。パスワードの設定もできるため、他人に見られたくないコンテンツの保存にも活用できるでしょう。ただしYouTubeに対応していないことはデメリットと考えられます。そのためClipbox+は、YouTube以外の動画配信サービスを利用している方におすすめです。

動画 保存 iPhoneアプリ1.Clipbox+
メリット
  • 動画以外の保存にも対応
  • ダウンロード速度が早い
デメリット
  • YouTube非対応
  • 広告表示が多い

動画 保存 iPhoneアプリ2.トルミル

トルミルは、Clipbox+と同じくファイル管理ができるアプリです。高速でのダウンロードに対応しているので、スキマ時間にさまざまなコンテンツを保存できるでしょう。操作方法は比較的簡単なので、スマホ操作が苦手な方にもおすすめといえます。URLからの直接保存にも対応しているため、使い勝手のよいアプリといえるでしょう。ただしダウンロード時に広告が表示されるので、人によってはやや不快感を覚えるかもしれません。その場合は有料プランの契約を検討してみましょう。

動画 保存 iPhoneアプリ2.トルミル
メリット
  • 動画以外の保存にも対応
  • 高速ダウンロードが可能
  • 操作画面が見やすい
デメリット
  • 広告が表示される

動画 保存 iPhoneアプリ3.SSSTik

SSSTikは、人気SNS【TikTok】の動画ダウンロードに特化したアプリです。というのもアプリによっては、InstagramやTikTokなどに対応していません。しかしSSSTikはTikTokのコンテンツをサクッと保存することが可能です。プレイリストの作成もできるため、あなたの趣味や思考に合ったグループで動画や音楽を保存・管理できます。TikTok専用なので他のプラットフォームを利用したい方には不向きかもしれません。そのためSSSTikは、TikTokをメインに活用している方におすすめといえるでしょう。

動画 保存 iPhoneアプリ3.SSSTik
メリット
  • TikTokの動画に特化している
  • オフライン再生に対応
  • 操作方法が簡単
デメリット
  • TikTok以外には非対応

動画 保存 iPhoneアプリ4.動画保存 video Clip

動画保存 video Clipは、動画の保存だけに特化したiPhoneアプリです。保存した動画はバックグラウンドで再生できるので、ミュージックプレイヤーとしても活用できるでしょう。フォルダ作成機能も利用できるため、オリジナルのプレイリストを作成することも可能です。保存したい動画のURLを入力するだけなので、サクッと利用できることも魅力といえます。ただし動画のダウンロード速度は、やや遅い傾向があります。そのため動画保存 video Clipは、使用環境に注意しましょう。

動画 保存 iPhoneアプリ4.動画保存 video Clip
メリット
  • 操作方法が簡単
  • バックグラウンド再生に対応
デメリット
  • ダウンロード速度が遅い
  • エラーになることがある

動画 保存 iPhoneアプリ5.Mixbox

Mixboxは、YouTubeなどのコンテンツを手軽にダウンロードできるスマホアプリです。複数の動画の一括ダウンロードにも対応しているので、効率的に利用できるツールといえるでしょう。直感的に利用できるので、使い方に困る心配もありません。ただしMixboxは、広告の表示が多いアプリです。そのため人によっては不快感を覚えるかもしれません。しかし幅広いサービスに対応しているので、気になる方はMixboxをお試しください。

動画 保存 iPhoneアプリ5.Mixbox
メリット
  • 操作方法が簡単
  • 一括ダウンロードに対応
デメリット
  • 広告表示が多い
  • 画質が悪い傾向にある

Part2.iPhoneで動画を保存できるアプリの選び方

動画を保存できるアプリは理解したものの、「結局どれを利用したらいいかわからない...」と悩む方もいらっしゃるでしょう。ここでは、アプリの選び方について解説します。具体的には下記のとおりです。

    料金

    本記事で紹介したアプリは、基本機能を無料で利用することが可能です。しかし有料プランに契約することで、広告表示がなくなったり、ダウンロードの品質が高くなったりすることがあります。そのため動画の品質や快適さを求める方は、各ツールの料金を確認して、有料プランも検討してみてください。

