Home > Topic-jp>DVDユーザー向け

WindowsでDVDが再生できない時に試すべき対処法まとめ

by Takashi • 2022-07-08 14:01:04 • Proven solutions

パソコンでDVDを見ようとしてもなぜか再生できない、なんてことはありませんか?再生不能になってしまう原因として、様々なトラブルが考えられます。

この記事では、WindowsのパソコンでDVDが再生できないときの原因と対処法について詳しくまとめました。お使いのパソコンや環境によって様々な症状が発生するので、ぜひ参考に対処していただければと思います。 

Part1.WindowsでDVDが再生できない原因とそれぞれの対処法

 再生ができない原因としては主に、DVD自体の故障、パソコン側の不調、そして動作環境の適性が考えられます。下記でそれぞれの詳しい対処法を挙げたのでチェックしてみてください。

  • DVDに汚れが付着している

指紋や埃などの汚れがついていると正常に読み取ってくれない場合があります。

<対処法>

簡単に落とせない汚れは、専用のクリーナーを使用するかDVDのクリーニングを行ってくれる業者へ依頼してみましょう。

  • DVDに傷や劣化がみられる

目立たないような細かい傷や、ディスクの保存状態が悪いことで起こる酸化などによって、DVD自体の状態がデータを適切に保持できなくなっていることがあります。

<対処法>

別の再生機器で再生できるようであればすぐにバックアップをとり、データを保存しておきましょう。

  • DVDのデータに問題がある

何らかの影響で、DVDの中に保存されているデータが破損していることも考えられます。また、何度もデータの書き換えを行うなかで、予期せず消去されてしまうトラブルも少なくありません。

<対処法>

この場合は、データの復元をしなければなりません。データ復元ソフトを利用するか、専門の復元業者へ依頼しDVDデータの復旧を試みてください。

  • ディスクをし込む箇所に物理的な問題がある

パソコンのドライブに汚れがある、または故障していることが原因となり、DVDを読み込むことができなくなっていることが考えられます。

<対処法>

ドライブを確認し、埃や汚れがあるときは取り除きましょう。また、クリーニングディスクなどもあるので利用してみてはいかがでしょうか。ただし、ドライブ自体が故障していることもあるので、交換や修理が必要になる場合もあります。

  • パソコンのシステムに異常が発生している

DVDが再生できない間接的な原因として、そもそもパソコンにトラブルが起こっていることも考えられます。

<対処法>

一時的な不具合であれば再起動をすることで異常は解消されます。それでも解決しないときは、BIOS設定を初期状態に戻してみましょう。BIOSの初期化方法は使用しているパソコンによって異なるので、メーカーが公開している手順を確認してみてください。

  • 再生プレイヤーの設定など動作環境の問題

パソコンの「自動再生」の設定が原因となっている場合や、DVD再生プレイヤーソフトが正しく動いていないことも考えられます。

<対処法>

Windowsの「設定」から「デバイス」へ進み、自動再生の設定を見直します。「毎回動作を確認する」に設定し、再度再生できるか試してみましょう。また、再生ソフトがきちんとインストールされているかも確認してみてください。

  • DVDがファイナライズされていない

DVDを作成したときと異なる機器でも再生が行えるようにする処理(ファイナライズ)がされていないと、DVDを再生することができない場合があります。

<対処法>

DVDを作成した機器の設定でファイナライズの処理を完了させる必要があります。メーカーや種類によって方法が異なるので確認しましょう。また、処理が行えないときなどは専門の業者へ相談してみてください。

  • DVDが著作権で保護されている

デジタル放送のテレビ番組を保存したDVDなどは、CPRMで著作権保護がされています。対応していない機器では再生できないことがあります。

<対処法>

DVDがCPRM方式か確認します。CPRM方式であった場合、使用するパソコンが対応している機種か調べる必要があります。残念ながら非対応のものは再生ができません。

Part2.【無料】Windows Media Playerの代わりにDVDを再生するおすすめのソフト

DVDの再生プレイヤーとして一般的に広く利用されているWindows Media Playerですが、うまく再生できないトラブルが発生することが多々あります。そんなときは、別の再生プレイヤーソフトを試してみてはいかがでしょうか。

Wondershareが提供している「UniConverter(ユニコンバーター)」なら、DVDの再生も簡単に行えます。UniConverterは動画変換ソフトですが、動画再生のプレイヤーとしても活用できるのでおすすめです。あまりパソコンの操作に慣れていない方でも迷わず使えるようにデザインされている操作画面は、シンプルでわかりやすく手軽に利用できるようになっています。

Wondershare UniConverter

無料ダウンロード 無料ダウンロード

DVD視聴やファイルの変換だけでなく、簡単な動画の編集なども行えるのでひとつあると便利なソフトです。無料で試すことができるので、一度使ってみてはいかがでしょうか。

< UniConverterでDVDを再生する手順>

Step 1 再生プレイヤーの画面を表示する

ソフトを起動し左側のメニューから「プレイヤー」を選ぶと、ファイルを追加する画面が表示されます。

WindowsでDVDを再生する方法

Step 2 再生したいDVDを読み込む

画面中央のボタンから再生したいDVDを読み込みます。プルダウンの「DVDフォルダを読み込み」から簡単に追加できます。

WindowsでDVDを再生する方法 

Step 3 再生に関する設定を行う

動画の速度調整や、複数の字幕が用意されている場合は字幕切り替えなども簡単に行えます。画面右下の各種アイコンから利用可能です。

WindowsでDVDを再生する方法

まとめ

まずはなぜ再生できないのかを確認し、原因に沿った適切な対処法を試すことが大切になります。原因には簡単に対応できるものから深刻な問題まで、様々なことが考えられます。上記で挙げた例を参考に、可能性のあるトラブルを見極めましょう。

また、再生プレイヤーとなるソフト側に原因がある場合は、他の再生ソフトを利用することで問題を早く解決することができます。紹介した「UniConverter(ユニコンバーター)」なら、簡単な操作でDVDの再生はもちろん動画ファイルを扱いやすくする機能が搭載されているのでおすすめです。手軽に入手できるソフトになるので、ぜひ試してみてください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

人気記事
本記事では、WindowsでDVDが再生できない時の原因と対処法について詳しくまとめました。お使いのパソコンや環境によって様々な症状が発生するので、ぜひ参考に対処していただければと思います。
この記事ではiPhoneやAndroidなどのスマホや、タブレットで撮影されたMP4動画をDVDに書き込む方法について解説します。またMP4動画を、DVDに書き込めるフリーソフト及び焼く方法を7つ厳選してご紹介します。
iPhoneの動画をdvdに焼いて保存したいと思いませんか?実はiPhoneの動画は次の2段階でdvdに焼きます。iPhoneの動画をPCに転送するのが第1段階。第2段階としてPCでdvdに焼きます。
テレビやパソコンが普及したことで、さまざまなツールが開発されていきました。そのツールの1つとして、ニーズが高まっているのがDVDです。DVDが多くの人によって用いられることによって、簡単にDVDを作成することができるソフトも販売されています。このようなソフトはパソコンに不慣れな方でも簡単に使用することができます。DVDの概要と作成する際におすすめなソフトを紹介していきます。
Takashi

Takashi

staff 編集者

動画の変換、編集、圧縮、録画などすべてこれ一本で