「動画をURLで保存するのって、どうやったらいいんだろう...?」
便利なリンクから動画保存サイトや具体的なやり方が知りたい...」

このような悩みにお答えします。結論からお伝えすると、URLでの動画保存は、もっと手軽な方法といえます。URLから動画を保存できるWebサイトは多数存在するので、自分に合ったサービスを利用しましょう。

UniConverter
All-in-one ツールボックス:動画/音声/画像変換、動画/音声ダウンロード、動画編集、録画、圧縮.....すべてできる!
UniConverter UniConverter

Part1.【無料あり】URLから動画を保存できるWebサイト5選!

それでは、URLから動画を保存できるWebサイトを紹介します。各サービスの特徴を紹介するので、自分にあったツールを活用してください。

リンクから動画保存サイト1.Offliberty

リンクから動画保存サイト1.Offliberty

おすすめ度

★★★★★

対応動画サイト

YouTube/Vimeo/ニコニコ動画/FC2など

ダウンロード速度

短尺動画であれば1分以内

安全性

安全と考えられる

おすすめポイント
  • 国内の300サイト以上に対応している
  • 音声のみのダウンロードが可能
  • 操作方法が簡単
デメリット
  • コンテンツによってはエラーになる
  • 一部広告表示あり

Offlibertyは、国内で人気の動画ダウンロードサイトの一つです。保存したURLを入力するだけで手軽にダウンロードができるので、PCの操作が苦手な方でも簡単に利用できるでしょう。保存する動画によってはエラーになる可能性はありますが、音楽ファイルとしても保存できることは魅力と考えられます。

リンクから動画保存サイト2.FLVTO

リンクから動画保存サイト2.FLVTO

おすすめ度

★★★★★

対応動画サイト

YouTube/Vimeo/ニコニコ動画/FC2など

ダウンロード速度

3分以上の動画でも比較的早い

安全性

比較的安全

おすすめポイント
  • エラーが少ない
  • 操作方法が簡単
デメリット
  • 海外サイトには使用できない

FLVTOは、シンプルな操作で動画をダウンロードできるWebサイトです。音声ダウンロードにも対応しているため、YouTubeの学習コンテンツの保存にもおすすめです。画質の劣化も気になる点は見られないので、比較的使いやすいツールといえるでしょう。

リンクから動画保存サイト3.fTools

リンクから動画保存サイト3.fTools

おすすめ度

★★★★

対応動画サイト

Facebook/TikTok/X/Instagram/YouTube/bilibili/Viemoなど

ダウンロード速度

高速ダウンロードに対応

安全性

比較的安全

おすすめポイント
  • 簡単に使用できる
  • 動画の品質が高い
  • 音声ファイルでの保存も可能
デメリット
  • エラーがやや多い
  • 一部のサイトに非対応

fToolsは、幅広いSNSの動画をダウンロードできるWebサイトです。広告表示が少なく日本語にも対応しているので、手軽に動画を保存できることが魅力といえるでしょう。動画をダウンロードするプラットフォームを選択しないとエラーになる可能性はありますが、SNSの動画を保存したい方は活用してみてください。

リンクから動画保存サイト4.SAVEVIDEO.ME

リンクから動画保存サイト4.SAVEVIDEO.ME

おすすめ度

★★★★

対応動画サイト

YouTube/bilibili/ニコニコなど

ダウンロード速度

長尺動画は3分以上かかる

安全性

比較的安全

おすすめポイント
  • 簡単に使用できる
  • 高画質ダウンロードに対応
デメリット
  • 英語表記

SAVEVIDEO.MEは、海外サイトの動画のダウンロードにも対応したツールの一つです。動画のダウンロードにはやや時間がかかる印象ですが、高画質ダウンロードに対応しているため品質にこだわりたい方におすすめです。URLを入力すると自動的にダウンロードが開始されるため、保存方法の設定などは必要ありません。

リンクから動画保存サイト5.Onlinevideoconverter

リンクから動画保存サイト5.Onlinevideoconverter

おすすめ度

★★★

対応動画サイト

YouTube/bilibili/ニコニコなど(一部エラーになる)

ダウンロード速度

5分の動画で1~2分程度

安全性

比較的安全

おすすめポイント
  • YouTube上のほぼ全ての動画に対応
  • 音声ファイルとしても保存できる
デメリット
  • YouTube以外はエラーになりやすい
  • ダウンロードに時間がかかる