    対応サイト

    使用するアプリによって、ダウンロードできる動画配信サービスは異なります。例えば【Clipbox+】はさまざまな機能が搭載されている一方で、YouTube動画の保存には対応していません。【SSSTik】はTikTokに特化していますが、それら以外のプラットフォームのコンテンツ保存には不向きと考えられます。そのためダウンロードアプリを選ぶ際は、自分が普段使っているサイトに対応しているか確認することが大切です。

    操作性

    ストレスなく動画を保存するなら、アプリの操作性も考慮しましょう。ダウンロード方法が複雑な場合、スマホで動画を保存することを面倒に感じてしまいます。例えば【トルミル】は手軽に操作できることで定評があるので、スマホ操作が苦手な方におすすめです。【動画保存BOX】は一括ダウンロードに対応しているため、動画を効率的に保存できるでしょう。機能とあわせて操作性も考慮して、自分に合ったツールを選んでください。

    安全性

    本記事で紹介したアプリは基本的に安全と考えられるツールです。しかし世の中には、危険なスマホアプリも存在します。具体的には巧妙に課金をさせるポップアップの表示や、個人情報の収集などが挙げられます。アプリによってはフィッシング広告などを使っている可能性もあるので、別の動画ダウンロードアプリを活用する際は、レビューなどを確認して安全性を確認することが大切です。

    Part3.iPhoneアプリ以外で動画を保存するならUniConverterも使ってみよう!

    より高速・高品質に動画をダウンロードするなら、動画ダウンロードに特化した【UniConverter】も検討してみましょう。UniConverterは、動画ダウンロード・動画変換・動画編集など、さまざまな機能を搭載したクリエイティブソフトです。直感的に使用できるので、PC操作が苦手な方でも簡単に利用できます。広告表示などもなくセキュリティも高いため、安全に利用できることも魅力といえるでしょう。

    無料ダウンロード
    無料ダウンロード

    UniConverterで動画をダウンロードする方法

    ここからは、UniConverterで動画をダウンロードする方法を紹介します。なおUniConverterは無料でダウンロードできるので、この機会に使い方を一緒に見ていきましょう。具体的な手順は、下記の通りです。

    • メニューの【動画ダウンロード】を選択する
    • リンクマークをクリックする
    • 保存したい動画のURLを貼り付ける
    • 【ダウンロード】を選択する
    UniConverterで動画をダウンロードする方法

    UniConverterは高速ダウンロードに対応しているので、あっという間に動画を保存することが可能なので、ぜひお試しください。UniConverterで動画をダウンロードする方法は以上です。

    Part4.iPhoneアプリで動画をダウンロードする際の注意点

    最後に、アプリで動画をダウンロードする際の注意点を紹介します。

    ★保存できない動画が存在する

    使用するアプリにかかわらず、コンテンツによっては動画のダウンロードができない可能性があります。またコピーガードがかかっている動画は保存ができません。その場合は録画などを活用して、別の保存方法を検討してください。

    ★ダウンロードしたコンテンツは二次利用しない

    他人が作成した画像や動画には著作権が適用されています。そのため無断で編集したり、SNSに投稿したりすることは法的トラブルを招く可能性があるのです。また保存禁止の明記がされているWebサイトなどのコンテンツは、ダウンロードすることをやめておきましょう。

    まとめ:アプリを使ってiPhoneで動画を保存しよう!

    iPhoneで動画を保存できるアプリは多数存在します。各ツールによって機能や特徴が異なるので、自分にあったアプリを使って動画を保存してください。

    もしPCでの動画保存にも興味のある方は、UniConverterを活用してみましょう。多種多様な機能を搭載しているうえ、直感的に操作できるツールは多くありません。より高品質な機能を体験したい方は、ぜひUniConverterを無料ダウンロードしてみてください。

    無料ダウンロード
    無料ダウンロード