HandbrakeでWebMを任意のビデオ形式に簡単に変換する方法

編集者 Takashi • 2024-07-05 10:57:04

Handbrake は、ほぼすべてのマルチメディア ファイルを MKV および MP4 形式に変換できる、無料のオープンソース ビデオ トランスコーダです。したがって、すでに Handbrake がシステムにインストールされており、WebM ファイルを変換したい場合は、他のプログラムやツールは必要ありません。Handbrake WebM変換の詳細についてご紹介します。

Wondershare UniConverter - Windows / Mac 用の最高の WebM コンバーター (Catalina を含む)

box
  • 130 倍の速度で MP4 ファイルを WebM に変換します。
  • MP4 を WebM 形式に一括変換できます。
  • 10,000 以上のサイトからビデオを MP4 形式でダウンロードし、WebM やその他の形式に変換できます。
  • MP4 を WebM 形式に変換するためのユーザーフレンドリーでシンプルなインターフェイス。
  • トリミング、クロッピング、字幕の追加などのプログラム内編集ツールを使用したビデオのカスタマイズをサポートします。
  • 複数のデバイスへのメディア ファイルの転送をサポートします。
  • ビデオを DVD に書き込み、DVD プレーヤーで再生します。
  • iDVD、iMovie、Final Cut Pro 用に最適化された変換プリセット。
  • 対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista、macOS 11 Big Sur、10.15(Catalina)、10.14、10.13、10.12、10.11、10.10、10.9、10.8、10.7、10.6
セキュリティ検証済み。 5,481,347 人がダウンロードしました。

パート 1. Handbrake を使用して WebM を任意のビデオ形式に変換する方法、またはビデオを WebM に変換する方法

Handbrake は広く使用されているビデオトランスコーディング ツールで、無料のオープンソースであり、Windows、Mac、Linux システムのマルチプラットフォームをサポートしています。このプログラムを使用すると、ほとんどすべてのマルチメディア ファイル、および DVD や Blu-ray にあるファイルを、一般的なビデオおよびオーディオ エンコーダをサポートする MP4、M4V、および MKV 形式に変換できます。変換プロセスはシンプルで、バッチスキャン、チャプター マーカー、タイトルとチャプター範囲の選択、ビデオ フィルターなどの一連の追加機能もサポートされています。

Handbrakeを利用したWebM変換の手順:

ステップ 1: システムに Handbrake プログラムをダウンロード、インストールし、実行します。メイン ダッシュボードで、 [オープン ソース] ボタンをクリックして、変換する WebM ファイルを参照してロードします。

handbrake webm

ステップ 2: 追加されたファイルの詳細がダッシュボードに表示されます。フィルター、オーディオ、ディメンションなどの複数のタブを使用して、ファイル パラメーターを編集およびカスタマイズできます。

handbrake webm

ステップ 3: [概要]タブの[形式] セクション で 、目的のターゲット形式を選択します。「名前を付けて保存」セクションで出力ファイル名を選択します 。

handbrake webm

ステップ 4:最後に、 プログラムのダッシュボードの上部パネルにある 「エンコード開始」ボタン をクリックして 、ファイル変換プロセスを開始します。

処理が完了すると、選択した保存先から変換されたファイルを確認できるようになります。上記の手順により、必要に応じて Handbrake WebM を mp4 または MKV に変換することを選択できます。

handbrake webm

Handbrake で MP4 を WebM に変換しようとしている場合、Handbrake は出力形式として MP4 と MKV のみをサポートしているため、この機能が機能しないことを知ってがっかりするでしょう。

パート 2. ビデオをWebMに変換する、またはWebMをビデオに変換する最良の代替案

Handbrake はシンプルな変換ツールですが、高度な機能とすべての一般的な形式間の変換をお探しの場合は、 優れたツールとしてWondershare UniConverterをお勧めします。この多用途プログラムを使用すると、品質を損なうことなく1000 以上の形式でビデオ変換がサポートされます。デバイス固有に変換用のプリセットも利用できます。バッチ処理により、一度に複数のファイルを変換でき、内蔵エディタによりファイルのカスタマイズがさらに簡単になります。

ステップ 1 Wondershare を起動し、変換するファイルを追加します

インストールされている Wondershare UniConverter ソフトウェアを開き、 メイン インターフェイスの [コンバータ]タブを選択します。ファイルの追加ボタンをクリックして、変換するローカル ファイルを参照してインポートします。ファイルをインターフェイスにドラッグ アンド ドロップすることもできます。

handbrake webm

ステップ 2 出力形式を選択します

左下隅の 「出力形式」 タブを展開すると、サポートされている形式のリストが表示されます。「ビデオ」セクションから目的のターゲット形式を選択します 。解像度をソース ファイルとして維持することも、利用可能なオプションから選択することもできます。

handbrake webm

ステップ 3 ビデオを変換します

[ファイルの場所]セクションで 、変換されたファイルの場所をソース フォルダーとして保持するか、目的のフォルダーを選択します。最後に、 「すべて開始」 ボタンをクリックして変換プロセスを続行します。 変換されたファイルは、インターフェースの「完了」タブから確認できます 。

handbrake webm

上記の手順を使用すると、必要に応じて WebM を他のビデオ形式に変換したり、他のビデオ形式を WebM に変換したりできます。

パート 3. HandbrakeとWondershare UniConverterの比較表

以下の表では、Wondershare UniConverter と Handbrake どちらを選ぶべきかを決めるために、さまざまな観点で比較しています。

特徴

ワンダーシェア ユニコンバータ

ハンドブレーキ

サポートするOS

WindowsとMac

Windows/Mac/Linux

サポートする入力形式

ほぼすべてのマルチメディア形式 (1000 以上の形式)

すべてのマルチメディア形式と DVD や Blu-ray のビデオ

サポートする出力形式

すべての一般的なマルチメディア形式とデバイス

MP4とMKV

ビデオ編集

トリム、クロップ、カットなどの機能を備えた完全な内蔵エディター

基本的なファイルパラメータの変更を許可します

ビデオのダウンロード

対応。10,000 以上のサイトから可能

非対応

ビデオ録画

対応。高品質のビデオ録画

非対応

変換速度

超高速 (90 倍高速)

普通

変換されたファイルの品質

品質の損失なし

通常レベル

価格

無料体験版のある有料ソフトウェア

無料

結論

Handbrakeは優れたツールですが、MKVとMP4 形式への変換のみをサポートしており、追加機能も限られています。一方、Wondershare UniConverter は、多くの追加機能をサポートし、1000 を超える形式での変換をサポートする完全なビデオ ツールボックスです。

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
Takashi

Takashi

staff 編集者

リソース > ビデオ(動画) > HandbrakeでWebMを任意のビデオ形式に簡単に変換する方法