Onlinevideoconverterは、YouTubeの動画保存に特化したダウンロードサイトです。URLを入力して拡張子を設定するだけなので、難しい手順は必要ありません。YouTube以外の動画保存には不向きですが、他のツールで保存できないYouTube動画はダウンロードできるでしょう。音声ファイルとして保存できることも魅力といえます。

Part2.Webサイトで動画をURLから保存する方法

ここからは、Webサイトで動画をURLから保存する実際の方法を見ていきましょう。今回は【Offliberty】のやり方を紹介しますが、どのサイトも具体的な手順に違いはありません。なお具体的なやり方は下記の通りです。

  • 保存したい動画のURLをコピーする
  • 入力窓にURLを入力する
  • 【OFF】を選択する
Webサイトで動画をURLから保存する方法

【OFF】をクリックすると、黄色のバナーが表示されるので、クリックをしてダウンロードを行いましょう。また音声ファイルで保存する際は、【Extract audio】を選択してください。

クリックをしてダウンロードを行い

Webサイトで動画をURLから保存する方法は以上です。

関連記事:YouTube動画をMP3に変換サイト10選!注意点も紹介

関連記事:Youtubeをダウンロード・保存できるツール8選|ダウンロード方法も紹介

Part3.サイト以外でURLから動画を保存するならUniConverterがおすすめ!

前述では、URLから動画をダウンロードできるWebサイトを中心に解説しました。しかしWebサイトでの動画保存には、通信環境の影響で品質が劣化したり、エラーが多くなったりする可能性があります。そのため、より高品質なダウンロードツールを使用したい方には、UniConverterの使用をおすすめします。UniConverterは非常に便利なツールなので、ぜひ参考にしてください。

UniConverterとは

UniConverterは、動画ダウンロードや動画変換、動画編集や画面録画などの機能を搭載したオールインワンソフトです。直感的な操作が魅力であり、世界中のクリエイターからビジネスパーソンに愛用されています。高速・高画質ダウンロードにも対応しているため、ネット上の動画を美しい状態でストレスなく保存することが可能です。より精度の高いツールを活用したい方は、ぜひUniConverterをお試しください。

UniConverterで動画を保存する方法

ここからは、UniConverterで動画を保存する方法を見ていきましょう。なおUniConverterは無料でダウンロードできるので、この機会に使い方を覚えてみてください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード

ステップ1:簡単なダウンロード設定をする

UniConverterを無料ダウンロードしたら、画面に表示されている【ダウンロード】をクリックします。

UniConverterで動画を保存する方法

動画の保存を行う前に、保存先を指定しておきましょう。画面下の【出力先】からフォルダを指定することが可能です。

【出力先】からフォルダを指定
無料ダウンロード
無料ダウンロード

動画を音声ファイルとして保存したい方は、【ダウンロードしてから変換】のスライダーをオンにしておきましょう。

ダウンロードしてから変換

ステップ2:URLから動画をダウンロードする

ここまでの設定が完了したら、画面に表示されている【リンクマーク】をクリックします。

URLから動画をダウンロードする
無料ダウンロード
無料ダウンロード

入力欄が表示されたら、保存した動画のURLを入力して【ダウンロード】をクリックします。

保存した動画のURLを入力

UniConverterは高速ダウンロードに対応しているので、短時間で動画を保存できます。操作方法も非常に簡単なんで、Webサイトよりも品質の高い状態でダウンロードしたい方は、ぜひ活用してください。

まとめ:動画はURLから保存することが一番効率的!

動画をURLからダウンロードすれば、より短時間で動画を保存することが可能です。本記事で紹介したWebサイトを活用して、気になるコンテンツを保存してみてください。

より高品質なツールを使用したい方は、UniConverterをお試しください。高画質かつ高速でのダウンロードに対応しているうえ、全ての機能を直感的に使用することが可能です。音声ファイルでの保存にも対応していることも、魅力といえるでしょう。UniConverterは無料でインストールできるので、興味のある方はぜひダウンロードをしてください。

動画をURLで保存する際のよくある質問

  • スマホでもURLから動画を保存できる?
    結論からいうと、配信元のWebサイトや使用するアプリによっては可能です。ただし近年は、アプリからの動画ダウンロードの規制が厳しくなっている傾向があります。したがってWeb上の動画を保存したい方には、ダウンロードサイトやUniConverterの使用をおすすめします。
  • URLから動画を保存することは違法?
    動画を保存するだけでは違法になる可能性は高くないかもしれません。しかし多くのプラットフォームはコンテンツの保存を原則禁止としています。